「天国の駅 HEAVEN STATION」のネタバレあらすじ結末

天国の駅 HEAVEN STATIONの紹介:1984年公開の日本映画。二人の夫を殺し、戦後初の女性死刑執行者となった女の半生を描いた作品。

予告動画

天国の駅 HEAVEN STATIONの主な出演者

林葉かよ(吉永小百合)、田川一雄(西田敏行)、橋本浩一(三浦友和)、幸子(真行寺君枝)、福見辰江(白石加代子)、はる子(山本緑)、運転手・佐々木(高月忠)、林葉栄三(中村嘉葎雄)、福見康治(津川雅彦)、五十沢刑事(丹波哲郎)

天国の駅 HEAVEN STATIONのネタバレあらすじ

【起】- 天国の駅 HEAVEN STATIONのあらすじ1

昭和45年6月11日。東京小管拘置所内の処刑場で、口紅をさした女が天国への階段を上っていきました。女性は林葉かよといい、47歳の生涯でした。
……昭和30年、春。
32歳のかよは、結城つむぎの職人として腕が立つ美人でした。
かよの夫・栄三は傷痍軍人(戦争で怪我を負った人)で、下半身まひの障害者です。
かよと栄三は出征前に結婚したものの、初夜を迎えないまま栄三は戦争に出たため、かよと栄三に体の関係はないままです。そのためか、栄三はかよにつらく当たりました。
かよに惹かれた巡査・橋本は親切にし、やがて橋本とかよは肉体関係になります。かよの浮気を知った栄三は拷問を加え、かよは夫を毒殺しました。

【承】- 天国の駅 HEAVEN STATIONのあらすじ2

警察は毒殺だと気づかず、脳内出血による死亡と診断します。五十沢刑事だけは、かよを疑っていました。
橋本は人妻・かよと関係を持ったことが警察にばれ、居づらくなって警察を辞めました。橋本はかよの援助で東京に出て、大学に通います。
ある日、橋本は幸子という女性を連れて帰り、かよは橋本から「姉さん」と呼ばれます。橋本は幸子と偽装結婚するのだと言いますが、幸子とかよの2人ともが、橋本にだまされたと気づき、手切れ金を渡して縁を切りました。
そのまま幸子とかよは仲良くなり、錦谷温泉郷で幸子は芸者として、かよは土産物屋を開き、姉妹のように暮らします。結城の頃からかよ一筋の知的障害者・一雄も、温泉郷に来ました。

【転】- 天国の駅 HEAVEN STATIONのあらすじ3

かよに惹かれた温泉郷の大和閣の主人・康治は、何とかかよの気を引きます。かよと幸子の消息を知って訪れた橋本に大金を渡し、康治は追い払いました。
精神を病んだ妻・辰江が邪魔になった康治は、一雄に辰江を殺させました。かよに危険が降りかかると聞かされた一雄は、それを鵜呑みにして辰江に手をかけたのです。
こうして妻を亡くした康治は、かよに言い寄って結婚しました。幸子も芸者を辞めて大和閣で暮らします。
そこへ再び橋本が、金をせびりにやってきました。橋本への憎悪を抑えきれなくなった幸子は、橋本を殺す決意をしますが、逆に幸子が橋本に列車から突き落とされて死にます。
妹同然の幸子が殺され、かよは橋本を憎みます。

【結】- 天国の駅 HEAVEN STATIONのあらすじ4

かよは橋本に復讐しようと決意します。しかし過去に恋人同士だった橋本とかよが会うことに嫉妬し、康治は反対しました。
橋本に復讐できないかよは苦しみ、康治に栄三殺しの過去を話した後、抜け殻のようになります。
その頃、康治は一雄の存在が邪魔になっていました。知的障害のある一雄が、康治の先妻・辰江を殺したことを洩らしそうだからです。
康治は一雄を殺そうとしましたが、一雄をかばったかよは康治を殺します。自分を最も愛してくれているのは一雄だと、かよはやっと気付いたのでした。
一雄とかよは死ぬ覚悟を決めて逃避行に出ますが、五十沢刑事が率いる警官隊が駅で待ちかまえており、かよは逮捕されました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「天国の駅 HEAVEN STATION」の商品はこちら