「八甲田山」のネタバレあらすじ結末

八甲田山の紹介:1977年公開の日本映画。新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』をもとに、八甲田雪中行軍遭難事件を題材に扱った作品。劇中での北大路欣也の台詞「天は我々を見放した」は、当時の流行語にもなった。

予告動画

八甲田山の主な出演者

友田少将(島田正吾)、中林大佐(大滝秀治)、徳島大尉(高倉健)、児島大佐(丹波哲郎)、門間少佐(藤岡琢也)、田辺中尉(浜田晃)、高畑少尉(加藤健一)、斉藤伍長(前田吟)、神田大尉(北大路欣也)、山田少佐(三國連太郎)、倉田大尉(加山雄三)、津村中佐(小林桂樹)、本宮少佐(神山繁)

八甲田山のネタバレあらすじ

【起】- 八甲田山のあらすじ1

1901年、将来的に日露戦争は避けられないと感じた軍は、青森第五連隊の神田と弘前第三十一連隊の徳島を呼びました。
「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」
…提案に聞こえますが、実質的には命令です。零下40度を超えるロシアの雪原での戦いを踏まえ、日本で寒地訓練が必要であるとみなされ、八甲田山が訓練の場所に選ばれたのでした。
神田と徳島は雪中行軍について話し合いました。
青森と弘前の双方から出発し、八甲田山ですれ違うという予定で計画は決まります。
神田と徳島は気軽な調子で、八甲田山で会おうと約束して別れました。

【承】- 八甲田山のあらすじ2

1902年1月20日。
出発の日、徳島は神田に宛てて手紙を書きました。「わが隊が危険な状態の時には、ぜひ援助を頼む」という内容です。
徳島隊は27名の少数精鋭部隊で、弘前を出発しました。
いっぽうの神田隊は、当初少数でと神田が希望したにもかかわらず、大隊長・山田少佐に拒否され、210名の大部隊で青森を出発します。
しかも神田が用意した案内人を山田少佐が断り、実権も神田から山田へ移っていました。
神田の部隊は雪山に慣れない人間が集まった集団で、低気圧に襲われ、方位磁石も用をなさなくなります。

【転】- 八甲田山のあらすじ3

神田にはもはや発言権は一切なく、山田が勝手に部隊を率いました。その結果、渓谷に迷い込み方向を見失って隊列は乱れます。
その頃の徳島隊は、風のリズムに隊列を合わせ、八甲田山に向けて順調に歩を進めていました。皆気負わず、少しずつ耐寒訓練をしつつ向かいます。
いっぽうの神田隊は、体力が残っているうちに八甲田山へ近づけと無理に急いだために徐々に乱れが生じました。次第に人数が減り、当初210名だった部隊が50名になります。
薄れゆく意識の中で、神田はただただ徳島に会いたいと思いました…。

【結】- 八甲田山のあらすじ4

1月27日。徳島隊は八甲田山に入ります。そこで見たのは神田たちの遺体でした。神田隊は遭難したのです。
神田は最後の力をふりしぼり、部隊への責任感から舌を噛んで死んでいました。
神田隊の生き残りは山田少佐はじめわずか12名で、山田少佐も後に拳銃自殺します。徳島隊は全員生還しました。
…しかし。目されたとおり2年後に日露戦争が開戦します。
徳島隊の隊員と神田隊で生還した倉田大尉たちは、黒溝台会戦において零下20度の極寒の中で二昼夜飲まず食わずに奮闘し、奉天会戦を勝利に結びつけたものの、全員が戦死しました。

みんなの感想

ライターの感想

零下の雪山という過酷な条件でのロケで当時話題を呼んだ今作。途中、発狂して服を脱ぎ始め雪に埋もれて死んでしまう兵士がいましたが、現場が辛すぎるため一刻も早く自分の撮影を終わらせて帰りたいと、皆でその役を取り合ったそうです。
また、主演の高倉健さんは火があっても暖をとろうとせず我慢していたので、「健さんが暖まってくれないと他の人も暖まれないよ…」とスタッフは困ってしまったそうです。いかにも健さんらしいエピソードですね。

映画の感想を投稿する

映画「八甲田山」の商品はこちら