「彼は秘密の女ともだち」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

彼は秘密の女ともだちの紹介:亡き親友の夫が女装していることを知り困惑するクレール。しかし彼(彼女)と交流するうちに、クレール自身も変化していく。フランソワ・オゾン監督が贈る、自分らしく生きることの素晴らしさが綴られた比類なきヒューマンドラマ。2014年に公開されると、世界中で話題となった作品。

予告動画

彼は秘密の女ともだちの主な出演者

ダヴィット/ヴィルジニア(ロマン・デュリス)、クレール(アナイス・ドゥムースティエ)、ジル(ラファエル・ペルソナ)

彼は秘密の女ともだちのネタバレあらすじ

【起】- 彼は秘密の女ともだちのあらすじ1

クレールとローラは7歳で出会ってから永遠を誓い合った親友同士です。華やかなローラに対し影のような存在のクレールですが、二人は仲良しでした。しかしローラは夫ダヴィットと生後間もない娘リュシーを残し病気で亡くなります。クレールは生前のローラと、ダヴィットやリュシーを守ると約束していました。
憔悴するクレールは仕事に集中できず、1週間ほど休職することにします。そんな彼女に夫ジルは、ダヴィットに会いに行ってやれと妻を奮起させます。
クレールはダヴィットの家を訪ねますが応答がありません。しかしリュシーの泣き声が聞こえ家の中に入ると、そこにはローラの服を纏い化粧をしたダヴィットが娘をあやしていました。娘に母親が必要だとダヴィットは女装の言い訳をしますが、クレールは変態だと言って家をあとにしました。
クレールはダヴィットのことを隠すため、ジルに“ヴィルジニア”(会社向かいのホテル名)という女友達と会っていたと咄嗟に嘘をつきます。何も知らない夫は、ダヴィットを食事に誘っていました。 この映画を無料で観る

【承】- 彼は秘密の女ともだちのあらすじ2

クレールは再びダヴィットを訪ね、女装は長く続かないと諭します。そして週末の食事会になり、クレールは珍しくお洒落して出かけました。食事中ジルが席を外した隙にダヴィットは、クレールの休暇最終日にショッピングに行こうと誘います。クレールは彼を思わずヴィルジニアと呼ぶと、ダヴィットはその名を気に入りました。
後日ヴィルジニアはクレールと共に初めての外出を果たします。二人は買い物を謳歌し、ヴィルジニアに触発されたクレールも赤いワンピースを買いました。その後映画館に入ると、ヴィルジニアは隣の席の男に腿を触られます。反応する彼女を見てクレールは、ゲイなのかと尋ねますが、恋愛対象は女性だとヴィルジニアが答えました。
クレールは職場復帰しますがヴィルジニアに呼び出され、義母に預けている娘が戻る前に再び外出したいと頼まれます。結局クレールは母の体調が悪いとジルに言って、ヴィルジニアとローラの別荘へ行きます。
心が弾むクレールですが、別荘の薪割りの際ダヴィットに戻った彼を見て、クレールは動揺し皿を割ってしまいます。そんなクレールを見た彼は、夜はヴィルジニアで過ごすことにしました。

【転】- 彼は秘密の女ともだちのあらすじ3

クレールも先日のワンピースで着飾り、二人はクラブに出掛けます。女装家が『あなたとともに』という曲(“私は女”という歌詞)で踊るショーを見て、ヴィルジニアは涙を流しました。
帰り道、ローラに死装束を着せた際、女性の格好をしたい気持ちが蘇ったと話すヴィルジニアに、クレールは嫉妬に似た感覚を抱きます。その夜クレールはローラと愛し合う夢を見ました。
クレールがジルに連絡を忘れたことで彼が母に電話をしてしまい、嘘が発覚してしまいます。クレールはヴィルジニアとの別れ際、女装はやめて治療をした方がいいと忠告しました。帰宅したクレールはジルにダヴィットとの関係を疑われ、彼がゲイだとつい誤魔化してしまいます。
腑に落ちないジルは、ダヴィットを自宅に招きます。ダヴィットが精神科に通い定期的に会う女医ができたと聞き、ジルが安心する一方、クレールは苛立ちます。ダヴィットはクレールの忠告以来、女装をやめていました。ダヴィットを送った車中で、ジルはローラとクレールの親密さに妬いていたと告白します。 この映画を無料で観る

【結】- 彼は秘密の女ともだちのあらすじ4

ジルはダヴィットをテニスに誘います。プレイ後に男性シャワー室に潜入したクレールは、ジルとダヴィットが重なっていることを想像しますが、現実は違いました。クレールはダヴィットに「ヴィルジニアが恋しい」と本音を吐露します。ダヴィットは激しくキスをしましたが、ローラを裏切れないとクレールは彼を撥ね除けました。
翌日クレールはヴィルジニアにホテルへ呼び出され、久しぶりの再会に嬉くなります。ヴィルジニアは「あなたに恋したし、自分もヴィルジニアが恋しかった」と話し、二人は部屋で夢中で求め合いました。ところがクレールがヴィルジニアの股間に触れた瞬間、「あなたは男だわ」と慌てて部屋を去りました。ヴィルジニアは取り乱したまま外へ出て“私は女”とクレールにメールすると、車に轢かれ意識不明の状態に陥りました。
クレールは休職しリュシーを預かり、ダヴィットを見舞い続けます。ある時クレールが彼を“ヴィルジニア”と呼ぶと、一瞬目を覚まします。それをきっかけに、クレールは眠ったままの彼に『あなたとともに』を口ずさみながらヴィルジニアの装いを施しました。するとヴィルジニアは意識を取り戻したのです。
7年後。リュシーは小学生になりました。ヴィルジニアとクレールが学校へ迎えに行き、3人は手を繋いで帰り道を歩きました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「彼は秘密の女ともだち」の商品はこちら