「天国からのエール」のネタバレあらすじ結末

天国からのエールの紹介:2011年公開の日本映画。沖縄で小さな弁当屋を営む傍らで無料音楽スタジオ「あじさい音楽村」を設立し、ミュージシャン志望の高校生たちを応援した故・仲宗根陽の実話を映画化した作品。

予告動画

天国からのエールの主な出演者

大城陽(阿部寛)、大城美智子(ミムラ)、比嘉アヤ(桜庭ななみ)、真喜志ユウヤ(矢野聖人)、伊野波カイ(森崎ウィン)、仲村キヨシ(野村周平)、大城千代(吉田妙子)、大城あかり(謝敷玲来)、赤嶺清順(田辺啓太)、ミキ(ヒガリノ)

天国からのエールのネタバレあらすじ

【起】- 天国からのエールのあらすじ1

大城陽は、沖縄の田舎町・本部町で小さなお弁当屋さん「あじさい弁当」を営んでいました。
あじさい弁当は安さやサービスの良さもあって、そこそこ繁盛していました。大城自身が配達に出向いたり、高校が近くにあることも手伝い、作った弁当は飛ぶように売れます。
大城にはよく尽くしてくれる働き者の妻・美智子と娘・あかりがいて幸せな暮らしをしていました。しかし大城自身は打ち込めるものがなく、少しだけ空疎な気持ちを抱えています。
ある時大城は弁当をよく買いにくる高校生たちのメンバーから、放課後にバンド練習をする場所がないことを聞きました。そこで大城は弁当屋のガレージを作り変え、スタジオにすることにします。

【承】- 天国からのエールのあらすじ2

母・千代に借金をして資材を購入し、ひとりで作り始めた大城を見て、高校生たちも自主的に手伝いました。防音資材に卵パックを使うなど工夫を凝らし、とうとうスタジオが完成します。
完成したスタジオを大城は無償で解放する代わりに、条件をつけます。それは「あじさい十ヶ条」としてスタジオ内に貼り出されました。
あじさい十ヶ条は「あいさつをしましょう」「赤点は絶対ダメです」「人の痛みのわかる人間になれ」など基本的なことです。
高校生たちは自分たちに本気で向き合って叱ってくれる大城のことを、「ニイニイ」と呼んで慕いました。
バンドメンバーの中にはプロを目指す者もいました。

【転】- 天国からのエールのあらすじ3

アヤ、カイ、キヨシの3人メンバーです。アヤたちは作詞作曲も自分たちで手がけ必死で取り組んでいました。大城は彼らのために必死になります。
本当はバンドを羨んでいたユウヤが、大城の仲介でアヤたちのメンバーに入ります。ユウヤが加わることでアヤたちも触発されました。アヤたちはバンド名を「HI-DRANGEA(あじさい)」にします。
大城はアヤたちのデモテープをラジオ局に持ち込んで、流してくれるよう頼みました。ラジオで曲が流れたのをきっかけに、アヤたちのバンドは一気に有名になります。
しかし同じ頃、大城は腹部の痛みに悩まされて病院に駆け込みました。そして腎臓がんの再発と聞かされます。

【結】- 天国からのエールのあらすじ4

大城は3年前に東京で腎臓がんの手術をしましたが再発したのです。大城はアヤたちに「自分も頑張るからお前たちも頑張れ」と言い入院します。
大城にはプロを目指して上京した親友がいました。親友はこれからという時にバイク事故で亡くなりました。大城はアヤたちに夢を諦めてほしくなかったのです。
アヤたちは沖縄で開かれる大会「しまかじロックフェス」に向け猛特訓しました。それを見守りながら、大城はこの世を去ります。
ロックフェスの日、アヤたちはニイニイとの思い出を噛みしめて演奏しました。
…(後日談)あじさい弁当には今日も高校生が集まっています。壁にはプロになった「HI-DRANGEA」のポスターがありました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「天国からのエール」の商品はこちら