「居酒屋兆治」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

居酒屋兆治の紹介:1983年公開の日本映画。山口瞳の小説『居酒屋兆治』を原作とした作品。函館を舞台に、小さな居酒屋を営む男とその初恋の女性、男の妻それぞれの思いや、居酒屋につどう客たちの生きざまを描く。

居酒屋兆治の主な出演者

藤野伝吉〔兆治〕(高倉健)、藤野茂子(加藤登紀子)、神谷さよ(大原麗子)、岩下義治(田中邦衛)、峰子(ちあきなおみ)、河原(伊丹十三)、神谷久太郎(左とん平)、吉野耕造(佐藤慶)、越智(平田満)、堀江(池部良)、秋本(小松政夫)、相場先生(大滝秀治)、小関警部(小林稔侍)

居酒屋兆治のネタバレあらすじ

【起】- 居酒屋兆治のあらすじ1

藤野伝吉は函館の街外れで、小さな居酒屋「兆治」を妻・茂子と共に営んでいました。店主である伝吉は、もっぱら店の名前の兆治と呼ばれています。
かつて造船所で働いていた兆治は、オイルショックの際に同僚社員の首切り役を命ぜられたことに反発し、会社を辞めて店を開きました。
兆治は無口で無骨な男ですが気持ちはまっすぐで、そのことを店の馴染み客はよく知っており、店は繁盛しています。
馴染み客には幼馴染みの岩下や、会社時代の同僚・有田、有田の部下・越智、酒癖の悪いタクシー会社社長・河原などがいました。

【承】- 居酒屋兆治のあらすじ2

「兆治」の店の向かいには小料理屋「若草」があり、こちらも店主・峰子がカラオケで客を集めて繁盛しています。
兆治の初恋の女性はさよという年下の女性で、兆治はさよと思い合っていました。しかしある時さよに、牧場主・神谷との縁談が持ち上がり、さよの幸福を願った兆治は身を引きます。
さよは神谷と結婚した後も兆治が忘れられませんでした。
ある夜、さよの不注意で神谷の牧場が火事に遭います。さよはそのまま逃亡しました。
その事件の話題も下火になった頃、兆治の背に「あんたが悪いのよ」という声がかかります。さよの声でした。

【転】- 居酒屋兆治のあらすじ3

常連客の秋本の妻が扇風機の風に当たりすぎて死にました。酔って秋本を責める河原に我慢できず殴った兆治は、警察に拘留され取り調べを受けます。
しかし取り調べの内容は河原を殴ったことではなく、主にさよのことでした。
警察は、兆治とさよの関係に目をつけて、神谷牧場の火事は、兆治とさよの共謀による放火事件ではないかと疑っていたのです。さよはまだ行方不明のままでした。
やっと釈放された兆治を、妻・茂子と幼馴染み・岩下が迎えます。
そんな折、若草の店主・峰子が「さよをススキノで見かけたという男がいる」と言いました。
兆治は昔のさよの写真を引き伸ばし、ススキノの繁華街を聞きこみに回ります。

【結】- 居酒屋兆治のあらすじ4

そこで兆治は有田の部下・越智と偶然出会い、さよが現在はサリーと名乗るホステスをしていることを知りました。
越智はサリーに夢中になり、結婚を申し込んでいます。
さよの部屋を訪ねた兆治は、瀕死のさよを見つけました。さよは酒がたたり、食道動脈瘤の破裂を起こしていました。さよはそのまま兆治の胸の中で息を引き取ります。
兆治は警察に、さよが見つかったことを告げました。
さよの葬儀が営まれます。葬儀は青年団により、明るく陽気にとりおこなわれました。
失意に暮れる兆治を、妻の茂子はやさしくフォローします。
その夜、兆治は明かりを消した居酒屋でさよとのツーショット写真を燃やしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「居酒屋兆治」の商品はこちら