「動乱」のネタバレあらすじ結末

動乱の紹介:1980年公開の日本映画。昭和史の起点となった、五・一五事件から二・二六事件までの風雲急を告げる時を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を描いた作品。高倉健と吉永小百合が主演を務める。

予告動画

動乱の主な出演者

宮城啓介(高倉健)、溝口薫(吉永小百合)、島憲兵曹長(米倉斉加年)、神崎中佐(田村高廣)、宮城広介(志村喬)、溝口英雄(永島敏行)、溝口錦造(久米明)、野上光晴(にしきのあきら)、高見葉子(桜田淳子)、安井大尉(新田昌玄)、本間大尉(中田博久)、三浦大尉(柏木隆太)

動乱のネタバレあらすじ

【起】- 動乱のあらすじ1

〔第一部 海峡を渡る愛〕
仙台部隊の宮城大尉は、部下思いの上官でした。
ある夜、宮城の隊の初年兵・溝口が脱走します。溝口は姉・薫が千円で芸者に売られるのを知って、死刑覚悟で姉会いたさに脱走したのです。
宮城は何とか溝口を助けようとしますが、溝口は捜索隊の上官を殺してしまい、銃殺刑に処されました。
宮城は父・広介に用立ててもらった千円を香典として薫に渡しました。
…当時の日本は貧しく、一部の者のみが豊かな生活をしていました。これを変えようと「昭和維新」と名付け、一部の海軍将校と陸軍士官候補生が決起しクーデターを起こします。「五・一五事件」でした。
反乱は失敗に終わり、陸軍内部の対立は激化します。

【承】- 動乱のあらすじ2

宮城は脱走兵を出した責を問われ、朝鮮の会寧地方に飛ばされます。当時、朝鮮は日本の領土で、戦いの最前線でした。
宮城はそこで、芸者になった薫と再会します。溝口の死後、薫の父も亡くなり、借金を返しきらないまま芸者になったのです。
最前線では、軍事物資が相手方の朝鮮ゲリラに横流しされ、一部の将校が私腹を肥やしていました。戦場には薬も弾も食料も届かず、宮城は焦ります。
薫が自殺を図ります。軍の不正を知った宮城はそれを盾に、薫を救いました。
〔第二部 雪降り止まず〕
宮城は日本の東京に呼び戻され、第一連隊に配属になります。宮城は薫を妻に迎えました。しかし宮城と薫に肉体関係はなく、薫は負い目を感じます。

【転】- 動乱のあらすじ3

宮城の家には連日、多くの青年将校が集い「日本をよい方向に」と再び昭和維新の論議がなされていました。
憲兵隊・島は向かいの家に住んで張り込みをしながら、宮城に同調します。自分が憲兵隊でなければ、宮城と行動を共にしたかもしれないと考えました。
宮城は薫と共に、恩師・神崎中佐のいる鳥取を訪れます。上官の暗殺を考える神崎中佐を止め、自分がおこなうと説得した宮城ですが、薫は同じ頃、神崎中佐の妻子を見て羨ましく思いました。薫は宮城に抱けと詰め寄ります。
宮城の制止にもかかわらず、神崎は軍務局長を暗殺しました。上層部はこの責任を取らせるため、宮城に毒を盛ります。
薫は憲兵隊・島宅に赴き助けを求めました。

【結】- 動乱のあらすじ4

島は宮城を助けます。
青年将校たちの思いは爆発寸前まで高まりました。やむなしと考えた宮城は、第一連隊・宮城大尉、近衛兵・立原中尉たちと、昭和維新を決行します。決行を決めた宮城は初めて薫を抱きました。
昭和十一年二月二十六日早朝。30年ぶりの大雪に見舞われた東京で、連隊1453名、民間人9名が決起しました。
複数の部隊に分かれた連隊は陸相官邸、警視庁、蔵相私邸などを襲います。「二・二六事件」です。
宮城らの思いは上層部に隠蔽され、彼らは反乱軍扱いされました。軍法会議に賭けた宮城ですが裁判は非公開で、宮城は事態の全てを記した手記を刑務官に託します。
宮城は薫と父・広介に面会し、銃殺刑になりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「動乱」の商品はこちら