「先生と迷い猫」のネタバレあらすじ結末

先生と迷い猫の紹介:2015年製作の日本映画。とある商店街に住みつくも、ある日行方不明になった三毛猫ミーちゃんと街の人々の姿を描いたノンフィクション「迷子のミーちゃん〜地域猫と商店街再生のものがたり」。同作を原案に、イッセー尾形演じる妻を亡くした元校長と地域猫ミイとの交流がつづられるヒューマンドラマ。監督は『神様のカルテ』シリーズなど人物描写に定評のある深川栄洋。

この映画を無料で観る

予告動画

先生と迷い猫の主な出演者

森衣恭一〔校長先生〕(イッセー尾形)、小鹿祥吾(染谷将太)、松川真由美(北乃きい)、雑貨屋店主・広川(ピエール瀧)、松戸(嶋田久作)、小鹿幸江(佐々木すみ江)、パン屋の店主(竹山隆範)、さぎり(久保田紗友)、森衣弥生(もたいまさこ)、井上容子(岸本加世子)

先生と迷い猫のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①校長先生は亡き妻・弥生が可愛がっていた野良猫・ミイがやってくるのを見ると、妻のことを思い出して切ない思いをする。ある日ミイにきつく叱ると、その日を境にミイは姿を消した。 ②心配した校長先生はなりふり構わずミイを探すようになり、触発された容子、真由美、祥吾、松戸、さぎりも探す。ミイを通じて先生は、今まで付き合いのなかった人たちと接するように。

【起】- 先生と迷い猫のあらすじ1

森衣恭一は、かつて小学校の校長先生を務めた人物ですが、現在は退職して悠々自適の生活を送っています。妻・弥生を亡くして、男やもめの老後です。
長年教員だったことも手伝い、彼は本名ではなく「校長先生」と呼ばれていました。退職して久しいのですが、いまだに周囲からそう呼ばれます。
カタブツで偏屈な性格なので、近所では浮いた存在です。とっつきにくい感じです。
校長先生の趣味は、昔ながらのライカ(ブランド名)のカメラで写真を撮ることでした。校長先生の家には、昔から撮りためた写真がたくさんあります。
ある日、校長先生はいつも行くパン屋『リリー』の店主に齧りかけのクロワッサンを渡すと「味が違う」と文句を言いました。
店主は「材料費が高騰して、バターを変えた」「店を畳もうと思うので、最後の記念に写真を撮ってくれ」と告げます。
ペタンクをする老人チームに誘われた校長先生は「仕事があるから」と断りました。
帰宅した校長先生は、妻・弥生の仏壇の前に猫がいるのを見て追い払います。店で交換してもらったクロワッサンを仏壇にあげ、店がなくなることを報告しました。猫も隣で座っています。
校長先生がロシア語の辞書と首っ引きで翻訳を始めた頃、猫は帰っていきました。庭を見て、少し切ない気分を味わう先生です。
というのも…。
以前、校長先生と妻・弥生は、ミイという名の三毛猫を飼っていました。ミイを亡くした時につらい思いをした校長先生は「もう猫はこりごりだ」と思います。
ところが妻・弥生は、家にやって来るようになった三毛猫を「死んだミイちゃんに似てない?」と言って可愛がり始めました。
その妻も死んだ現在、校長先生は野良猫のミイを見るたびに、亡き妻・弥生との思い出ばかりを振り返り、切なくて悲しくてたまらない気分になるのです。
そんな校長先生の思いを知らないミイは、いつもやってきては弥生の仏壇の前に座りました。校長先生は次第にミイが疎ましく感じられます。
校長先生の住む場所は、静岡県伊豆の下田界隈の富士見町です(注:架空の町)。
その頃、小川町の清美川で段ボールに入った猫の死体が4匹発見されました。別の川でもあり、動物虐待事件が続いています。
校長先生のところを訪れるのは、野良猫のミイ以外には、市役所の職員をする男性・小鹿祥吾くらいでした。祥吾は校長先生が長年、撮りためてきた写真を資料として残したくて、せっせと通ってきては写真のスキャンを行ないます。
祥吾は数少ない校長先生の理解者で、「先生はもっと外に出てった方がいいな」「先生の写真、いいですよ」と言いました。 この映画を無料で観る

【承】- 先生と迷い猫のあらすじ2

野良猫のミイは、生粋の野良猫でした。あちこちをうろつき回ります。
行った先では、呼ばれ方が違います。校長先生のところでは「ミイ」でしたが、美容院『それいゆ』では「タマ子」と呼ばれていました。
クリーニング屋を経営する女性・真由美からは「ソラ」と呼ばれ、バスで通学する高校生・さぎりには「ちひろ」と呼ばれています。
さて、猫の死体が段ボールで発見された事件の新聞記事を見て、美容院『それいゆ』の店主・容子たちが心配しました。野良猫だと分かると虐待のターゲットになるのではないかと思ったのです。
容子の馴染み客が赤い首輪を買ってきて、タマ子に勧めます。タマ子の自由を束縛するようで容子は少し消極的ですが、タマ子の首につけました。
その夜、首輪を見たさぎりは「いいねえ」と言い、自分の携帯につけていたストラップの飾りもつけます。
次の日、校長先生はパン屋『リリー』の記念写真を撮りました。帰宅すると、戸締まりをした筈なのにミイが入っていて、校長先生は驚きます。
慌てて追い出すと、猫専用入り口(玄関などについている押し戸)をガムテープで補強して開かないようにし、ミイがよく利用する台所の窓の戸締まりもきっちりしました。
ミイがクリーニング屋の店主・真由美と、その向かいの雑貨店店主・広川に「ソラ」と呼ばれて可愛がられているのを見た校長先生は、少し動揺します。ミイの浮気現場を見た気持ちです。
広川に飼い猫かと尋ねると「野良だけど」と答えが返ってきて、先生は立ち去りました。
立ち去る姿を見て広川は「いまだにふんぞり返ってるよ」と真由美に言います。
本屋からの帰り道、校長先生は河原で血を流して倒れている白い猫と、それを凝視する小学生・北斗を見つけました。明らかにまだ学校で授業のある時間帯です。
「死んでる」と言う北斗に「生きてる。死んでない。大丈夫、病院へ連れていくから、学校へ行きなさい」と校長先生は言うと、動物病院に連れて行きました。
獣医に診せると「刃の薄いカッターみたいなナイフが凶器だ」と言われます。外を見ると、まだ北斗が外で待っていました。
「死んだ?」と北斗が確認するので「傷は浅かったが、出血がすごかった。会っていくかい?」と聞くと、北斗は黙って帰ります。
校長先生はできあがったパン屋の記念写真を店に持って行きますが、すでに閉店の札がかかっていて店主に渡すことは叶いませんでした。閉店の貼り紙も先生は撮影します。
職場にいた祥吾が連絡をもらい、松戸の元へ行きます。松戸は川向こうの場所で自動車修理工場を経営していますが、そこへ痴呆症の祥吾の祖母・幸江が時々ふらっと行くのです。

【転】- 先生と迷い猫のあらすじ3

祥吾は怒りながらも、松戸の工場に集まっている野良猫を見て、祖母・幸江が目を細めるのを見逃しませんでした。祥吾は猫アレルギーなので、家でペットは飼っていません。
ある日、真由美は自分の車の下に寝そべって、不審な行動をする人物に咎めると、なんと校長先生でした。校長先生は、車の下にいた猫を撮影していたのです。
クロワッサンを一緒に食べながら、真由美は校長先生に、卒業の時にもらった色紙に書かれた文字「愛感同一」の意味を聞きますが、先生は「頑張りなさいとか、そういう意味だね」と誤魔化しました。そして不機嫌になり、立ち去ります(本当は照れ臭かった。意味については後述)。
扉を塞いでもミイが入ろうと訴えるので、校長先生はとうとうミイに怒りました。「開かないよ。台所の窓も塞いだ」「お前が来ると、女房が死んだことを思い出すんだ」「他にもチャラチャラ愛想振りまいて」…それは校長先生の心の叫びでした。
その日は雨の夜で、それを境に、ふっつりとミイの姿が消えました。常連の人たちは、猫を見なくなったので動揺します。
まず動いたのは美容院『それいゆ』でした。迷い猫のイラストを描き、店の前に貼り出します。校長先生の妻・弥生の馴染みの店だったので、先生は思わず美容院の扉を開き「いつから?」と聞きました。1週間前からだそうです。
広川にも聞き、獣医にも聞きます。来ていると鬱陶しかったミイですが、いなくなると校長先生は途端に心配になりました。猫専用入口の目張りを外し、カメラを持って探しまわります。
外で先生にあった祥吾は、軽い気持ちで「猫って、死ぬ時に姿を隠すって言うじゃないですか」と言い、校長先生に「バカ!」と叱責されました。
怒鳴りながらも落胆する校長先生を見て、祥吾は「保健所には行ったんですか」と聞きます。先生は早速その足で保健所に向かいますが、ミイはいませんでした。
広川は真由美に校長先生が猫を探していることを話します。校長先生は亡き妻・弥生と記念撮影したミイの写真を拡大して、美容院『それいゆ』の容子と一緒にポスターを作っていました。真由美も手伝いたいと名乗り出ます。
神社で北斗が拾ったカッターナイフを持って、境内に植えられた枝に切りつけていました。
作ったポスターを広川の店に貼ろうとして、校長先生は注意されます。「可愛がってると思ったから」と消沈する先生を見て、広川はポスターを置いていけと言いました。
松戸は「猫は用心深いから、川を越えてここまで来るとは思えない」と言いながら、訪問した校長先生に猫用の罠を渡すと無責任に飼うなと言います。
好きな物を入れておけと言われた先生は、真由美がソラに与えていたカリカリと、弥生の遺影写真を罠に入れました。

【結】- 先生と迷い猫のあらすじ4

併行して猫探しもします。川辺で一休みした先生は、小川を流れる段ボール箱を取りに行き、中身を調べました。中身は陶器の皿でした。
北斗が先生を見て笑いますが、おにぎりを渡そうとすると「僕は猫じゃない」と言って去ります。
猫探しに必死の先生は、猫を見るととにかく追いかけました。夢中で電柱にのぼった先生は警官に注意され、警察署に連行されます。
校長先生を祥吾が迎えに行きますが、そこで先生は同じく「猫の集会を見に行くため」夜の商店街を徘徊して補導されたさぎりに会いました。猫の集会の場所を聞き、自分が代わりに行くとさぎりに言います。
学校でいじめられて自殺を考えたさぎりは、道路に飛び出そうとした時にちひろに救われたと言い「今度は私がちひろを助けたいです」と言いました。
容子、真由美も夜の町を探し、松戸と祥吾と校長先生も手分けして、さぎりから聞いた猫の集会を回ります。
血眼になって探す校長先生の姿を見た広川は、黙って雑貨店の表にポスターを貼りました。
くさむらでミイによく似た猫を見た校長先生は、名を連呼しながら走って追います。「私も可愛がればよかった。二度と来るなと、追っ払ってしまった」と疲れて寝転がったまま問わず語りに言う校長先生に、容子は「校長先生、変わりましたね」と言いました。
猫は見つけても追いかけては駄目、待つ方がいい、名を呼んだり、見つめたりするといい…失踪中に怖い思いをしたことで、性格が変わっている可能性があるのだと助言します。
校長先生は真由美に「愛感同一」の意味を説明しました。それは先生なりのダジャレで「アイキャンドゥーイット(私はできる)」を漢字に当てはめたものでした。
夜の境内で北斗を見つけた校長先生は、送っていきます。なぜ猫を探すのか質問する北斗に「大切だから。どんな生き物でも必ず死ぬ。だから、残された者は折り合いをつけるために必死になる」と答えました。北斗は児童養護施設の子でした。
明け方に帰宅した先生は、全身が痛くなっていました。玄関先で座ったままうたたねした先生は、妻・弥生がまだ生きていた頃の夢を見ます。
座ったまま眠った先生の耳に、鈴の音が聞こえました…。
(猫を虐待して殺した犯人は不明のまま。北斗と考えられなくもないが、神社で北斗が握るカッターナイフは刃が古びていることから、単に神社で拾っただけと思われる。
北斗が見つけた白い猫がどうなったのかも不明。
北斗は「生と死」について好奇心を持ち始めているだけのようにも取れる。善意の解釈だと。
ラストシーンで鈴の音が聞こえてくるのは、素直に考えれば「ミイが戻ってきた」。ただ深く考えると亡き妻・弥生の夢のシーンからの流れなので、既にこの世にいないというふうにも解釈できなくはない。
…というふうに、多分にぼかした内容の映画)

みんなの感想

ライターの感想

…いろんな部分をぼやかし、あいまいにした結果、「見終わっても、なにをしたかったのか判らない映画」ができあがった。
景色は綺麗。猫も可愛い。いっぱい猫が出てくる。
しかし、テーマがないのだ。見終わったあと、どこに焦点が合っていたのか判らず、もやもやっとしてしまう。
猫虐待の問題提起、野良猫を野放しにしていることへの問いかけ、失踪したミイ…ぜーんぶ未消化のまま終わる。
たぶんミイを通じて「校長先生の成長」を描きたかったのだろうが、…にしては、薄い。薄っぺら過ぎる。だいたい、そこから校長先生が変化する必要があったのだろうか。
からめの感想なのは「もう少しいじれば、よくなるだろうに」という期待を込めて。

    からあげさんの感想

    ラストのつまらなさにがっかりしました
    面白くないと思いながら我慢して最後まで見たのに

    かりめろさんの感想

    子供を養護施設に送った後に校長先生が自分の手を見るシーンありましたよね?
    そういえば子供が背負ったランドセルに手をかけるシーンもあったのを思い出してゾッとしちゃいました
    手に血がついていた気がして( *_* )

    ベンジーさんの感想

    私は久々に感動しました。野良猫あるあるですね。1回目なんとなく観てて、2回目観て泣けました。猫が、全員にさよならをしながら、歩くシーン。猫って、さよならしに来るのは本当です。私もされたことがあるので、思い出して泣けてきました。

映画の感想を投稿する

映画「先生と迷い猫」の商品はこちら