「北の零年」のネタバレあらすじ結末

北の零年の紹介:2004年制作の日本映画。明治初期の北海道を舞台に、北の大自然の原野開拓に挑んだ人々の波乱の人生をたどる。行定勲監督がメガホンをとり、吉永小百合ら実力派と組んだ作品。

予告動画

北の零年の主な出演者

小松原志乃(吉永小百合)、小松原英明(渡辺謙)、アシリカ〔高津政之〕(豊川悦司)、馬宮伝蔵(柳葉敏郎)、小松原多恵〔大人〕(石原さとみ)小松原多恵〔少女時代〕(大後寿々花)、持田倉蔵(香川照之)、馬宮加代(石田ゆり子)、堀部賀兵衛(石橋蓮司)、川久保栄太(平田満)

北の零年のネタバレあらすじ

【起】- 北の零年のあらすじ1

明治3年、庚午事変が起こりました。当時徳島藩だった淡路・洲本城下で、洲本在住の蜂須賀家臣の武士が、筆頭家老・稲田邦植の別邸や学問所などを襲った事件です。
この騒動により淡路島は、現在でいうところの徳島県から兵庫県に帰属することになりました。
庚午事変の処分で、淡路の稲田家の主と家臣546名は、北海道への移住を言い渡されます。
しかし静内の地を開拓すれば、稲田家の領地となるということで、当初の一同の気持ちは希望に満ちていました。
半月にわたる船旅で北海道・静内へ上陸した先遣部隊は、家老・堀部賀兵衛と家臣・小松原英明を中心に、ひたすら土地を耕し家屋を作ります。 この映画を無料で観る

【承】- 北の零年のあらすじ2

そして残りの家臣と英明の妻・志乃と娘・多恵らも、静内へ到着しました。
当初は希望と理想に満ちた彼らの思いも、北海道の厳しい大自然を前にして、くじけそうになります。
稲を植えても低温でなかなか育たず、冬の寒さは厳しく、馬宮の息子・雄之介は病にかかって亡くなりました。
さらに第二次移住団を乗せた船は難破します。
明治4年、最初の冬を越えた一同の前に、ようやく稲田家の当主である「殿」が到着しました。
しかし殿は、明治政府の廃藩置県によって移住命令が反故(白紙)になったことだけを告げ、そのまま帰国してしまいました。皆は置き去りにされます。
一同は落胆しますが、ほかに行き先はありません。

【転】- 北の零年のあらすじ3

英明たちは髷を落として、政府には頼らず自力で生きる道を決意しました。
北海道でも育つ稲を探しに、英明は妻・志乃と娘・多恵を静内に残して札幌の農園に行きます。そしてそのまま、英明は消息を絶ってしまいました。
英明は静内を見捨てたと思い、皆は志乃と多恵につらくあたります。
そんな彼らを救ったのは、アイヌと行動を共にする謎の男・アシリカでした。アシリカや牧畜指導者エドウィン・ダンらに助けられ、皆は少しずつ北海道での生活に慣れていきます。
…5年後。志乃と多恵は、エドウィン・ダンの助言を受けながら、牧場を経営していました。
しかし家臣たちは、権力を得た元商人・倉蔵のもとで、政府の役人になっていました。 この映画を無料で観る

【結】- 北の零年のあらすじ4

ある日、英明が戻ってきます。英明は5年前に札幌に到着した直後、病に倒れ、親身になってくれた女性と結婚し、三原と名乗っていました。
志乃は、信じ続けた夫が他の女と結婚したことにショックを受けます。
英明は開拓使の役人として、いくさのための馬の徴用にやって来ていました。志乃は牧場の馬を差し出す決意をします。
しかし他の皆は抵抗しました。というのもイナゴで稲が全滅した静内で、さらに馬まで奪われては生きる道がないからです。
アシリカは函館戦争の残党でした。彼の指示で皆は団結して必死で抵抗し、英明は撤退します。
気持ちが一つになった一同は、再び希望を胸に、北海道で生きて行く道を模索し始めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「北の零年」の商品はこちら