「冬の華」のネタバレあらすじ結末

冬の華の紹介:1978年公開の日本映画。高倉健・主演。自分が殺した相手の娘を気にかけ、伯父だと偽って文通を続けながら、彼女の成長を見守るうちに再び義理によって人を殺す男の姿を描く。

この映画を無料で観る

冬の華の主な出演者

加納秀次(高倉健)、坂田道郎(北大路欣也)、松岡洋子(池上季実子)、南幸吉(田中邦衛)、竹田乙彦(三浦洋一)、山辺修(小池朝雄)、立花道夫(夏八木勲)、三井清(大木晤郎)、矢部(奈辺悟)、柿沼三郎(小林亜星)、大谷五郎(山本麟一)、ミナケン(峰岸徹)、山本武彦(寺田農)

冬の華のネタバレあらすじ

【起】- 冬の華のあらすじ1

横浜の東竜会に所属する加納秀次は、渡世の仁義(どうしても果たさなくてはならないこと)で松岡を殺します。松岡が東竜会の会長・坂田良吉を裏切って関西の暴力団に寝返ったからでした。
松岡は加納に「娘がいるから」と命乞いをしました。加納はそれをおして松岡を刺しますが、松岡の3歳になる一人娘・洋子のことが気がかりでした。
北海道の旭川刑務所で15年の服役を言い渡された加納は、舎弟の南幸吉に洋子の世話などを一任します。そして自分は「ブラジルにいる伯父」と偽って、洋子と文通を続けました。

【承】- 冬の華のあらすじ2

洋子は竹田という男にエアメールの手紙を託し、竹田が南に渡し、南がそれをさらに封筒に入れて刑務所に送ります。文通はずっと続きました。
15年後。加納は出所して横浜に舞い戻りました。加納はこれを機に身辺整理をした後、堅気に戻り、旭川で大工職人をするつもりです。お世話になった旭川刑務所の所長に、仕事斡旋の手紙も書いていました。
出所した加納が一番気になったのは、15年間続けた文通相手・洋子の成長です。正体は一度も明かさず、ずっとブラジルにいる伯父として通していました。
洋子は竹田と恋人同士になっています。

【転】- 冬の華のあらすじ3

洋子がいつも喫茶店『コンチェルト』で、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を聞きながら手紙を書くという文面を読んだ加納は、コンチェルトに行きピアノ協奏曲を聞きます。
また南の運転と竹田の手引きでこっそり山の手にある洋子の高校に行き、ひそかに洋子の成長を見守りました。
出所した加納を迎えた東竜会会長・坂田は、傘下の組を任せたい思いを抑え、堅気になりたいという加納の意向を汲みます。
そんな矢先、関西連合に坂田が殺されました。陸上自衛隊将校になった坂田の息子・道郎は復讐心に燃えます。
堅気の道郎に罪を犯してはならないと思った加納は、自らが再び罪を犯そうと決めました。 この映画を無料で観る

【結】- 冬の華のあらすじ4

旭川刑務所長への仕事斡旋の手紙も破り捨てた加納は、坂田を殺した黒幕である山辺を狙います。
また竹田を呼び出して、洋子に対する思いが真実であるか確認した加納は、洋子のことを竹田に頼みました。
その頃、洋子は喫茶店『コンチェルト』で何度も見かける加納のことが気になっていました。もしやブラジルの伯父では…と思った洋子は加納に声をかけますが、加納は知らない振りを装います。
山辺を刺殺した瞬間、加納の脳裏によみがえった光景は、15年前に洋子の父を殺した時のことです。服役後はもう生きては会えないだろう洋子のことを思い、洋子が幸福になることを、加納は願うばかりでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「冬の華」の商品はこちら