「丹下左膳 百万両の壺」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

丹下左膳 百万両の壺の紹介:2004年公開の日本映画。ユーモアと痛快さを兼ね備えた名匠・山中貞雄監督のヒーロー時代劇を、38年ぶりにリメイクした作品。情にもろい片目片腕の剣豪・左膳を、豊川悦司がクールに好演している。

この映画を無料で観る

予告動画

丹下左膳 百万両の壺の主な出演者

丹下左膳(豊川悦司)、お藤(和久井映見)、源三郎(野村宏伸)、萩乃(麻生久美子)、ちょび安(武井証)、柳生対馬守(金田明夫)、弥平(坂本長利)、七兵衛(荒木しげる)、高大之進(渡辺裕之)、用心棒(豊原功補)

丹下左膳 百万両の壺のネタバレあらすじ

【起】- 丹下左膳 百万両の壺のあらすじ1

江戸時代。主君の密命を受け名刀を盗みに入った丹下左膳は失敗し、更に主君からも裏切られて右目と右腕を失い隻眼隻腕(片目片腕)となります。その時助けてくれたお藤と結婚した左膳は、お藤が経営する射的場の用心棒をしていました。左膳は常に先の事件以降、命を狙われています。さて、柳生の里の藩主に伝わる「こけ猿の壺」には、先祖が隠した百万両の軍資金のありかが隠されていました。しかし藩主はこれを知らず、江戸で道場を開いている弟・源三郎の結婚祝いに壺を贈ります。源三郎の妻・萩乃は、その壺を道具屋(リサイクル業者)に売りました。道具屋は、家の隣に住んでいる男児・ちょび安が壊した金魚鉢の代わりにと壺を渡します。

【承】- 丹下左膳 百万両の壺のあらすじ2

ちょび安は金魚をその壺で飼い始めました。兄から壺の探索を命ぜられた源三郎は、引き取り手が不明の壺を探し江戸中を奔走します。しかし呑気な源三郎は、壺探しの途中で見つけたお藤の店の店員である美人・お久に見とれます。いっぽう左膳はある日、店でもめごとを起こした客同士の斬り合いに巻き込まれ、客は無事でしたが現場にいたそば屋の主人が斬られ、亡くなる間際に孫として育てているちょび安の面倒を見てくれるよう左膳に頼みました。左膳も子供嫌いと公言するお藤も戸惑いますが、ちょび安の世話を焼くうちに溺愛し始めました。さて源三郎は壺探しの途中で見たお久目当てに射的場に通い始め、左膳とも意気投合します。

【転】- 丹下左膳 百万両の壺のあらすじ3

実はそこにいるちょび安の持つ壺こそが「こけ猿の壺」なのに、お久に夢中の源三郎は気づきません。源三郎はお久とデートで金魚つりに行き、浮気現場を萩乃に見つかりました。実はその場にもちょび安が壺を持っているのに、夫の浮気に怒り心頭の萩乃も壺に気づきません。源三郎は萩乃に頭が上がらず道場の門下生にみっともないところを見られ、面目失墜します。左膳は自分が作った50両の借金でお藤と喧嘩になり、家に負担をかけていると思ったちょび安が家出します。お藤と左膳は慌ててちょび安を探し、左膳は50両を稼ぐために道場破り(道場荒らし)をすることにしました。柳生道場に踏み込んだ左膳は門下生を倒し道場主との面会を望みます。 この映画を無料で観る

【結】- 丹下左膳 百万両の壺のあらすじ4

萩乃に名誉回復を迫られた源三郎はしぶしぶ出ていき、左膳と顔合わせします。すっかり親しくなった二人は手合わせの最中に密談し、源三郎が60両を渡すことで左膳に負けてもらうことが決まりました。勝負に勝った源三郎は門下生の尊敬を取り戻します。その後ちょび安の持つ壺が「こけ猿の壺」だとやっと気づいた源三郎は左膳に事情を話し、壺を返してもらいました。そのときちょび安の持つお守りを見た源三郎は、ちょび安が藩主の隠し子だと知ります。藩主は引き離された恋仲の侍女と、生まれたらしいわが子のことをずっと探していたのでした。柳生の里の藩主に引き取られるちょび安を、すっかり情のうつったお藤と左膳は泣く泣く見送りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「丹下左膳 百万両の壺」の商品はこちら

丹下左膳 百万両の壺 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]