「息子」のネタバレあらすじ結末

息子の紹介:1991年公開の日本映画。山田洋次・監督。田舎に住む父親と、都会でフリーアルバイターとしての生活を送る息子との対立と和解を通して、家族の真の幸福とは何かを描いた作品。

この映画を無料で観る

息子の主な出演者

浅野昭男(三國連太郎)、浅野哲夫(永瀬正敏)、川島征子(和久井映見)、浅野忠司(田中隆三)、浅野玲子(原田美枝子)、浅野とし子(浅田美代子)、浅野綾子(浅利香津代)、浅野守(ケーシー高峰)、浅野きぬ江(音無美紀子)、昭夫の隣人(奈良岡朋子)、タキさん(田中邦衛)

息子のネタバレあらすじ

【起】- 息子のあらすじ1

1990年…。時代はバブルの絶頂期です。
哲夫は東京・新宿の居酒屋でアルバイトをしながら生活をしていました。
ある日、哲夫に父・昭男から電話がかかってきます。
「母親の一周忌だから帰ってこい」という昭男の言葉を受け、哲夫は実家への帰省を決めました。
数日後、岩手の田舎町にある浅野家に、法事がおこなわれている真っ最中、哲夫はアロハシャツとジーンズといういでたちで現れ、顰蹙を買いました。
翌日、実家にひとり残った哲夫は、昭男からアルバイトで生計を立てる身を戒められ、反発します。 この映画を無料で観る

【承】- 息子のあらすじ2

東京に戻った哲夫は、しかし昭男の言葉が気になって仕方ありませんでした。
なんとなく居酒屋のアルバイトを辞め、下町の鉄工所で働くことにします。最初はアルバイトですが、正式採用になると契約社員になれます。
勤め始めたものの肉体労働の厳しさに音を上げそうになった哲夫は、製品を届けに行く取引先の倉庫で働く、征子という美しい女性と出会いました。
征子にひとめぼれした哲夫は、征子と会いたいためにきつい仕事を耐え、仕事は意外にも長続きします。
なんとか征子とお近づきになりたい哲夫でしたが、征子は毎日会っても微笑するだけでした。

【転】- 息子のあらすじ3

哲夫は思い切って手紙を書き、征子に渡します。
ある日いつものように倉庫に出向いた哲夫は、征子の先輩から征子がろうあ者(聴覚障害者)だと聞かされました。
最初はその事実にショックを受けた哲夫ですが、それでも征子を好きな気持ちに変わりはありませんでした…。
…冬。
戦友会に出席するために上京した昭男は、長男・忠司のところへ行きました。
忠司夫婦は東京近郊にマンションを購入し、安定した生活を送っています。忠司は昭男のために部屋を用意してくれていると言いますが、昭男は丁重に断りました。

【結】- 息子のあらすじ4

昭男が気になるのは哲夫のことです。岩手に帰る前に、昭男は哲夫のアパートを訪ねてみました。
哲夫は下町の鉄工所で、契約社員として堅実に働いていました。すっかり落ち着いた様子の哲夫を見て、昭男はほっとします。
そんな昭男に哲夫が「結婚したい女性がいる」と言い、征子を紹介しました。
征子のために手話を覚えたりファックスで疎通をはかったりする息子・哲夫、お互いを思いやる2人の姿を見て、昭男は胸が熱くなります。
征子を送った哲夫は、昭男が歌をうたっているのを初めて聞きました。
哲夫の結婚を喜ぶ昭男は、東京でファックス電話を購入し、岩手の家へと帰りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「息子」の商品はこちら