「劒岳<剣岳>点の記」のネタバレあらすじ結末

劒岳 点の記の紹介:2009年公開の日本映画。新田次郎の同名小説を浅野忠信をはじめ、名優たちの共演で映画化したドラマ。日本地図完成のため、誰も登頂に成功したことのなかった危険な山、剣岳に挑んだ男たちの姿を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

劒岳<剣岳>点の記の主な出演者

柴崎芳太郎(浅野忠信)、宇治長次郎(香川照之)、生田信(松田龍平)、木山竹吉(モロ師岡)、山口久右衛門(蟹江一平)、小島烏水(仲村トオル)、柴崎葉津よ(宮崎あおい)、玉井要人(小澤征悦)、牛山明(新井浩文)、岡田佐吉(石橋蓮司)、矢口誠一郎(國村隼)、行者(夏八木勲)、古田盛作(役所広司)

劒岳<剣岳>点の記のネタバレあらすじ

【起】- 劒岳<剣岳>点の記のあらすじ1

〝点の記とは…
地図を作るときに基準となる場所に埋められた標石を三角点と言う。
それを記録した日記である。
三角点の距離・方位・高さを測量することで、正確な地図を作ることができる。
現在、その数は約10万6000箇所。
その設置は全て、ただ地図を作る為だけに命をかけた測量士が、先頭に立って道を開くことでなされた。〟
…明治39年、秋。
日本は日露戦争で勝利しましたが、ロシアはフランスと手を組み、朝鮮半島を狙っていました。このまま放っておけばよくない事態だと陸軍上層部は考えます。
一方で上層部は、日本国の国防のため、詳細な日本地図の完成を目指していました。しかしそのためには、三角点が必要です。
陸軍省参謀本部の陸地測量部(現在の『国土地理院』と同じ)に所属する測量手・柴崎は、最後の空白地点と呼ばれる「越中劒岳(つるぎだけ 以下「剣岳」表記)」の登頂をし、三等三角網を完成させよと命ぜられました。
同じ頃、日本山岳会という民間の有志による(いわゆる素人の会合)活躍が目立っていました。陸軍陸地測量部長・大久保は名誉のため「陸軍の威信にかけて」測量部による剣岳初登頂という至上命令を下します。
柴崎は『二等三角點ノ記』を記した著者・古田に会いに行き、立山連峰の剣岳にのぼることを報告しました。古田はかつて陸地測量部に所属する測量手で、現在は引退して隠居生活を送っています。
山にのぼるには優秀な案内人が必要です。古田は柴崎に、地元の山案内人(山岳ガイド)・宇治長次郎を紹介しました。
富山県に旅立つ柴崎を、新婚の妻・葉津よが心配げに見送ります。
長次郎は柴崎を富山駅まで迎えに来てくれていました。
立山連峰の中でも最も高い剣岳への登山なので、柴崎は下見をしておかねばならないと考えました。本格的に登るのは翌年の春にしても、ある程度の下見は必要だと思ったわけです。
しかし冬山の危険性を知る長次郎は、あぶないことを指摘したうえで、それでも柴崎の気持ちが変わらないと知ると案内を決めました。
そのうえで、長次郎は柴崎に、山のスケッチを差し出しました。それは美しく描かれた剣岳で、連峰の山々も描かれています。 この映画を無料で観る

【承】- 劒岳<剣岳>点の記のあらすじ2

翌日、山にのぼった柴崎は、赤い実を見つけました。ムシカリという実で、柴崎の故郷・山形にもあります。
室堂(むろどう)で天幕(テント)を張った2人は、そこで一泊しました。長次郎は山の幸で手早く「こけ汁(きのこ汁)」を作ります。
長次郎と話をした柴崎は、やはり日本山岳会も剣岳登頂を狙っていることを知ります。
長次郎は剣沢へ行ってから、登頂ルートを考えると言いました。翌朝、室堂のある日本海側から、太平洋側にある富士山が見えます。
長次郎は3つの案を出しました。
①雄山(立山)に登り、頂上から尾根伝いに剣沢へ降りて剣岳の東面から取りつく道
②剣御前へ登って、そこから尾根伝いに剣岳へ向かう道
③室堂乗越(むろどうのっこし)を越えて、剣岳から西へ張り出している尾根伝いに登る道
…とは言っても、どのルートも七合目か八合目までは行けても、そこから先は絶壁です。
長次郎に案内してもらい、さらに剣岳に近づいた柴崎は、そこに行者(ぎょうじゃ 修行僧)の姿を見ました。剣岳は神の山とも言われ、修行僧が登る山でもあります。
草鞋にアイゼン(鉄製の滑り止め)をつけて登りますが、冬の剣岳は厳しく、落盤もありました。しかし下見によって柴崎は、やる気を見せます。いつか誰かが登頂を果たすだろうという長次郎の言葉に、発奮したのです。
立山連峰に下見に入って7日目、柴崎は日本山岳会の小島烏水(うすい)たち一行と出会いました。
小島たちは柴崎と異なり、スウェーデン製の天幕(テント)をはじめ、西洋の最新の登山道具で登頂に挑みます。
このままだと日本山岳会に先を越されそうだとあせった柴崎に、行者が「雪を背負って降りよ」と言いました。
柴崎は、その意味するところを理解できないながらも、長次郎と共に雪を背負って下山します。
来年の4月にまた会うことを約束し、柴崎は長次郎と別れて東京に戻りました。
その頃、富山日報の記者・牛山は、陸軍陸地測量部と日本山岳会が挑むことを知り、取材を始めます。
…明治40年4月。
柴崎は測夫の木山竹吉と生田信と共に、再び富山県に行きました。ベテランの木山に対し、生田はまだ若く山の経験は浅そうです。

【転】- 劒岳<剣岳>点の記のあらすじ3

今回の登山で、合計27か所に三角点を作る予定です。
柴崎、生田、長次郎のほかに、荷物持ちの人夫として、宮本金作、岩本鶴次郎、山口久右衛門の合計6人で登り始めました。木山は標石作りのため、残ります。日本山岳会よりも先に登山を開始しました。
4月とはいえ、立山にはまだ雪が残っています。吹雪に見舞われるばかりか雪崩も起き、無事ではありましたが生田が埋もれ、一行は剣岳の厳しさを改めて痛感しました。
風で天幕(テント)は倒れ、大雨にも見舞われます。寒さに凍える一行をあたためたのは、立山温泉の湯でした。
予想以上に手ごわい山を相手にして、柴崎は「なぜ山に登るのか」「地図を作る意味はあるのか」と考え始めます。
6月12日、やっと新川郡(にかわぐん)に1つめの三角点を設置しました。
その少し前から、日本山岳会も登山を開始していました。日本山岳会は室堂から剣岳の尾根を狙うコースを選びました。
測量部は、剣御前から別山尾根にとりついて一旦剣沢に降り、一服剣(注意:一服剣という名は当時は存在しなかった)に向かってのぼるコースです。
山の対面で出会った双方は、手旗信号でやりとりします。日本山岳会から「ここからは危険。本日は下山する」という知らせを受けます。
富山日報の牛山は、お互いをあおるような記事を載せますが、山に登れば日本山岳会も陸地測量部も同じ「山仲間」でした。
日本山岳会の小島は「自分たちは山にのぼることだけが目的だが、陸地測量部は山にのぼってからが仕事なのだ」と、柴崎らの仕事の大変さに気づきます。
立山温泉の周辺に三角点を作りながら、柴崎は「絶壁コースを攻めるべきか」考えていました。
山を登っていくうちに、柴崎の考え方が次第にまとまってきます。
地図とは国家のためではなく、そこに生きている人に必要なのではないかと考えた柴崎は、それまでの迷いが吹っ切れていました。人は本来、どこに生きているのか知りたいものだと考えた柴崎は、自分たちの仕事に生きがいを見出します。
それと同じ頃、雪渓を見た柴崎は、行者が言っていた「雪を背負って降りよ」という言葉の意味を理解しました。それは、雪と関わりを持ち、雪を使えという意味でした。

【結】- 劒岳<剣岳>点の記のあらすじ4

七合目より上は大雪渓です。その上の岸壁にとりついた一行は、互いをロープで結ぶと慎重に登り始めます。
剣岳の頂上はもう少しでした。
頂上が見えた時、長次郎が柴崎に道を譲ります。「前人未到」と呼ばれたその地の第一歩を踏むのは、柴崎であろうという配慮からです。
しかし柴崎は辞退し「最後まで頼む。僕たちはもう仲間だ」と言いました。感動した長次郎は、深くうなずくと慎重に歩を進めました。
明治40年7月13日、剣岳の頂上に陸軍陸地測量部が到達し、27番目の三角点を立てます。絶壁なので標石は持ち込めず、立てたのは木の棒でした。〝景 第二十七號 四等三角點〟と記した棒です。
その時、長次郎が苔の間に、修験者の錫杖(しゃくじょう)を見つけました。先に到達していた者がいたのです。
陸軍上層部に伝えたところ、軍は「第一ではなかったのは恥」とし、否定的でした。7月24日付の富山日報にも「緑青色の錫杖の頭と短剣」のことが触れられます。
その後の調査で、その錫杖は1000年以上前の修験者のものだと分かりました。
陸軍の上層部は、陸地測量部が剣岳の「第一の制覇者」ではないことを深く嘆きます。
柴崎の元に、行者の訃報が入りました。「なにものにもとらわれず、なにものもおそれず、心のままに」という行者の言葉が柴崎の心に蘇ります。
一番乗りは果たせなかったものの、柴崎らは深い満足を味わいました。「人は何をしたかではなく、何のためにしたかが大事なのだ」と思いながら。
その後、8月3日に日本山岳会も剣岳の登頂を果たします。木島と柴崎は、向かいの山で互いを見つけました。
日本山岳会は陸地測量部に
「剣岳、初登頂おめでとうございます。この歴史的登頂は、日本登山史に後世まで語り継がれるでしょう。
生田信、木山竹吉、宮本金作、岩本鶴次郎、宇治長次郎、柴崎芳太郎。
剣岳を開山したのは、あなた方です。
ただ地図を作るためだけに、自らの仕事を成し遂げられたことを、心より尊敬します」と送り、生田は日本山岳会に
「剣岳、登頂成功おめでとうございます。
小島烏水と山岳会のみなさんの栄誉を讃えます。
あなたたちは、私たちのかけがえのない仲間です」と返しました。
(エンドロール)「キャスト」ではなく「仲間たち」

みんなの感想

ライターの感想

景色、綺麗です。CGが空撮に頼らず、立山ガイドの支援のもと撮影しただけあって、ほんとにすばらしいです。
クラシック音楽が流れるなか、うつしだされる絶景は、それだけで芸術といえるでしょう。
扱われている素材も重厚で、140分という長い時間ではあるものの、みごたえはじゅうぶんあります。
登山者の一員になった気分が味わえるはず。もうとにかく感動ものです。
剣岳の話に終始しているため、柴崎の妻・葉津よや、長次郎の妻・佐和や、長次郎に反発する息子などの人間関係を描いてはいるものの
見終わった後に心に残っているのは、やはり剣岳の景色…。

映画の感想を投稿する

映画「劒岳<剣岳>点の記」の商品はこちら