「八月の狂詩曲(ラプソディー)」のネタバレあらすじ結末

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年公開の日本映画。村田喜代子の芥川賞受賞小説 『鍋の中』を原作とし、原爆体験をした長崎の祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描く反核映画。監督/脚本は黒澤明。

予告動画

八月の狂詩曲(ラプソディー)の主な出演者

鉦おばあちゃん(村瀬幸子)、縦男(吉岡秀隆)、たみ(大寶智子)、みな子(鈴木美恵)、信次郎(伊崎充則)、忠雄(井川比佐志)、良江(根岸季衣)、登(河原崎長一郎)、町子(茅島成美)、クラーク(リチャード・ギア)

八月の狂詩曲(ラプソディー)のネタバレあらすじ

【起】- 八月の狂詩曲(ラプソディー)のあらすじ1

長崎の市街地から8km離れた山村に住む老婆・鉦(かね)のところに、1通のエア・メールが届きました。
1920年に移民としてハワイに渡り、現地人と結婚してアメリカに帰化した鉦の兄・錫二郎(かねじろう)が不治の病にかかり、死ぬ前に鉦に会いたいという内容のものです。錫二郎は現地で大きなパイナップル農園を経営している大富豪でした。
しかし鉦にはきょうだいが十何人もいたので、兄の記憶がありません。いっぽう錫二郎が大富豪と知ってご機嫌を取ろうと、鉦の代わりに息子・忠雄と娘・良江がハワイへ行きました。忠雄と良江の子たちは鉦に預けます。
孫たち…縦男、たみ、みな子、信次郎はど田舎の夏休みの暮らしに退屈します。 この映画を無料で観る

【承】- 八月の狂詩曲(ラプソディー)のあらすじ2

悪気はありませんが、孫たちは鉦のことを少しばかり疎んじていました。鉦の年寄り料理は孫たちにはまずく、明日の晩ご飯は孫たちで作ると言い出します。
翌日、縦男は家で留守番をし、たみとみな子と信次郎は長崎市街に買い出しに出かけ、原爆で死んだと言われる鉦の夫である祖父の被災地を訪れました。先生をしていた祖父の学校は、爆心地の近くにありました。
3人は子ども心に原爆や戦争の残酷さを悟り、その夜はカレーライスを食べながら、鉦に戦争の話をせがみます。
そして徐々に祖母を思いやるようになりました。
鉦をハワイへ連れて行こうと、忠雄と良江が帰国します。金持ちの親戚ができて浮かれる親を見て、孫たちは幻滅しました。

【転】- 八月の狂詩曲(ラプソディー)のあらすじ3

錫二郎のひとり息子・クラークが来日します。クラークは叔母である鉦の夫が原爆で亡くなったことを知り「ミンナデナキマシタ」と言いました。孫たちはクラークを、原爆ゆかりの土地へ案内します。
忠雄と良江は、錫二郎とクラークの気を損ねまいと、アメリカ人に原爆の話をしてはいけないと言いますが、クラークはむしろ積極的に当時の戦争でアメリカが行なったことを知りたがりました。
夜、忠雄たちがとったホテルをキャンセルして鉦の家に泊まったクラークは、鉦の手を取り、義理の叔父の死を知らず「スミマセンデシタ」と謝罪します。そんなクラークの手を鉦は、やさしく握り返しました。
錫二郎が死んだ知らせが、電報で届きます。 この映画を無料で観る

【結】- 八月の狂詩曲(ラプソディー)のあらすじ4

クラークは葬儀のために、急いでハワイへ帰国しました。鉦もやっと錫二郎のことを思い出して、電報を握り締めて泣きます。
その時から鉦の様子がおかしくなりました。記憶が1945年8月9日のものに戻ったのです。
鉦は夜の雷雨に、「ピカ(ピカドン 原爆のこと)が来た」と怯えます。
翌日、空に大きな入道雲が広がって急な雨が降り出しました。入道雲を、原爆のキノコ雲と重ね合わせた鉦は、傘をさして長崎市街に走り出します。
そんな鉦を信次郎が、続けて残りの3人の孫たちが、鉦の気持ちを理解して追いかけます。
風で鉦の傘がめくれました。
豪雨の中、孫たちは、泣きながらいつまでも鉦のあとを追っていきました。

みんなの感想

ライターの感想

黒澤明監督がホームドラマのような作品に、初めて挑戦したのが『八月の狂詩曲』です。黒澤作品と言えば、モノクロの大作時代劇という印象が強いため、残念ながらこの作品は、大衆そして黒澤ファンからもあまり評判がよくないようです。更にはストーリーが原爆に触れていることなどから、アメリカでも批判的な意見が多いらしいです。
しかし、一部のファンや映画批評家からは、非常に大きな支持を受けているのも事実です。公開から約25年経った今、大きな原発事故も経験した日本。映画『夢』やこの作品で反核を伝えたかった黒澤監督は、ずっとずっと先の未来を見据えていたような気がしてなりません。批判的に捉えていた人でも、今一度この作品を観れば、当時とは違う見方ができるかもしれません。

     さんの感想

    非常に印象的な作品です。決して理路整然としたストーリーではありませんが、感性に強く訴えてきます。
    まだ黒澤明監督の名も知らない小学生の頃初めて見て、以来ずっと、断片的に覚えていました。
    空に大きく開く目、嵐の中意味をなさない傘をさして何処かへ向かうおばあちゃん、口々に「おばあちゃん!」と叫びながら追いかける孫達、おばあちゃんが風に煽られよろめき、傘がバッと逆に開いた途端流れる「のばら」の歌声。
    黒澤明とはあの説明も出来ない衝撃的な印象深さを与えてくれるラストを描ける様な人物なのだ、と感服します。
    評判がよくないというのは残念です。だからTVでも流さないのでしょうか。

映画の感想を投稿する

映画「八月の狂詩曲(ラプソディー)」の商品はこちら