「日本のいちばん長い日(1967年)」のネタバレあらすじ結末

日本のいちばん長い日(1967年)の紹介:御前会議で降伏を決定した1945年8月14日の正午から宮城事件、ラジオの玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描く。戦後70年にあたる2015年にリメイクされた。

この映画を無料で観る

予告動画

日本のいちばん長い日(1967年)の主な出演者

鈴木貫太郎〔内閣総理大臣〕(笠智衆)、東郷茂徳〔外務大臣〕(宮口精二)、米内光政〔海軍大臣〕(山村聰)、阿南惟幾〔陸軍大臣〕(三船敏郎)、下村宏〔情報局総裁〕(志村喬)、迫水久常〔内閣書記官長〕(加藤武)、畑中健二少佐〔軍事課員〕(黒沢年男)、昭和天皇(八代目・松本幸四郎)

日本のいちばん長い日(1967年)のネタバレあらすじ

【起】- 日本のいちばん長い日(1967年)のあらすじ1

昭和20年(1945年)第二次世界大戦末期の日本は極めて不利な戦局でした。7月26日6時、アメリカと中華民国(中国)、イギリスが日本に向けポツダム宣言の受諾を促す放送を流します。
翌27日、鈴木貫太郎総理大臣の下、最高戦争指導会議が開かれました。ポツダム宣言とは「全日本軍の無条件降伏」を意味しており、天皇陛下の措置が不安だと、事態を静観する結果となります。
この時代の天皇とは「現人神(あらひとがみ)」と呼ばれ、人間の姿の神と神格化されていました。日本人にとって、天皇陛下は神に等しい存在だったのです。
日本政府が「あたらずさわらず」の反応をしたため、世界は「黙殺」「無視」「拒否」と捉えました。 この映画を無料で観る

【承】- 日本のいちばん長い日(1967年)のあらすじ2

降伏の意思なしとみなされ、8月6日、広島に原爆が投下されます。
8日にはソ連も参戦し、9日の会議中、長崎に原爆が落とされました。広島も長崎も一瞬で壊滅状態に陥ります。
御前会議(天皇臨席の会議)で天皇陛下が戦争の終結を望み、阿南陸軍大臣の反対に遭うも、昭和6年以来の凶作年ということもあり、ポツダム宣言を受諾することに決まりました。
天皇陛下自らが直接国民に呼びかけると言い(前述の通り異例の事態)、日本放送協会のラジオ録音放送の手配が始まります。
これが14日正午のことで、「玉音(ぎょくいん・ぎょくおん 天皇の肉声)放送」は翌15日の正午に流すことにしました。日本のいちばん長い日が始まります…。

【転】- 日本のいちばん長い日(1967年)のあらすじ3

上層部では終戦を決定したものの、これまで日本国は戦争で敗れた経験がないため、初めての敗北に反発し「まだ戦える」と異を唱える者がいました。
陸軍の青年将校たちは反発します。阿南陸軍大臣は「決定したことに刃向かうのは反逆者だ」と諭しますが、森中将を団長とする近衛師団の畑中少佐らはひそかにクーデター計画を練りました。
玉音放送の録音開始は15時の予定でしたが、詔書がまとまらず録音が終わったのは午前0時です。録音はレコード盤(玉音盤)に収められました。14日夜にラジオで「翌15日正午に重大発表あり」の放送を予告します。
玉音盤を持った職員が拉致監禁され、畑中少佐は森中将を銃殺して偽の命令を流しました。

【結】- 日本のいちばん長い日(1967年)のあらすじ4

近衛師団の目的は玉音放送を阻止することで、これを宮城(きゅうじょう 東京都麹町宮城、つまり皇居のこと)事件と言います。彼らは宮中に立て籠もりました。
近衛師団が募った他の若手陸軍将校らも協力しますが、東部軍司令官・田中大将が午前5時説得にあたります。
その間、別の隊は首相官邸や枢密院議長邸に放火するなどしましたが、朝にはほぼクーデターは鎮圧されました。
午前5時半頃、陸軍の阿南大臣は自刃しました。
畑中少佐は椎崎中佐とともにビラを撒いた後、自殺します。
金庫に納められていた玉音盤が出され、15日の正午、君が代の曲のあとに、予定どおり玉音放送が流されて、日本の敗戦が決まりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「日本のいちばん長い日(1967年)」の商品はこちら