「川の底からこんにちは」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

川の底からこんにちはの紹介:妥協した生活を送るOLが、実家のしじみ工場を継いだことをきっかけに人生に立ち向かっていく姿を描くヒューマンドラマ。第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門招待作品。

この映画を無料で観る

予告動画

川の底からこんにちはの主な出演者

木村佐和子(満島ひかり)、新井健一(遠藤雅)、新井加代子(相原綺羅)、木村忠男(志賀廣太郎)、木村信夫(岩松了)、遠藤進(菅間勇)

川の底からこんにちはのネタバレあらすじ

【起】- 川の底からこんにちはのあらすじ1

上京して5年目のOL、木村佐和子は、自分の人生を「中の下」と称し、先の見えない日常と折り合いをつけながら過ごしていました。
佐和子は、職場の上司である新井健一と付き合っています。バツイチで、一人娘の加代子がいる健一は頼りない男ですが、これまで運悪く男に捨てられ続けた佐和子は、不満に感じることはありませんでした。

【承】- 川の底からこんにちはのあらすじ2

ある日、佐和子は健一と加代子の3人で動物園を訪れます。そこで健一は、突然佐和子にプロポーズをします。
ちょうどそのとき、佐和子の叔父の信夫から、佐和子の父である忠男が入院したとの電話が入ります。一人娘である佐和子は、実家のしじみ工場を継ぐように迫られますが、決心がつきませんでした。しかし健一は佐和子に相談もなく会社を辞め、佐和子の故郷で工場を一緒に継ぎたいと言い出します。事態に納得のいかない佐和子でしたが、健一と加代子を連れて、5年ぶりに実家に帰ることにしました。

【転】- 川の底からこんにちはのあらすじ3

しじみ工場の従業員のおばちゃんたちは、高校卒業後男と駆け落ちして家を飛び出した佐和子を白眼視しており、陰湿な仕打ちを繰り返します。経理の遠藤以外やる気が感じられない工場の経営は、悪化の一途をたどっていました。
そんな折、健一は佐和子の幼なじみである友美と浮気をして、加代子を置いて突然家を出て行きます。健一の件で色々なことが吹っ切れた佐和子は、ある朝工場に乗り込み、おばちゃんたちに胸の内をぶちまけます。するとおばちゃんたちも、男で失敗した自身の経験を打ち明け始めるのでした。 この映画を無料で観る

【結】- 川の底からこんにちはのあらすじ4

佐和子はおばちゃんたちと意気投合することができ、工場の経営再建を目指します。それまでずっと心を閉ざしていた加代子も、佐和子を慕うようになります。
佐和子はしじみ工場の新しい社歌を作り、毎朝歌うようになります。火の付いた従業員の働きぶりは目に見えて変化し、しじみの売り上げもどんどん上がっていきます。そんなとき、床に伏せていた忠男が亡くなり、告別式の後、東京に逃げていた健一も佐和子の元に戻って来たのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「川の底からこんにちは」の商品はこちら