「僕らのワンダフルデイズ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

僕らのワンダフルデイズの紹介:2009年公開の日本映画。がんで自分が余命半年であることを知った男が、高校時代の仲間たちとともにバンドを再結成し、コンテスト出場を目指す姿を描く人間ドラマ。

僕らのワンダフルデイズの主な出演者

藤岡徹(竹中直人)、渡辺一郎(斉藤暁)、日暮圭(稲垣潤一)、栗田薫(段田安則)、藤岡章子(浅田美代子)、山本美里(紺野美沙子)、藤岡和歌子(貫地谷しほり)、湯川英生(柏原収史)、居酒屋マスター(塚本高史)、住職(田口浩正)、日向真帆(賀来千香子)、山本大樹(宅麻伸)

僕らのワンダフルデイズのネタバレあらすじ

【起】- 僕らのワンダフルデイズのあらすじ1

食品会社に勤務する53歳の徹は、ある日胆石で入院します。手術は成功しましたが、病院の廊下を歩いているときに、主治医が「患者は末期の胆のうがんで、もって余命半年」と話しているのを偶然耳にしてしまいます。退院する際に妻・章子、娘・和歌子、息子・智樹の一家全員が迎えに来て自分をしきりといたわるのも手伝って、末期がんに侵されている確信を深めました。死への恐怖から、退院してからも徹はショックで気落ちし、夜も眠れません。智樹の学園祭に出かけた徹は高校生のバンド演奏を見て、高校時代に親友と組んだバンド「シーラカンズ」に思いを馳せます。そして徹は、死ぬ前に一つでも家族に「生きた証」を残したいと思いました。

【承】- 僕らのワンダフルデイズのあらすじ2

「シーラカンズ」のメンバーで今も交流のある酒屋・栗田と不動産屋・渡辺に徹はがんの告白をし、バンドを再結成してナイスミドル音楽祭へ出場しようと誘います。渡辺は店が経営難で苦しみ、栗田は認知症の母を抱えていましたが、徹の申し出を快諾しました。徹は当時ギター担当の大手代理店勤務・山本に連絡を取ります。妻と高校生の息子がいる山本は仕事一筋の人間でしたが、徹の熱意に負けギターを弾くことを決意しました。ヴォーカル・徹、ギター・山本、キーボード・渡辺、ベース・栗田ですが、当時ドラム担当はアメリカ勤務で不在のため、栗田が謎の資産家・日暮を調達します。そして元同級生の住職に頼み、寺の本堂で練習しました。

【転】- 僕らのワンダフルデイズのあらすじ3

やがて寺の住職が入り浸って練習しまくる徹たちを追い出します。稽古場がなくなった一同に、資産家の日暮が自分の持っているスタジオを提供すると言い出しました。スタジオのりっぱなたたずまいを見て、経営難の渡辺が日暮をねたんで喧嘩し、バンドが解散寸前になります。しかし他のメンバーの説得もあって渡辺も脱退を思いとどまり、練習が再開されました。そんな折、山本が練習中に倒れます。実は山本こそが本当の末期胆のうがんの患者でした。山本の主治医は徹の主治医でもあり、主治医が話していた末期胆のうがんの患者というのは、徹ではなく山本のことです。徹が早とちりしただけでした。

【結】- 僕らのワンダフルデイズのあらすじ4

山本がバンドに参加した理由は、自分と同じ病を抱える徹が気丈な姿で振る舞っているのを見て励まされたからです。徹は自分の勘違いを詫びました。山本は、徹が自分を誘うときに話した「家族に残せて死ぬ時に持って行けるのは『音』だ」という言葉に感銘を受けたと告げ、徹に感謝の念を伝えます。音楽祭の日、シーラカンズは優勝こそしませんでしたが、無事に演奏を果たしました。さらに徹の娘・和歌子の結婚披露宴でもシーラカンズは演奏をします。その時には山本の代わりに山本の部下・湯川がギターを代理で務めました。息子と妻に付き添われ披露宴に参加した山本は、演奏を聴きながらゆっくりと瞼を閉じました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「僕らのワンダフルデイズ」の商品はこちら