「国際市場で逢いましょう」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

国際市場で逢いましょうの紹介:2014年製作の韓国のヒューマンドラマ。日本でもドラマでリメイクされた「マイ・ボス マイ・ヒーロー」の ユン・ジェギュンが監督を務めた。一人の男性の人生を軸に、韓国の1950年代から現代に至る歩みを描いていく。韓国国内では大ヒットとなり、当時の歴代観客動員数第二位を記録した。

予告動画

国際市場で逢いましょうの主な出演者

ドクス(ファン・ジョンミン)、ヨンジャ(キム・ユンジン)、ドクスの父親(チョン・ジニョン)、ドクスの母親(チャン・ヨンナム)

国際市場で逢いましょうのネタバレあらすじ

【起】- 国際市場で逢いましょうのあらすじ1

韓国・釜山の一大繁華街、国際市場。その商店街で「コップンの店」という雑貨屋を営んでいる老夫婦がいます。店の屋上のベンチに座りながら、夫のドクスは妻のヨンジャに少年時代の夢を語り掛けていました。ドクスの夢は船長になること。叶わずじまいに終わった夢に思いをはせながら、二人は目の前に広がる釜山港を静かに眺めていました。

ある日孫娘と散歩に出かけたとき、孫娘はドクスの手を離れてしまいます。その瞬間、ドクスの頭の中につらい過去が鮮明に蘇ってきました。1950年、ドクスたち家族が暮らす興南に中国軍が侵攻し、家族はアメリカ軍の救助を受けようと急いで港へ向かっていました。両親は弟と妹を、長男のドクスはすぐ下の妹マクスンを抱えながら、雪が吹きすさぶ中走っていきます。当初市民を受け入れない姿勢のアメリカ軍でしたが、やがて市民が乗船できるよう武器の搬出を開始。ところが、助かる希望が見えた矢先にドクスはマクスンと離れ離れになってしまいます。ドクスの手に残されたのは、マクスンの服の袖だけ。出航が間近に迫る中、父親はマクスンの捜索のため地上に戻ることを決断。責任を感じ、泣きわめくドクスに父親はあることを約束させます。「今からお前が家長だ、家族を守れ」。父親とマクスンは戻ることはなく、船は出航。それから間もなく、中国軍による侵攻が本格化。破壊される街を前に、人々は泣き崩れていくのでした。

1951年、一家は釜山に暮らす父親の妹夫婦の元に身を寄せていました。妹夫婦はコップンの店という雑貨屋を細々と経営しており、ドクスは父親と妹がここに現れる日が来ることを信じていました。ドクスはアカ野郎と心無い差別に耐えながら日々を過ごしていましたが、1953年の停戦分断で二度と故郷に戻れないことを知り、この地で家族のために家長の義務を果たすことを決意します。それから10年後、ドクスは国家試験の勉強をしつつ肉体労働に精を出していました。そんな中、優秀な弟がソウル大に合格。ドクスは弟の学業のためにさらなる収入を得ようと、西ドイツで働く鉱員への応募を決意します。

【承】- 国際市場で逢いましょうのあらすじ2

厳しい試験を乗り越え、ドクスは1963年に渡独。死と隣り合わせの環境に置かれながらも、ドクスは過酷な労働に全力で取り組んでいきます。渡独から二年、ドクスが休日のサイクリングを楽しんでいると、悲しげに歌を口ずさむ韓国人女性を見かけます。その姿に見とれ、ドクスは自転車事故に遭ってしまい、その女性から治療を受けることに。女性の名前はヨンジャ、ドイツで看護を学んでいるといいます。この出来事がきっかけで、二人は徐々に距離を縮めていきました。

そんなある日、ドクスがヨンジャのために懐かしい韓国料理をふるまうと、ヨンジャは初めて出会ったとき悲しい歌を歌っていた理由を打ち明けてきました。ヨンジャは日々患者の死体を目の当たりにし、看護を学ぶつらさを抱えていたというのです。それに対してドクスは、二人三脚で行こうとヨンジャを励ますのでした。

そんな幸せな日々が続く中、ドクスが働く鉱山でガス漏れが発生し、大規模な爆発事故にまで発展。仲間を助けようとしたドクスは、そのまま生き埋めになってしまいます。気を失ったドクスは、夢の中で父親にこれまでの家族の歩みを報告していました。それと同時に、ドクスの中ではある強い願いが生まれていました。それはヨンジャとの再会を果たすこと。ドクスにとってヨンジャは家族と同じくらいかけがえのない存在になっていました。

しかし、鉱山会社はドクスたちを残したまま鉱山を閉鎖することを決定、鉱山仲間たちの猛反発も抑え込まれていました。そこに、事故のニュースを聞いてヨンジャが駆けつけてきました。涙を流しながら会社の上層部にドクスたちの救助を懇願するヨンジャ。その姿に心打たれ、鉱山仲間たちは強行突破しドクス救出へと向かうのでした。

【転】- 国際市場で逢いましょうのあらすじ3

ドクスは救出され、ヨンジャは搬送されるドクスの手をしっかりと握っていました。ヨンジャの懸命な看病で回復していくドクスでしたが、ビザの期限切れが近づいていました。ドクスはヨンジャに一緒に帰国しようと伝えますが、ヨンジャはドクスへの思いを抑えその誘いを断ります。ドクスは1966年に帰国、家族はドクスの仕送りで幸せな日々を送っていました。コップンの店を手伝い始めていたある日、突然ドクスはヨンジャの訪問を受けます。帰国前日、ヨンジャは気持ちが抑えられずドクスに迫り情事に及んでいましたが、その結果妊娠し帰国することになったといいます。ドクスはヨンジャとの再会と妊娠の知らせを心から喜び、二人は結婚。質素ながらも結婚式を挙げ、かわいい子供にも恵まれ、ドクスは幸せのただ中にいました。さらに、念願の海洋大学にも合格、自分の夢を追いたいと考え始めていました。

ところが、その矢先に叔母がなくなり、叔父がコップンの店を売ろうとしていました。コップンの店を父親との待ち合わせ場所と考えていたドクスは、進学を諦めコップンの店を買い取ることを決断。そして、技術兵としてベトナム戦争に参加し、家計を支えようと考えていました。このドクスの考えにヨンジャは猛反対。自己犠牲ばかりの人生を終わらせてほしいとヨンジャはドクスに望んでいたのです。結局、ヨンジャの反対を押し切りドクスは1974年にベトナムへ。技術兵は危険な任務は少ないと言ってヨンジャを説得したドクスでしたが、任務で訪れたアメリカ軍の駐屯地で爆破テロに巻き込まれてしまいます。この爆発で多数の死傷者が出て、その中にはドクスがチョコレートをプレゼントした幼い少年も含まれていました。ドクスは重傷には至らなかったものの、大きな衝撃を心に受けていました。あの少年に幼い頃の自分を重ね合わせていたのです。「つらい時代に生まれこの苦しみを味わったのが、子供たちじゃなく僕たちで本当によかった」。ベトナムでの惨状で朝鮮戦争の悲劇を思い出したドクスは、ヨンジャへの手紙にそう綴るのでした。

【結】- 国際市場で逢いましょうのあらすじ4

ドクスたちは危険な任務への帯同を命じられ、密林をさまよっていました。そこに海兵隊が現れ、戦争が終わりに近づいていることを知らされます。ドクスたちは海兵隊とともに撤退することとなりますが、海兵隊の中に人気歌手のナム・ジンがいるのを見つけ、非常事態ながらもドクスは胸を高鳴らせていました。撤退途中でドクスたちは小さな村に立ち寄ります。その村はすでに男子が徴兵尽くされ、残された女子供はベトコンの襲来に怯えていました。海兵隊は船から武器を下し、村人を乗せることを決めますが、その最中ベトコンが襲撃を仕掛けてきました。ドクスは兄とはぐれ溺れた女の子を助けるため、銃弾が飛び交う中川へ飛び込みます。その中でドクスは足を負傷してしまいますが、ナム・ジンの助けで救出。再会を果たした幼い兄妹とともにドクスたちは戦地から離脱していくのでした。

帰国し、再びヨンジャたち家族と幸せな時間を過ごすドクスでしたが、父親と妹との再会はまだ諦めてはいませんでした。1983年、ドクスはテレビ局主催の朝鮮戦争離散家族を捜索する企画に参加。妹マクスンの袖の切れ端を手に、ドクスは父親とマクスンの手掛かりを探しますが、一向に二人は見つかりません。そんな中、マクスンと思しきアメリカ在住の韓国人女性が名乗りを上げました。早速女性とのテレビ中継に臨むドクス。女性はすでに韓国語を忘れ英語を話していましたが、その言葉からは次々とマクスンの特徴が語られていきました。ホクロの位置、袖が破けた服、そして兄に「手を離すな」と言われたこと…ドクスは女性をマクスンと確信します。ドクス、マクスン、そしてテレビの前で中継を見守っていた家族は、大声を上げて喜びの涙を流していました。それからほどなく、マクスンはドクスたちと再会。その翌年、母親は息を引き取りました。

物語の舞台は現代へ。母親の法事のために大勢の家族が訪れ、ドクスたちの自宅はにぎわいを見せていました。ドクスは一人その場から去り、自室で父の遺影に語り掛けていました。「頑張ったろ」。約束を果たしたことをドクスは誇らしげに報告していました。しかし、部屋の鏡の中では幼い少年ドクスが泣きじゃくっていました。そこに父親が現れ、そんなドクスを抱きしめ褒め称えていました。鏡の外では老人ドクスも父親の忘れ形見のコートを抱きしめながら涙を流していました。その隣では相変わらず家族が騒がしく会話を楽しんでいました。

その翌朝、店の屋上のベンチに座りながら、ドクスはヨンジャに少年時代の夢を語り掛けていました。それに対して、ヨンジャも「素敵な人と結婚すること」と幼い頃の夢を打ち明け、二人は照れ隠ししながらも互いへの思いを再確認していきます。そして、ドクスは店をたたむ決意をヨンジャに告げます。コップンの店は再開発業者から立ち退きを求められており、その要請をドクスはこれまで拒否し続けていました。しかし、昨夜の出来事を機に考えを改めていたのです。「もう来られんだろう」。ドクスは父親との再会が叶わないことを受け入れていました。ヨンジャはそんなドクスの手を静かに握ります。二人の目の前には、澄んだ青空の下、釜山港がいつもと変わらぬ賑わいを見せていました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

心が強く動かされる美しい作品です。幼くして家長として生きることを決意する主人公の精神的なタフさを見せつけられますが、それによりラストの父親の幻を前に弱さを見せる姿に深い感動を与えています。人間描写が丁寧であるだけでなく、戦争の惨状や復興の様子もシビアに描いていることも物語の説得力の一つです。韓国がどんな時代を生き抜いてきたのか、韓国人以外の人々にも明瞭に伝わってくると思います。人間ドラマとしてだけでなく、韓国の近現代の教科書としても非常に秀れた作品です。

映画の感想を投稿する

映画「国際市場で逢いましょう」の商品はこちら