「昼顔」のネタバレあらすじ結末

昼顔の紹介: 夫に隠れて売春を始めた若き人妻。その名は昼顔…。
第28回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得し、映画史に残る名作と言われる1967年フランス・イタリアの合作。主演女優カトリーヌ・ドヌーブの代表作のひとつでもある。日本のヒットドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は、今作から着想し制作された。

この映画を無料で観る

予告動画

昼顔の主な出演者

セブリーヌ<昼顔>(カトリーヌ・ドヌーヴ)、ピエール(ジャン・ソレル)、アナイス(ジュヌヴィエーヴ・パージュ)、マルセル(ピエール・クレマンティ)、ユッソン(ミシェル・ピッコリ)

昼顔のネタバレあらすじ

【起】- 昼顔のあらすじ1

容姿端麗なセブリーヌは、医師のピエールを夫に持ち、不自由もなく穏やかな生活を送っています。その一方でセブリーヌは夫との性生活には積極的になれず、寛容な夫もそんなセブリーヌを受け止めていました。貞淑を装いながらも欲求不満なセブリーヌは、マゾヒスティックな夢想に浸っていました。
ある時セブリーヌは、彼女に粘着質な視線を送っている知人のユッソンから、戦後の現在でもパリ市内で営業している高級売春宿の存在を聞きます。無性に興味が湧いたセブリーヌは、その売春宿『アナイスの館』へ一人足を運び、女性オーナーのアナイスに迎え入れられました。
上品且つ美人しか雇わないアナイスはセブリーヌを気に入り、昼に咲く花という意味の“昼顔”という名を彼女に与えました。そしてセブリーヌは、午後2時から5時まで働くことになります。
早速客が来たものの逃げようとしたセブリーヌの前に、アナイスが立ちはだかり恫喝します。セブリーヌは抵抗しながらも、客をとりました。 この映画を無料で観る

【承】- 昼顔のあらすじ2

事を終えたセブリーヌは自宅に帰ると、使った下着を暖炉で燃やしました。ピエールが帰宅すると仮病を使い、約束していた食事会を断り、また夢想するのでした。
セブリーヌは一週間後に再び館を訪れます。連絡もしなかったセブリーヌにアナイスは腹を立てていましたが、これきりだと言って彼女を受け入れました。
少しずつ仕事をこなせるようになったセブリーヌは、客との情事で快楽を得るようになります。セブリーヌは徐々にピエールと、一緒に寝たいような気が起き始めました。

ヤクザ者のイポリットとマルセルが、強盗で手にした大金を持って館にやってきます。イポリットは昼顔を指名しますが、セブリーヌの事を気に入った若いマルセルに譲りました。昼顔を買ったマルセルは、彼女に本気で惚れてしまいます。

【転】- 昼顔のあらすじ3

最近セブリーヌの様子がおかしいと感じたピエールは、彼女を旅に連れて行きます。パリに帰りたがるセブリーヌに男の影を察したピエールは、二人の間には越えられない境界線があり、それは自分のせいだと感じました。一方のセブリーヌは、夫への愛は快楽を超越していると思っていました。
すっかりセブリーヌの虜になってしまったマルセルは、留守にしていた昼顔が戻ったと聞いて喜び勇んで館へやってきます。しばらく館にいなかった彼女を責めたものの、これからは夜も会いたいと懇願します。セブリーヌは昼しか会えないと断りました。
妻が明るく変わり始めたと感じたピエールは、子供を作りたいと言ってほしいとセブリーヌに伝えますが、彼女は素直に頷くことが出来ません。
館の古い常連客だったユッソンが久しぶりにやってきて、セブリーヌは顔を合わせてしまいます。夫には内緒にしてほしいとセブリーヌに頼まれたユッソンは、ピエールには話さないと約束します。しかし娼婦をしている彼女に失望し、何もせずに館を後にしました。

【結】- 昼顔のあらすじ4

セブリーヌは館を辞めたいとアナイスに伝えます。マルセルの執拗さを感じていたアナイスは、面倒が起きる前に辞めた方がよいと、セブリーヌの申し出を受け入れました。
店を出たセブリーヌは尾行され、マルセルが彼女の家まで訪ねて来ます。セブリーヌはマルセルの要望を頑なに断ったため、彼はピエールに殺意を抱きました。
家を出たマルセルは、帰宅したピエールを銃撃しました。逃走したマルセルは、事故を起こし警官に射殺されます。
ピエールは一命を取り留めましたが、全身に麻痺を負い、車いすでの生活を強いられました。セブリーヌが献身的に介護していると、ユッソンが見舞いに来ます。引け目を感じているピエールのために、ユッソンはセブリーヌの秘密を全て話しました。
セブリーヌがピエールのもとへ戻ると、彼は涙を流していました。セブリーヌは元気になったピエールを空想すると、いつも夢に登場していた馬車の鈴の音が響きだしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「昼顔」の商品はこちら