「嫌われ松子の一生」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

嫌われ松子の一生の紹介:2006年公開の日本映画。山田宗樹の同名の小説を原作とする。ひとりの女性の波乱万丈の人生を描いたベストセラー小説を、『下妻物語』の中島哲也監督が、中谷美紀を主演に据えて映画化した。

予告動画

嫌われ松子の一生の主な出演者

川尻松子(中谷美紀)、川尻松子〔少女時代〕(奥ノ矢佳奈)、川尻笙(瑛太)、龍洋一(伊勢谷友介)、川尻紀夫(香川照之)、川尻久美(市川実日子)、沢村めぐみ(黒沢あすか)、渡辺明日香(柴咲コウ)、八女川徹也(宮藤官九郎)、岡野健夫(劇団ひとり)、川尻恒造(柄本明)

嫌われ松子の一生のネタバレあらすじ

【起】- 嫌われ松子の一生のあらすじ1

松子は53歳で他殺死体となって発見されます。松子の部屋の整理に訪れた甥の笙は、今まで知らされていなかった伯母・松子の半生をたどっていきました。松子は福岡で育ち、中学教師となります。しかし教え子・龍の現金窃盗事件を隠したことで辞職に追い込まれ、それ以後どんどん身を落としていきます。家を出た松子は小説家希望の八女川を愛し同棲していましたが、八女川は自分の才能のなさに幻滅し、松子の目の前で電車に轢かれて亡くなります。自殺でした。そのあと八女川の友人・岡野と松子は恋愛関係になりますが、岡野は妻子のある身で、松子は遊ばれて捨てられます。

【承】- 嫌われ松子の一生のあらすじ2

中州の特殊浴場のサービス嬢(ソープ嬢)となった松子は、努力して店のトップになりました。しかし風俗業界のスタイルが変わり、松子も中州から雄琴の店へ移ります。雄琴で同棲した男の浮気を知った松子は、諍いとなって男を刺殺しました。八女川が話していた太宰が心中した場所・玉川上水で松子は自殺しようと思いますが、現代の玉川上水は浅く実行は不可能に思えます。そこで知り合った理髪店店主・島津に優しくされ、松子はつかの間の幸福な暮らしを送りました。しかし捜査の手がのび、松子は警察に逮捕されます。島津は松子に「待つ」と言いました。

【転】- 嫌われ松子の一生のあらすじ3

8年間の服役生活で、松子は島津の手助けになるべく理容師の資格を取ります。出所した松子はその足で島津の店に行きますが、島津は既に家庭を持っていました。失恋した松子を慰めたのは、同じ囚人仲間だっためぐみです。ストリッパーからAV女優と転身しためぐみは結婚して逞しく生きており、松子とめぐみは友情をはぐくみました。そんなころ松子は、やくざになった元教え子・龍と再会します。龍は中学時代から教師の松子のことがずっと好きだったと打ち明けました。松子はその純粋な愛が嬉しくてたまりませんでした。

【結】- 嫌われ松子の一生のあらすじ4

やっと幸せな暮らしが望めそうな矢先、龍が逮捕されてしまいます。また独りの生活に戻った松子は、アパートに閉じこもってアイドルを追いかける生活をしました。部屋の中でアイドルをテレビで見ながらインスタントフードを食べる生活で太った松子に、めぐみが職を紹介しようと名刺を渡します。一度は公園で名刺を捨てたものの働こうと思い直し、捨てた名刺を探していた松子は、公園で不良中学生たちにいたずら半分で撲殺されました。しかし松子の心は遥か昔の故郷時代へとさかのぼり、妹や父の笑顔を思い浮かべて、松子は幸せだったのでした。

みんなの感想

ライターの感想

エリート女性の悲劇的な転落人生を描いておりますが、鮮やかな色調の映像とポップで軽快な音楽、コミカルでテンポ良いストーリー展開にこれまでにない面白さを感じます。
劇中で放送されているテレビドラマにも有名俳優がキャスティングされるなど、至る所に豪華有名人が出演しており、些細なシーンでも目が離せません。
この作品は、昼は高学歴のエリートOL、夜は娼婦と全く別の顔を持っていた女性が殺害され、未だ解決していない「東電OL殺人事件」の被害者がモデルと言われております。
  • 玲の雫さんの感想

    最悪なエンタメ作品。
    配役を決定される方々と御縁は
    ないのに 批評的被害を被ります。
    批評だけならまだしも、
    現実 実社会での被害に拡大
    しました。この作品意外は
    過去作品でも影響はありましたが。

映画の感想を投稿する

映画「嫌われ松子の一生」の商品はこちら

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]