「幸せのちから」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

幸せのちからの紹介:ウィル・スミスとジェイデン・スミスの父子共演で話題となった2006年製作のアメリカ映画。実話に基づいた作品で、しがないセールスマンが息子の幸せのために奮闘し、やがて成功へのチャンスを獲得する物語。

この映画を無料で観る

予告動画

幸せのちからの主な出演者

クリス・ガードナー(ウィル・スミス)、クリストファー(ジェイデン・スミス)、リンダ(サンディ・ニュートン)

幸せのちからのネタバレあらすじ

【起】- 幸せのちからのあらすじ1

舞台は1981年のサンフランシスコです。クリス・ガードナーは骨密度計測器のセールスマン。工場で働く妻のリンダとともに息子のクリストファーを養っていましたが、その生活には限界が近づいていました。クリスの計測器はまったく売れず、リンダは長時間勤務による過労に苦しんでいました。家賃、税金はもちろん、クリストファーの保育所の支払いもままならず、家庭内の雰囲気は険悪でした。

そんなとき、クリスは株の仲買人という職業を知り、興味を抱きます。リンダに呆れながらも、クリスは証券会社が主催する仲買人養成プログラムの願書を作成、証券会社の人材育成担当のトゥイッスルに直接手渡します。

それから一か月、何の音沙汰もないことに焦ったクリスはトゥイッスルが外出するところを直撃、一緒にタクシーに乗り込んでしまいました。 この映画を無料で観る

【承】- 幸せのちからのあらすじ2

タクシー車内でクリスはトゥイッスルの気を引くことに成功しますが、トゥイッスルは料金を支払わないまま下車。持ち合わせのないクリスはタクシーから逃走、その途中、計測器を落としてしまいます。加えて、クリスはリンダとの約束の時間に遅れることに。この出来事がきっかけでリンダは家を出てしまいます。

そんなクリスの元に養成プログラムの面接が決定したという朗報が届きます。息子の幸せのためにクリスは再起を誓いますが、面接前日、数日前に起こした駐車禁止の罰金が払えないことから、警察に捕まってしまいます。そして、面接当日の朝まで署内に泊まり込む羽目に。

リンダにクリストファーの面倒を頼み、クリスは釈放後すぐ面接会場へ。警察に捕まる直前まで塗装作業をしていたため、クリスは汚れがついた服装で面接に臨むことになりました。そのいで立ちに面接官は絶句していましたが、クリスはユーモアをまじえた回答で好印象を与え、見事合格を勝ち取ります。

【転】- 幸せのちからのあらすじ3

合格したものの、クリスは研修中無給であること、またプログラム履修後の難関テストに合格しなければ仲売人になれないことに不安を感じていました。しかし、涙ながらに息子を自分に託すリンダの姿を見て、クリスは腹をくくることに決めました。クリスはセールスと研修を両立させ、息子のそばに可能な限りいるようにしました。

研修は座学が終わり、いよいよ実践へ。その中でクリスは年金基金CEOであるリボン氏に接触します。クリスは持ち前のセールストークでリボン氏の信用を勝ち取り、家族ぐるみでアメフト観戦する仲にまで発展します。肝心の資産運用については良い返事がもらえなかったものの、業務を無駄なく進めたクリスは実績を少しずつ積み重ね、計測器もすべて売り上げることに成功します。

ところが、ある日全財産が21ドルという大苦境に陥ってしまいます。滞納した税金分として、政府がクリスの口座からお金を取り上げてしまったのです。不幸中の幸いで、クリスはかつて紛失した計測器を偶然見つけますが、機器は故障していました。また、家賃滞納で家から追い出されてしまいます。

【結】- 幸せのちからのあらすじ4

クリスたちは教会が提供する住宅や食事を受けながら、なんとか日々を暮らさなければならなくなりました。クリスはクリストファーにつらい思いをさせてしまっていることに情けなさを感じつつも、来るべき試験に向けた勉強にも集中していました。筆記試験は時間内に完了し、残すはあと数日間の実際の業務での評価です。クリスはアメフト観戦をした仲間たちのつてでこつこつと商談を成功させていましたが、確実な自信は持てませんでした。それと並行して、クリスは金を工面し計測器の補修部品を購入、修理された計測器は無事販売することができました。

そこで得たお金で、クリスたちは一晩ホテルに泊まります。それは、父子だけの時間を作るためでした。ビーチでゆったりと過ごす時間に、クリスは忘我のような感覚を覚えていました。

そして、合格発表日、クリスは面接官から「明日は君の初日だ」と合格を告げられます。目を真っ赤にしながら保育園へとクリスは向かいます。そして、これまでずっと苦労をかけてきたクリストファーを強く抱きしめ、幸せを実感していました。

クリスはその数年後に、投資会社を設立。高い評価を受ける企業へと発展させました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「幸せのちから」の商品はこちら