「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」のネタバレあらすじ結末

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの紹介:2014年公開の日本映画。西加奈子の小説を映画化。大家族の中で孤独に憧れる小学生・琴子(こっこ)が、ひと夏の体験を通じ成長していく物語。キャッチコピーは「小学三年生を経験したすべての大人たちへ…」。

この映画を無料で観る

予告動画

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの主な出演者

渦原琴子(芦田愛菜)、渦原寛太(八嶋智人)、渦原詩織(羽野晶紀)、渦原理子&眞子&朋美〔三つ子〕(青山美郷・一人三役)、森上(入江甚儀)、石太(平幹二朗)、紙子(いしだあゆみ)、ぽっさん(伊藤秀優)、ジビキ先生(丸山隆平)

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンのネタバレあらすじ

【起】- 円卓 こっこ、ひと夏のイマジンのあらすじ1

渦原琴子、通称「こっこ」は団地に住む小学3年生です。
祖父、祖母、父、母、三つ子の姉、そしてこっこと、総勢8人の大家族は、明らかに住環境を阻害する大きな円卓を毎日囲んで食事しました。
こっこは家族の皆から愛情を注がれて幸せなのですが、本人は平凡な暮らしに不満を持っており、何か他者と異なる「かっこいい」ものを得たがります。
またこっこは、気になる言葉や初めて知ったことなどを「じゃぽにか(ジャポニカ学習じゆう帳)」に書きこんでいました。
しかし、その大事なじゃぽにかをこっこは紛失します。祖母への誕生プレゼントに贈る帽子に、じゃぽにか表紙の蟻を刺繍したくて、姉・朋美が拝借していました。 この映画を無料で観る

【承】- 円卓 こっこ、ひと夏のイマジンのあらすじ2

ある日、親友・めぐみが「ものもらい」になります。眼帯に憧れたこっこは早速真似をし「もらいもの」と言いました。
クラス会議で委員長を務める朴君が不整脈で倒れると、「ふせいみゃく」にまで憧れる始末で、担任教師・ジビキ先生にやんわりと注意されます。
その直後、こっこは母・詩織に子供ができたことを知らされました。家族みんなは喜びますが、こっこは特に喜ぶ気になれません。
どうしてジビキ先生に叱られたのか、どうして家族が増えることが喜ばしいことなのか…こっこは同じ団地に住む親友・ぽっさんと共に悩みます。
こっことぽっさんに祖父・石太が「イマジン(想像)すればいいのだ」と教えました。

【転】- 円卓 こっこ、ひと夏のイマジンのあらすじ3

自分の気持ちだけでなく、友達がどう思うか想像する…それが「いまじん」。こっこは夏休みを使って「いまじん」します。
夏休み、こっことぽっさんは草むらで自分たちを吸った蚊を集めてノートに貼る自由研究をしたり、5年生が学校で飼育する白いうさぎを散歩させたりしました。
ぽっさんが墓参りで松山に行き留守の時、こっこに危機が訪れます。草むらで蚊を採集するこっこに、変質者が接触したのです。
胸にSのワッペンを貼った灰色タイツの男が体をくねらせ近寄り、こっこに「ご尊顔、踏んでくれはるのん?」と言いました。要望どおり男の顔を踏んだこっこは、その後うさぎを顔に乗せ「踏まれたい者の気持ち」に思いを馳せます。

【結】- 円卓 こっこ、ひと夏のイマジンのあらすじ4

1学期に前の席だった成海が2学期早々に欠席し、こっこは成海を訪問します。実は夏休み直前、成海が「しね」とノートの隅に書いて折りたたみ、机の中に大量に入れていたことをこっこは知り、心配だったのです。
動機を尋ねたこっこに「理由はない。学校は面白くない」と成海は答えました。
成海の気持ちをいまじんしたこっこはぽっさんを誘い、朝早く学校に出かけました。そして返却されたじゃぽにかの切れ端を使い、自分たちの好きなものを書いた紙切れで成海の机の中を一杯にします。
登校した成海はそれを見て喜びました。
いまじんにより成長したこっこは、母の胎内に宿る新たな生命を、家族皆と同じ喜びの気持ちで分かち合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」の商品はこちら