「戦火の愚かなる英雄」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

戦火の愚かなる英雄の紹介:2013年制作。第二次世界大戦中のルーマニアの村で、ドイツ兵を殺した犯人を巡って起こる騒動を描いた作品。製作総指揮は「ファイナル・デッド ダーク・ウォッチャー」のモリス・ラスキン。出演は「バルスーズ」で一躍スターとなったジェラール・ドパルデューや「レサボア・ドッグス」のハーヴェイ・カイテルなど。

予告動画

戦火の愚かなる英雄の主な出演者

イプ(ジェラール・ドパルデュー) 、神父ロアン(ハーヴェイ・カイテル)、マルガリータ(ラウラ・モランテ)、アレックス(ボグダン・イアンク)、クララ(アディナ・カルティアニュ)、医者の妻(ダニエラ・ナネ)、リンダ(ガブリエラ・バルタ)

戦火の愚かなる英雄のネタバレあらすじ

【起】- 戦火の愚かなる英雄のあらすじ1

第二次世界大戦中のルーマニアの村で、神父ロアンの甥っ子のアレックスは、イプと一緒に英雄のナポレオンごっこをして遊んでいました。
イプは第一次世界大戦で死にかけていた所を拾われ、この村で施しを受けながら神父の家の近くに住んでいました。彼は物忘れがひどく、何かと忘れがちです。
畑で遊んでいたアレックスの元に、ドイツ兵のフリードリヒがサイドカーのバイクに乗って現れます。フリードリヒは、アレックスに少しだけバイクを貸して遊ばせてあげます。
少ししてアレックスがフリードリヒの元に行くと、喉を切られて殺されていました。知り合いの老人、マーカスに知らせますが、恐ろしくて知らんぷりです。
アレックスは警察まで知らせに行きます。村に駐在している警部は、遺体をドイツ兵に渡すように部下に指示します。
警部補に連れられて、アレックスは神父に元に連れて行かれます。嘘をついていないかなど、神父から聞かれるアレックスでした。 この映画を無料で観る

【承】- 戦火の愚かなる英雄のあらすじ2

ドイツ兵がやってきて、神父は恐ろしい知らせを受けます。アレックスはイプと一緒に魚釣りに行くことにします。
大物が釣れて、村に持っていくとドイツ兵から喜ばれます。フリードリヒへ捧げることにします。
ことは大事となって、明朝の5時までに犯人が名乗り出なければ、村の有力者の10人を銃殺するとドイツ兵は言ってきます。
10人の中には、警部補や医者、神父、町長、その家族が含まれていました。全員は神父の家に集まって考えることにします。
警部補より、とても5時までに犯人を見つけるのは難しいと言われます。身代わりとして、イプが最適だと全員が判断します。
大物を釣り上げて帰ってきたイプに、今日が誕生日だと神父達は言い出して祝の席を用意します。
豪勢な食事を用意して、イプを最も良い席に座らせます。誕生日を祝うフリをしながら、医者はイプを診察するフリをします。後ほどイプを説得するための押しとして、長生きできないと医者は知らせます。
食事が進んだ頃、神父がドイツ兵の知らせてきた内容を話します。このままでは自分達が銃殺されることを話します。

【転】- 戦火の愚かなる英雄のあらすじ3

話を聞くうちに、イプは誰かが身代わりに罪を認めれば良いことに気づきます。
更に神父達は、この役を買ってくれるなら様々な特典があると知らせます。フランスの旗にかぶさり、盛大な葬式が執り行われ、広場の名前にイプの本名をつけ、お墓には金の柵をつけるなどです。
イプは英雄になれることに喜び始めます。ぜひやってみたい事を考え始めて、その葬式を見てみたいと言い出します。
リハーサルをすることになって、真夜中に村人を全員起こすことになります。鐘の音が鳴って、ドイツ兵はフリードリヒをたたえている音だと思い込みます。
盛大な葬式に満足したイプは、次はお墓の場所を決め始めます。良い場所を指定することができて、実際に穴の中に入って花と土を被ります。
そしてイプはワインを飲みたいこともあって、神父の家に戻ります。ワインを飲みながら、別れた妻や娘、弟などが心配だと言い始めます。
神父は命を賭けるのだからと、必要なものを尋ねます。するとイプは土地があれば良いと言います。 この映画を無料で観る

【結】- 戦火の愚かなる英雄のあらすじ4

イプは、神父の村一番の土地、医者と町長からは資金の援助、公証人からも土地を要求します。その約束を書面で証拠として書いて欲しいと頼みます。
これでイプは納得して、準備を整えて罪を認めに向かいます。その後、神父達の元に一度戻ってくると言ったものの、彼は帰ってきませんでした。
神父の妻はイプに騙されたのだと叫びます。外に出て様子を見に行くと、なぜかドイツ兵が村から出ていきます。
戦争が終わったのです。奇跡が起こって、村人達は大喜びです。
イプが歩いて戻ってきて、彼の家族が書面が有効だと吠えています。イプは英雄になれなくなって悲しみます。
アレックスがフリードリヒのポシェットから取ってきた銃を持って、イプは自殺をしようとします。
アレックスが止めに入って、誰も気に留めてない事から意味がないと説得します。アレックスは蓄音機を流して、イプが敬礼をしてエンディングです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、何と言ってもジェラール・ドパルデューとハーヴェイ・カイテルの二人の共演です。この二人の隙がなく、卓越した演技には目が離せなくなります。
ジェラール・ドパルデューと言えば、「バルスーズ」や「1492 コロンブス」のコロンブス役、「カミーユ・クローデル」などで有名です。数々のドラマでも主演を演じた名優です。
ハーヴェイ・カイテルは「レサボア・ドッグス」や「タクシードライバー」、「バグジー」、「ピアノ・レッスン」に出演した事で有名です。
今作は、この名優二人のベテランの粋を超えた演技を堪能できる作品となっています。脇を固める出演陣の役作りも素晴らしく、安心して見ることができます。
ストーリーにおいて、この作品では命がかかった時の人間の欲深さを見ることができます。自分達の命を助けるために、一人の男性を身代わりにたてる姿には、人の中にある姑息さを感じることが出来ます。
しかし最後には奇跡が起こって、土地や金を書面で書いた有力者は、苦労が何だったのかという展開になります。
そんな事があっても、イプは自らが英雄となって人々に愛される事を望みます。自殺しかけたイプを、アレックスが励ます姿には子供の純粋さの強さを感じました。
アレックスが乗っていた当時のバイクを見ることができるのも今作の魅力です。他にも自然豊かな景色や、当時のルーマニアの村をイメージした町並みを見ることが出来ます。
面白かった場面は、警官がお酒を使ってドイツ兵をたらし込んで、国旗を手に入れるシーンです。間違えてナチスの国旗を手に入れようとしてしまう姿は面白かったです。
最後まで見終わって、魚の大きさには驚きました。どうやって釣り上げたんだというほどの大きさです。そして人々の不安を掻き立てる戦争の恐ろしさと、それによって起こる人間の姑息な感情を学ぶことができました。

映画の感想を投稿する

映画「戦火の愚かなる英雄」の商品はこちら