「幸せの教室」のネタバレあらすじ結末

幸せの教室の紹介:2011年製作のアメリカ映画。トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ共演によるコメディ・ドラマ映画。人生に希望を失った男女が、新しい人生へと踏み出そうとする姿を描く。ハンクスは監督のほか、共同製作、共同脚本も兼任している。

予告動画

幸せの教室の主な出演者

ラリー・クラウン(トム・ハンクス)、メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)、ディーン・テイノー(ブライアン・クランストン)、ラマー(セドリック・ジ・エンターテイナー)、タリア(ググ・バサ=ロー)、デル・ゴード(ウィルマー・バルデラマ)、エド・マツタニ教授(ジョージ・タケイ)

幸せの教室のネタバレあらすじ

【起】- 幸せの教室のあらすじ1

ラリーは高校を卒業後、海軍で20年コックをし、Uマート(スーパーマーケット)に就職した中年男性です。離婚した妻から家を買い取り、多額の住宅ローンに苦しみました。
勤務態度はよいのに、高卒のラリーにこれ以上出世の望みがないということで、ラリーは解雇されました。再就職の活動に励みますが、高卒のラリーを雇う会社はありません。
向かいに住む黒人男性・ラマーの助言で、ラリーは地元の短期大学に通う決断をします。クイズ番組で50万ドル稼いだラマーは、自宅前でガレージセールを営む男性です。
大学の学生部長に勧められ、ラリーはスピーチと経済学の講義を取りました。通学用に車より燃費のよいスクーターも買います。 この映画を無料で観る

【承】- 幸せの教室のあらすじ2

初の通学で、ラリーは同じスクーター仲間の気さくな若い黒人女性・タリアと出会います。
スピーチの講義は、美人ですが無気力な女性・テイノーが担当します。教授上がりの自称・作家、実際はブロガーの夫・ディーンは働かず、テイノーが生活費を稼ぎました。
結婚生活に幻滅したテイノーは、講義に情熱を見いだせずルーティーン仕事として流しました。
経済学の講義はエド・マツタニ博士で、笑えないユーモアを話します。ラリーは真面目に勉強しますが、携帯禁止のマツタニ博士の授業中にタリアがメールを寄越すので、取り上げられます。
タリアは恋人・デルや他のスクーター仲間を紹介し、ラリーは大学生活を満喫しました。

【転】- 幸せの教室のあらすじ3

ある日、テイノーは外出先で夫・ディーンと喧嘩して衝動的に車を降ります。テイノーを見つけたラリーはスクーターで家まで送り、2人はキスしました。
年上とはいえ教え子とキスしたことを悔やんだテイノーは、翌日ラリーに「水に流してほしい」と言いますが、ラリーのことを意識し始めます。ラリーの方は、テイノーに「なかったこと」にされて失恋したと思い、落胆しました。
離婚したテイノーは、気のないそぶりをしながらもラリーが気になり、スクーター仲間の女性・タリアと仲良しなのを嫉妬します。
タリアの恋人・デルもラリーに嫉妬しますが、ラリーとタリアは本当にただ気の合う仲間同士で、色恋沙汰にはなりません。 この映画を無料で観る

【結】- 幸せの教室のあらすじ4

タリアはラリーのアドバイスを得て、大学を中退して古着の店を開店しました。ラリーは自身の経験から学歴は大事だと言い、タリアの大学中退を止めます。
ラリーはローンに悩んでいた家を売り、隣人・ラマーと別れを告げてアパートに移りました。
講義の卒業試験で、テイノーは皆と打ち解けてスピーチするラリーにAプラスの成績をつけます。経済学のマツタニ博士もラリーの成績を高く評価しました。
新年度ラリーはマツタニ博士の講義は取りますが、テイノーの講義は受講せず、テイノーは落胆します。
ところが教授控室に「教え子でなくなった」ラリーから夕食を誘うメモがあり、テイノーはラリーの家に行き、2人はキスして抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「幸せの教室」の商品はこちら