「愛とセックスとセレブリティ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

愛とセックスとセレブリティの紹介:2009年公開のアメリカ映画。女性たちを騙し続けてきたルックス抜群の男性が、真実の愛を求めて苦悩する姿を描いている。デヴィッド・マッケンジーが監督を務め、アシュトン・カッチャー主演で贈る作品。

予告動画

愛とセックスとセレブリティの主な出演者

ニッキ(アシュトン・カッチャー)、サマンサ(アン・ヘッシュ)、ヘザー(マルガリータ・レヴィエヴァ)、ハリー(セバスチャン・スタン)、エミリー(レイチェル・ブランチャード)、イングリッド(マリア・コンチータ・アロンゾ)、エヴァ(アシュレー・ジョンソン)、クリスティーナ(ソーニャ・ロックウェル)、ステリオ王子(シェーン・ブローリー)、ショーン(エリック・バルフォー)、ウィル(ハート・ボックナー)

愛とセックスとセレブリティのネタバレあらすじ

【起】- 愛とセックスとセレブリティのあらすじ1

ニッキは生まれつき頭が良くて、女を泣かす顔とも言われていました。ここロサンゼルスには、夢を抱いた顔に自身がある人が集まります。
ニッキは高級車に乗り、美女と暮らす生活をほぼ実現していました。馴染みのクラブに今日も行くと、関係を持った女性が多くいました。
今日は彼女たちのような若い子ではなく、囲ってくれる女性を探します。帰宅しようとしている1人の女性に狙いを定めます。
彼女の名前はサマンサで、早速ニッキは口説きにかかります。サマンサは結婚もしてなく、恋人もいませんでした。最初はニッキを突き放しますが、彼の言葉と仕草にキスする結果となります。
サマンサの家に到着すると、元は映画監督の家で凄い豪邸でした。ニッキは早速ベッドに行って、彼女と寝ます。
翌朝、ニッキは特技である寝返りをうって、眠そうに微笑む技を繰り出します。サマンサは好きなものを食べてとメモを残し、クレジットカードを置いていきます。
ニッキは仕事もしてなければ、宿もありませんでした。唯一の持ち物は携帯電話です。サマンサの帰りを待って、料理を作っておきます。
サマンサが弁護士の仕事して帰ってくると、ニッキと激しく体を重ね合わせていきます。ニッキは着々と、ポイントを稼いでいきます。
サマンサは出張で木曜の朝まで留守にします。ニッキは家で待つことにし、友人たちを大勢豪邸に招きます。やりたい放題し、寝室で浮気を堂々とします。
翌日、プールで優雅に過ごした後、遅れて元カノが豪邸にやってきます。二人きりとなり、バスタブで彼女の毛を剃ってあげます。
そしてベッドで関係を持ちますが、ニッキは事が済めば、彼女が面倒になります。キスして車で送ることにし、次の日は別の女性を連れ込んでいました。
すると、帰る日を早めてサマンサが目の前に現れるではありませんか。慌ててズボンを履くニッキでした。相手の女性は帰るように言われ、どういうことだとサマンサは怒っています。
テレビで試合を見てたら盛り上がってと言い訳しますが、サマンサはメイドから友人を招いてのパーティを聞いていました。信用した自分が愚かだったと口論に発展していきます。
いわば現在はサマンサが金銭的援助をし、ニッキが体で払っている状態です。セックスフレンドな関係であり、サマンサは一緒に住む必要がないと言います。
ニッキは車も家もないから、セックスする場所がないと反論です。友達なら自分の状況を考えてくれと、身勝手な言い分を唱えます。勝手な子ねと言うサマンサでしたが、ニッキの体に襲いかかります。

【承】- 愛とセックスとセレブリティのあらすじ2

ある日、ニッキは1人でカフェに行きます。そこで働いていたヘザーに惚れて、口説きにかかります。しかし、電話番号を聞こうとして断られてしまいます。
諦めきれないニッキは、伝票に自分の電話番号を書いて食い逃げします。丁度カフェには、豪邸に配達してきた男性がいました。その人から聞いて、ヘザーは豪邸に乗り込んできます。
お金を受け取るだけ受け取って、ヘザーは怒って帰ります。ますます惚れてしまったニッキは、サマンサとの関係にパワーがでなくなっていきます。
ニッキは、友人のハリーに頼んでカフェについてきてもらいます。やり手の仕事人のふりをして、ハリーが注文していきます。
するとニッキの車が駐車違反で切符を切られてしまいます。職員のおばちゃんに、ニッキは綺麗な指だと褒め、ダンスを一緒に踊り始めます。
その様子を見て、ヘザーは笑ってしまいます。コーヒーを飲むのとハイキングだけよと、ニッキに電話番号を教えます。
ニッキはハリーの家を荷物置き場にしていました。服を取り出して、ハリーをカエルの真似をしてからかいます。ハリーの家ではカエルを飼っていたのです。
ヘザーからの折り返しの電話がきて、ニッキは一緒に食事に行くことができます。楽しく喋ってると、ヘザーに電話がかかってきて、用事ができたと帰ってしまいます。
サマンサはニッキの行動を怪しみ始め、誰と寝てるのか聞きます。ニッキはサマンサとしか寝てないと答えます。その後、サマンサは病院に送ってと頼んできます。
ニッキがカフェに行くと、ヘザーは辞めてしまっていました。夜になり、豪邸のプールから飛び込む音がしてきます。飛び込んだのはヘザーでした。
ニッキはこの間のことをからかってるのかと怒っています。ヘザーは電話の相手が彼氏ではなく、弟なのだと答えます。
ヘザーの弟は多発性硬化症という病気で、17歳の今も失禁をしていました。ヘザーは思い出したのか、泣き出してしまいます。
ニッキが優しく抱きしめ、ベッドインします。ヘザーは好きだから、関係を急ぎたくないと言います。
翌朝、清掃車が来るからと、ヘザーの車を移動させます。ニッキが乗り込むと、大きな葉巻が2本ありました。
危うく騙されかけたと怒り、ヘザーに帰るように言います。自分の車なら、カフェでバイトなんてしてないとヘザーは反抗します。
ヘザーが帰った後、ニッキはサマンサを病院まで迎えに行きます。主治医から、膣の若返り手術をしたと聞かされます。5日間は性交禁止だけれど、効果ありだとニッコリしてきます。

【転】- 愛とセックスとセレブリティのあらすじ3

その晩、ニッキは馴染みのクラブに行って女性を捕まえます。何の連絡もなしに朝帰りし、サマンサは大丈夫ではありませんでした。
俺たちはもう駄目だとニッキが言うと、サマンサはブランド物の服など投げ飛ばしていきます。年を取れば容姿が衰えて、自分の苦しみが分かると言い放ち、ニッキをはたきます。ニッキは気が済んだろと、そっと抱きしめます。
仲直りしかけますが、ニッキは出ていくことにします。行き先は分からず、戻るのかも分かりません。
ハリーの家を訪ねても留守でした。元カノのところに行きますが、男娼と同じだと言われて追い返されます。
街をさまよってると、ハリーと会えることになります。彼の友人と3人でストリップの店に行きます。
その友人の女性に対する態度が許せなくて、ニッキはぶん殴ってしまいます。ハリーはそういう店じゃないかと言います。口論になって、ニッキは町を再びさまよいます。
馴染みのクラブは貸し切りで入れませんでした。ホームレスの男性とすれ違い、ハリーの家に行くと、荷物を外へ捨てられてしまいます。ハリーは人に頼るなと一喝します。
ニッキはブランド物の服などを売りに行きますが、二束三文にしかならなくて怒ります。仕方なく売って、安モーテルに泊まります。
母に電話すると、仕事のことを聞かれます。今探していて、大手だから大丈夫と言いますが、母に電話を切られてしまいます。もう一度かけても留守電にされて出てくれませんでした。
残金が無くなり、切羽詰まったニッキはホテルのプールに行きます。サンドウィッチを手に入れるために、仕方なくマダムを口説きにかかります。
すると隣にヘザーがいるではありませんか。ニッキは途中やめにし、何でいるんだと驚きます。
ヘザーは自分がおごってあげると言い、今度の相手の中古車の営業マンの車を紹介します。ニッキと共に、ルームメイトと住む自宅に行きます。
ヘザーはニッキと同類でした。葉巻の男は嫌な奴で、仕返しに葉巻を売って別れてました。
ニッキに夕食を食べさせてあげてると、友人から金持ち情報の電話がかかってきます。バッチリと服装を決めたヘザーとニッキのコンビは、金持ちのデュークがいるパーティーへ行きます。
ニッキのアドバイスで、デュークはヘザーのことが気になっていきます。見事に成功します。
自宅に帰り、ヘザーはニッキにソファーを貸してあげます。一緒に寝るのは不味いと考えたのです。
しかし、ニッキはパンツ一丁になってベッドに向かいます。ソファの長さが足りないからと理由を話すと、ヘザーは自分がソファーにと行こうとします。
お互い制御できる年齢だと、ニッキは引き止めます。同じベッドに入り、足が当たったりして、ヘザーはくすぐったくなります。
すでにヘザーは下着を脱いでいました。ニッキはキスを軽くした後、熱いキスで虜にしてほしいと頼みます。
ヘザーに弟などおらず、出身地もカナダでした。2人は一緒に食事をし、ビーチに行って情熱的で熱い時間を過ごします。体も重ね合わせていきます。

【結】- 愛とセックスとセレブリティのあらすじ4

ある日、ヘザーは1人で出かけていきます。その次の日、郵便物が届いて泣いてしまいます。
実はヘザーは婚約していたのですが、昨日最後に会って別れたのです。婚約者はレンジャーズのオーナーもしている大金持ちでした。
別れた理由はニッキを愛しているからでした。婚約者には愛しているフリをしていました。
ニッキはもったいないと言い残し、カフェへと1人で行ってしまいます。女性が視線を送ってきますが、考えたニッキは誘いにのらず、情報誌(おそらく求人誌)を持って家に帰ります。
しかし、ヘザーは書き置きを残し、いなくなっていました。書き置きには、彼とやり直すことが書かれていて、彼女はニューヨークへと向かってしまったのです。
電話をして引き留めようとしますが、留守電になってしまいます。メッセージを残し、スーパーで試食を食い漁るニッキでした。
そこで試合を見て盛り上がった女性と偶然出くわします。酔ってる彼女を車で送ってあげてると、ヘザーから電話がかかってきてしまいます。
ニッキは戻ってきてくれと頼みますが、ヘザーは戻れないと言います。車の外で吐いた女性が戻ってきて、ヘザーに声を聞かれてしまいます。誤解を招いてしまい、ヘザーは電話を切ります。
ニッキはヘザーのルームメイトのエヴァに相談します。彼女からニューヨークに行って、指輪を見せてプロポーズをするべきと勧められます。
郵便物の封筒を見つけ、ニッキはヘザーの居場所が分かります。ハリーに会いに行くと、ハグしてくれて仲直りができます。しかも飛行機のチケットも買ってくれて、最高の友達だとお礼を言います。ハリーは連れ戻せよと応援してくれます。
ニッキがドアの前にいて、ヘザーは驚きます。こんな生活は嘘っぱちであり、幸せになれないとニッキは言います。
ヘザーは住む場所を借りるのに、5000ドルは最低でもいるし、現実の見えない人と生きてはいけないと言い返します。
ニッキは死ぬまで一緒に生きていたいと、結婚しようと指輪を出します。しかし、ヘザーは既に結婚していました。
離婚すれば良いと言っても、ヘザーはここの暮らしが良いと拒否します。彼女の目には涙が流れていました。
ヘザーの夫が帰ってきて、ニッキは配達の子にされます。目の前には荷物があり、ヘザーの夫は信じてチップを渡します。
チップをもらい、ニッキは呆然と歩いて帰っていきます。それから配達の仕事を始めたニッキは、サマンサの豪邸に荷物を届けに行きます。
彼女には新しい彼がいました。サマンサは元気でねと伝えてきます。
ロサンゼルスにいる美男美女は、夢破れて帰る人の数を知らないとニッキはナレーションします。自分は帰るつもりはないと言い、飼っているカエルに餌のネズミをあげます。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ヘザーに断られたニッキの姿が切なくてたまりません。あの時、こうしてれば、そうならなかったというメッセージを伝えてるかのような演出が胸に響きます。
確かにニッキの遊びすぎが悪いのかもしれません。しかし、自分の本能のまま生きた彼の姿もまた、彼らしかったと言えます。
この作品では、プール付きの豪邸やお洒落な大人のクラブが登場して、つい憧れてしまいます。出演者がブランド物の服も着ていて、お洒落な要素の高い作品となっています。
セクシーなシーンも多くあり、大人向けとなっています。ニッキの生き様から、大人な青春を連想する映画です。

映画の感想を投稿する

映画「愛とセックスとセレブリティ」の商品はこちら