「再会の街で」のネタバレあらすじ結末

再会の街での紹介:ニュース映像だけでは伝わらない、9.11の引き起こした本当の悲劇が伝わってくる映画です。ある日突然愛する人をなくしたら人間はどうなってしまうのか。生きる希望など、今後見つけることができるわけがないと思っていた男を、街で偶然再会した友人が救い出す感動のストーリー。

予告動画

再会の街での主な出演者

チャーリー・ファインマン(アダム・サンドラー)、アラン・ジョンソン(ドン・チードル)、ジャニーン・ジョンソン(ジェイダ・ピンケット=スミス)、アンジェラ・オークハースト(リヴ・タイラー)

再会の街でのネタバレあらすじ

【起】- 再会の街でのあらすじ1

ニューヨークで働くアランは歯科医院を営んでいます。彼は仕事も充実しており、愛する妻と子にも恵まれ、はたから見ればとても充実した人生を送っていました。
しかし、彼はどこか満たされない思いを抱いていました。そんなある日、アランは街中でチャーリーと再会します。彼はアランの大学時代のルームメイトでした。しばらくの間、消息がつかめなかった彼に会えた喜びから、声をかけるアラン。が、彼は気づかずスクーターで去ってしまいました。後日また再会した二人。再度アランはチャーリーに声をかけます。
しかし、チャーリーはなんとアランのことを覚えていなかったのです。実は、チャーリーは、不幸にも9.11のアメリカ同時多発テロによって妻子、そして、愛犬までもを失っていました。
久しぶりに再会したチャーリーは、アランの知っている彼とは全く変わってしまっていました。彼は心を閉ざし、社会と自分を切り離すようにして生きていたのです。 この映画を無料で観る

【承】- 再会の街でのあらすじ2

彼のことが心配になり、友人として立ち直らせたいと思ったアランは、その日から行動をともにするようになります。チャーリーの生活は、とても孤独なものでした。
街中に出るときは、スクーターでニューヨークの街を徘徊しながらiPodの音楽を聴き、家に帰ればゲームばかりをしていました。音楽やゲームに逃げるのは、現実から目を背けているからでした。
現実を直視してしまうと、その喪失感に心が張り裂けてしまうから、彼はそうして自分自身をなんとか保とうとしていたのです。アランは自分の力だけではチャーリーをこの状態から救い出すことはできないと、セラピストに預けることにします。
当然、チャーリーはセラピストとの会話を拒否します。9.11の記憶。そして家族と楽しく過ごした記憶。それらを口に出すことは、反対にそれが今、失われている状態を口にだすことになるからです。

【転】- 再会の街でのあらすじ3

チャーリーの奥さんのご両親もまた、9.11により、深い傷を負っていました。何より愛していた孫にも二度と会えなくなってしまったのですから。
唯一生き残ったチャーリーとは同じ悲しみを共有できるはずなのに、それをすることは今の彼らにはとても難しいことだったのです。
そうして、両親と、チャーリーの関係は、裁判争いにまで発展してしまいます。チャーリーは、追い詰められた中でついに自分の中にためこんでいた感情を涙と一緒に爆発させます。愛していた家族のこと、愛犬のこと、一日でも忘れられることなんか、できなかったと。街中の人が全員愛する人に見え、子供は全部自分の子供に見えると。違う種類の犬でさえ、飼っていた愛犬に見えてしまうのだと。
初めて自分の想いを口にしたチャーリー。それはどれだけ彼が家族を愛していたか伝わってくるものでした。 この映画を無料で観る

【結】- 再会の街でのあらすじ4

チャーリーの言葉を聞いた彼の周りのみんなは、お互いが同じ悲しみを抱いていることを感じ取りました。長い間、関係がこじれていた奥さんのご両親とチャーリーは、このときもつれあっていた関係がほどけることになります。
最期、アランは小粋なセッティングをします。チャーリーがひそかに好意を抱いていた女性を、チャーリーの部屋に呼んだのです。少年のように照れるチャーリー。それは彼がもう妻への愛を忘れてしまったからではなく、前を向いて生きていく心の変化でした。
すべてを失った男が、残された時間の中でまたひとつずつ大切なものを寄せ集め生きていく。チャーリーのこれからの人生は、大切にしていた家族の思い出とともに新しい世界が広がっていると、そう予感させる結末です。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「再会の街で」の商品はこちら