「太平洋ひとりぼっち」のネタバレあらすじ結末

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年公開の日本映画。海洋冒険家の堀江謙一が出版した手記を映画化した、石原プロモーションの映画製作第一回作品である。当時設立間もない円谷プロが特撮を手掛けたことでも有名である。

太平洋ひとりぼっちの主な出演者

青年(石原裕次郎)、青年の妹(浅丘ルリ子)、青年の父(森雅之)、青年の母(田中絹代)、造船所の主人(大坂志郎)、造船所の船大工(芦屋雁之助)、青年の先輩A(ハナ肇)、青年の先輩B(神山勝)、渡航課の職員(草薙幸二郎)

太平洋ひとりぼっちのネタバレあらすじ

【起】- 太平洋ひとりぼっちのあらすじ1

(映画本編では一度も名前を呼ばれませんが、「青年」とは堀江謙一をモデルとした男だと思われます)
1962年5月12日の深夜。西宮港で、ふたりの親友に見送られながら、青年はヨットでこっそりと船出します。
当時はヨットで外洋に出ることは法律で禁止されていました。いわば密出国にあたります。だから「こっそりと」船出したのでした。
22歳の青年のヨットは「マーメイド号(MERMAID)」と名付けられ、長さ5.8m、幅2mの小さな船でした。

【承】- 太平洋ひとりぼっちのあらすじ2

青年は「ヨットはあくまで風を切って走るもの」というこだわりを持ち、エンジンを搭載しませんでした。風のみを動力としたため、出発後、実に39時間も大阪湾内でヨットは停止したままでした。
それでもなんとか風が吹き始め、北風に乗ったヨットは大阪湾を出ます。
外洋に出た途端に、海が荒れ、青年はヨットの中で揺られました。食べ物を口にしても船酔いですぐに吐いてしまいます。ヨットは風に翻弄され、青年は大変な目に遭いました。
しかし海が荒れていたおかげで、巡視艇に見つかることなく旅を続けることができます。

【転】- 太平洋ひとりぼっちのあらすじ3

次々に襲ってくる悪天候、じりじりと消耗する体力。なによりも青年を苦しめたのは、孤独との戦いでした。青年はもう1人の自分を作って会話することで乗り切ります。
やっと待望の太平洋に出ると、今度は青年のヨットを台風3号が襲います。
大きな波にヨットは振り回され、青年は苦しい戦いを強いられました。なんとか錨を操作することで切り抜けられます。
大量の食糧を積み込んでいましたが、青年は水不足に悩まされます。仕方なく青年は、ビールでご飯を炊くはめになりました。

【結】- 太平洋ひとりぼっちのあらすじ4

ヨットでの生活に慣れ、ヨットがハワイに到達した頃に、青年のヨットは貨物船と出会います。貨物船の船員にパスポートを提示するよう要求され、青年は慌てて逃げました。
しばらくすると、海の色が緑になります。青年がめざす目的地、サンフランシスコは目の前でした。
サンフランシスコの夜景を目にした青年は、思わず「お母ちゃん、僕、来たんやで」と大声で叫びました。
約3か月かけてヨット「マーメイド号(MERMAID)」による太平洋単独横断を成功させた瞬間でした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「太平洋ひとりぼっち」の商品はこちら