「戦場のメリークリスマス」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

戦場のメリークリスマスの紹介:1983年公開の日本&イギリス&ニュージーランド合作映画。大島渚監督が、第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍俘虜収容所を舞台にして、そこに集まる男たちの交流を描く。

予告動画

戦場のメリークリスマスの主な出演者

ジャック・セリアズ英軍少佐(デヴィッド・ボウイ)、ヨノイ大尉・レバクセンバタ俘虜収容所長(坂本龍一)、ハラ・ゲンゴ軍曹(ビートたけし)、ジョン・ロレンス英軍中佐(トム・コンティ)、ヒックスリー俘虜長(ジャック・トンプソン)、拘禁所長(内田裕也)、イトウ憲兵中尉(三上寛)

戦場のメリークリスマスのネタバレあらすじ

【起】- 戦場のメリークリスマスのあらすじ1

1942年、ジャワ島山岳地帯のレバクセンバタにある日本軍俘虜(ふりょ 捕虜)収容所。当時ジャワ島は日本の統治下で、西洋人の俘虜が収容されます。
最も権力を持つヨノイ陸軍大尉は、威厳のある佇まいで収容所を統治していました。約600名の俘虜が収容されています。
イギリス人俘虜のジョン・ロレンス中佐は、俘虜でありながら日本語を理解する俘虜側のリーダー的存在で、日本人側も便利な存在だと一目置いていました。
ジュネーヴ条約で戦争下においても国籍を問わず、俘虜や傷病者にも一定の待遇が決められています。
ある時、朝鮮人軍属(軍人以外で軍隊に所属する者)カネモトが、オランダ人男性俘虜デ・ヨンを犯しました。 この映画を無料で観る

【承】- 戦場のメリークリスマスのあらすじ2

戦地では男性ばかりなので、同性愛の関係も生まれます。
粗暴なハラ軍曹がロレンスを叩き起こして通訳を命令し、独断でカネモトに切腹させようとしますが、ヨノイ大尉が現れて処罰を据え置きます。
ヨノイ大尉とロレンス、ハラ軍曹の3人の絶妙なバランスで、収容所は上手く回っていました。
そんな時、ヨノイ大尉は新たな俘虜・イギリス人の陸軍ジャック・セリアズ少佐を迎えます。ジャックを見たヨノイ大尉は、不思議な感情を覚えました。
ヨノイ大尉は同性愛者ではありませんが、感情は愛に似ていました。金髪碧眼(注:デヴィッド・ボウイは事故で左目の瞳孔が開き、両目の色が違って見える)のジャックは、目立って美しい存在でした。

【転】- 戦場のメリークリスマスのあらすじ3

ヨノイ大尉はジャックの「美」を愛したものと思われます。
初めて覚えた感情に戸惑うヨノイ大尉は、必要以上に稽古に打ち込んで気を紛らせました。
処刑が決まったカネモトが死んだ瞬間、被害者デ・ヨンも舌を噛み切って死にます。そこには愛がありました。
48時間の謹慎と断食の「行(ぎょう 修行)」を命じたヨノイ大尉は、無線機を所持したジャックとロレンスに独房入りを命じました。
その日はクリスマスで、酔ったハラ軍曹が「ふあーぜる・くりーすます(サンタのこと)」と連呼して、2人を釈放します。
ロレンスはハラ軍曹はいい人間だったのだと思いました。ハラは自分がサンタで、減刑がプレゼントだと言いたかったのです。 この映画を無料で観る

【結】- 戦場のメリークリスマスのあらすじ4

全員集合をかけたヨノイ大尉は病棟の俘虜も引き立て、俘虜を庇う俘虜長・ヒックスリを斬ろうとしたヨノイ大尉を止めようと、ジャックが進み出てヨノイ大尉の両頬にキスしました。
想像しなかった事態に驚いたヨノイは倒れます。
ヨノイは更迭され、収容所所長にゴンドウ大尉が着任し、ジャックは首だけ出して生き埋めにされました。ジャックの遺体に近づいたヨノイは髪をひと房切り取って去ります。
4年後の1946年(戦後)のクリスマス、処刑前日のハラ軍曹をロレンスが訪れました。ヨノイは処刑されてこの世にいません。
クリスマスの思い出を話し、立ち去るロレンスにハラ軍曹は「めりい・くりすます」と無邪気な笑顔を向けました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「戦場のメリークリスマス」の商品はこちら