「学校(1993年)」のネタバレあらすじ結末

学校(1993年)の紹介:1993年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第1弾。東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇を持つ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。

この映画を無料で観る

予告動画

学校(1993年)の主な出演者

黒井先生(西田敏行)、田島先生(竹下景子)、カズ(萩原聖人)、えり子(中江有里)、オモニ(新屋英子)、張(翁華栄)、修(神戸浩)、みどり(裕木奈江)、えり子の父(大和田伸也)、えり子の母(浅利香津代)、イノさんの叔母さん(園佳也子)、校長(すまけい)、イノさん(田中邦衛)

学校(1993年)のネタバレあらすじ

【起】- 学校(1993年)のあらすじ1

東京の下町の一角にある夜間中学の教師・黒井は、ある日校長に呼び出され「そろそろ異動を」と勧められます。
黒井は「私は夜間に根を生やして『古狸』と呼ばれたいんです」と言って、異動を断りました。
黒井のクラスには、さまざまな事情を持つ生徒が集まっていました。
働きながら夜間に通うカズ、中学校を不登校になったえり子、不良のみどり、日本の社会になかなか馴染めない中国人青年の張(チャン)、焼肉屋を経営する少女・オモニ、脳性麻痺で言葉の不自由な修、そして長年の肉体労働で身体を酷使した競馬好きのイノさん…。 この映画を無料で観る

【承】- 学校(1993年)のあらすじ2

イノさんは現在、体調不良で故郷・山形に帰って療養中です。
卒業式も近付いたある日、黒井は卒業文集を作るため、作文の授業をしました。
原稿用紙を前にして、みなそれぞれの思いを綴ります。
給食の時間、イノさんの訃報が一同に届きました。みんなショックを受けます。
給食のあとのホームルームの時間に、黒井はイノさんの思い出を語り始めました。
イノさんは苦労して育ったため、50歳まで読み書きの勉強ができませんでした。
困ったイノさんは医者に相談をし、そこで夜間中学の存在を知って通い始めたのです。

【転】- 学校(1993年)のあらすじ3

イノさんの目標は読み書きができるようになることで、もしそれが可能になったら、自動車免許を取ろうと思っていました。
学校に通い始めたイノさんは、女性教師・田島を好きになって必死になってラブレターを書きますが、失恋します。
失恋した夜、イノさんと黒井は呑みに行きました。
その翌日に、イノさんは体調不良で入院したのです…。
結局、山形からイノさんが戻ってくることはありませんでした。
夜間中学のクラスで、「人間の幸福とは何か」という議題に発展します。

【結】- 学校(1993年)のあらすじ4

「金だ」と断言する修をはじめ、みんなそれぞれ自分にとっての幸福について語り始めました。
その様子を見て、黒井自身は生徒と先生が必死に語り合う、これこそが真の授業で、教師にとっての真の幸福だと感じます。
えり子の番になりました。
えり子は、黒井の思いにこたえるかのように「自分も夜間学校の先生になる。そしてこの場所に戻ってくる」と宣言します。
夜も更け、外では雪が降り始めていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「学校(1993年)」の商品はこちら