「息子の部屋」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

息子の部屋の紹介:2001年カンヌ映画祭パルムドール(最高賞)に輝いたヒューマンドラマ。悲しみのどん底から再生へと向かう家族の姿を、静かな日常の中で鮮烈に描き出す作品。

息子の部屋の主な出演者

ジョヴァンニ(ナンニ・モレッティ)、パオラ(ラウラ・モランテ)、イレーネ(ジャスミン・トリンカ)、アンドレア(ジュゼッペ・サンフェリーチェ)

息子の部屋のネタバレあらすじ

【起】- 息子の部屋のあらすじ1

イタリアの小さな港町で精神科医をしているジョヴァンニは、妻のパオラと息子のアンドレア、そして娘のイレーネの四人で幸せに暮らしていました。ある日息子のアンドレアが、友人とのダイビングに出かけた先で事故に遭い急逝します。事故の当日、ジョヴァンニは息子とジョギングの約束をしていたのですが、急患の往診に出てしまったのです。

【承】- 息子の部屋のあらすじ2

ジョヴァンニは、あのときダイビングに出かけるアンドレアを引き止めていれば、自分とジョギングをしていれば息子は死ななかったと自身を責め続けます。アンドレアの死は家族にとってあまりにも大きく、残された家族の悲しみは共有できないまますれ違いが生じ、いよいよ家族関係までもが険悪になります。

【転】- 息子の部屋のあらすじ3

ジョヴァンニは以前のように穏やかな診療が出来なくなり、患者と変わらない精神状態になります。あるとき、アンドレアのガールフレンドと名乗る少女から手紙が届き、家族は自分たちの知らないアンドレアの一面を垣間見て、少し慰められます。そして、少女に息子の死を伝えるか否かで悩みます。結果、パオラは少女に電話をかけてアンドレアの死を告げ、あなたに会いたいと言います。

【結】- 息子の部屋のあらすじ4

アリアンナという少女は、家を訪ね、アンドレアの部屋を見て悲しみにくれます。ジョヴァンニ達はアリアンナに泊まっていくよう勧めますが、旅行中だった彼女は断り、家族でインターチェンジまで送っていくことにしました。アリアンナと別れたジョヴァンニ達は、それぞれ別の方向へ向かうように海辺を歩き、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「息子の部屋」の商品はこちら

息子の部屋 [DVD]