「博士の愛した数式」のネタバレあらすじ結末

博士の愛した数式の紹介:2006年公開の日本映画。第1回本屋大賞を受賞した小川洋子の同名小説を映画化。80分しか記憶のもたない数学博士と、家政婦とその息子の心の交流を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

博士の愛した数式の主な出演者

博士(寺尾聰)、杏子〔私〕(深津絵里)、ルート〔10歳〕(齋藤隆成)、先生〔29歳のルート〕(吉岡秀隆)、未亡人(浅丘ルリ子)、家政婦紹介所所長(井川比佐志)、少年野球の監督(頭師佳孝)、家政婦(茅島成美)、能楽師(観世銕之丞)

博士の愛した数式のネタバレあらすじ

【起】- 博士の愛した数式のあらすじ1

ある中学校の新学期のことです。若い数学教師のルートとあだなのついた先生が、なぜ自分がルートと呼ばれるようになったのか、なぜ数学を好きになったのか、なぜ教壇に立つことにしたのか、話し始めました…。
…19年前。
杏子は結婚できない男性を愛して子ども・ルートを生み、一人で育てる若い家政婦でした。若いながら杏子は家政婦歴10年のベテランです。
ある日、杏子は交通事故で記憶が80分しか保てなくなった数学の元大学教授「博士」のところへ派遣されました。
そこは緑豊かな一軒家で、雇い主は母屋に住む、博士の義理の姉である未亡人です。博士は離れに住んでいました。

【承】- 博士の愛した数式のあらすじ2

勤務時間は午前11時から午後7時までで、博士の食事と身の回りの世話をすればよく、博士が起こしたトラブルは離れの中だけで解決すること、母屋と離れを行き来しないことが、未亡人から杏子に言い渡された条件でした。
記憶が80分しか持続しない博士にとって、杏子は常に初対面の相手です。博士のスーツにはいろんなメモが留められていて、博士はそれを見ながら、こぼれ落ちる記憶を補っていました。
ある時ふとした会話から、杏子に息子がいることを知った博士は「家に独りにしておくなんてとんでもない。明日から連れてきなさい」と言います。杏子は翌日から、息子も博士の家に連れて行きました。

【転】- 博士の愛した数式のあらすじ3

息子の頭のてっぺんが平らなのを見て、博士は「ルート(√)」と呼びます。ルートは博士にすぐに打ち解け、慕うようになりました。
野球をするルートは博士が阪神ファンだと知り、自分の野球チームの試合を見に来てくれと頼みます。博士はルートの試合の応援に行きました。
炎天下で観戦したせいか、博士はその夜から熱を出します。杏子はルートを博士の寝室のソファに寝かせ、看病のために泊まり込みました。
しかし宿泊したことが母屋の未亡人に露見し、家政婦紹介所へクレームがつきます。実は事故当時、未亡人と博士は不倫関係にありました。未亡人は杏子に嫉妬したのです。 この映画を無料で観る

【結】- 博士の愛した数式のあらすじ4

杏子は解雇され、他の家に転属になりました。
誤解はすぐに解け、杏子は再び博士の家の家政婦になります。未亡人も杏子とルートに理解を示すようになりました。
ルートの11歳の誕生日、博士は未亡人に頼んで買ってもらったグローブを、ルートにプレゼントします。
ルートと杏子は博士と接することで、少しずつ数字の持つ意味や数学に興味を抱き始めました。これがきっかけで、ルートは数学教師への道を目指したのです。
…現代。
初回の授業を、博士と自分との思い出話に費やしたルートは、「時は流れず、僕は今も博士と一緒に見た夢を追い続けています」と締めくくりました。

みんなの感想

    ぴょんさんの感想

    ちょっと原作とは違うんですね。
     原作通りにしてほしかった。

映画の感想を投稿する

映画「博士の愛した数式」の商品はこちら