「最後の忠臣蔵」のネタバレあらすじ結末

最後の忠臣蔵の紹介:2010年公開の日本映画。池宮彰一郎の同名小説を映像化した時代劇。『忠臣蔵』として有名な、赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件で生き残っていた男2人のその後の物語である。

予告動画

frameborder="0" allowfullscreen>

最後の忠臣蔵の主な出演者

寺坂吉右衛門(佐藤浩市)、瀬尾孫左衛門(役所広司)、大石内蔵助(片岡仁左衛門)、可音(桜庭ななみ)、可音〔幼少時〕(北村沙羅)、茶屋修一郎(山本耕史)、茅野きわ(風吹ジュン)、奥野将監(田中邦衛)、進藤長保(伊武雅刀)、茶屋四郎次郎(笈田ヨシ)、ゆう〔元夕霧太夫〕(安田成美)

最後の忠臣蔵のネタバレあらすじ

【起】- 最後の忠臣蔵のあらすじ1

赤穂浪士の中に、討ち入り後の使命を与えられ、生き残った2人の武士がいました。寺坂吉右衛門と瀬尾孫左衛門です。
寺坂吉右衛門は、大石内蔵助から「真実を後世に伝えて、浪士たちの遺族を援助せよ」と密命を受け、討ち入りには参加したものの、その後の切腹の列には加わりませんでした。
寺坂吉右衛門は内蔵助の遺言どおり、あちこちに散った遺族を懸命に探します。
もうひとりの生き残りの瀬尾孫左衛門は討ち入りの前の夜に姿を消しており、なぜいなくなったのか不明でした。臆病風に吹かれたのだろうと思った人が大半です。
しかし、孫左衛門にも実は密命が下されていたのでした。

【承】- 最後の忠臣蔵のあらすじ2

吉右衛門は赤穂浪士の遺族を探し続け、とうとう最後のひとり…孫左衛門だけとなりました。吉右衛門は必死に孫左衛門を探します。
孫左衛門は、武士の身分を捨てて素性を隠し、竹林の中に古ぼけた家を借りて娘と暮らしていました。
その娘は可音という名で、気品を持つ美しい娘です。孫左衛門は可音を、赤ん坊の時からひとりで育て上げました。
やがてその可音の美しさを聞きつけ、天下の豪商・茶屋四郎次郎の嫡男・修一郎がぜひ嫁にと言い出しました。
可音が茶屋家に嫁げば、この上もない良縁です。孫左衛門は可音を説得して、結婚を納得させました。

【転】- 最後の忠臣蔵のあらすじ3

可音は孫左衛門と長い間暮らすうちに、ほのかに孫左衛門に思いを寄せるようになっていました。
しかしそれが孫左衛門に受け入れてもらえないことも理解しています。可音は縁談を受けました。
吉右衛門はとうとう孫左衛門と再会を果たします。しかし孫左衛門は何の言い訳もしないまま、逃げるようにその場を去りました。
孫左衛門をひそかに尾行した吉右衛門は、孫左衛門と若い娘が共に暮らす生活を見ます。話を聞いた進藤長保は、ある仮説を立てました。
その娘は、大石内蔵助の愛人・可留との間にできた隠し子で、孫左衛門は、内蔵助から隠し子を育てろという命を受けたのではないかというのが、進藤の考えでした。

【結】- 最後の忠臣蔵のあらすじ4

そしてその仮説は正しいものでした。可音が内蔵助の娘であることが分かると公儀の責めに遭うことを恐れ、孫左衛門は裏切り者の罪を着せられながらも、ひそかに可音を育て上げたのです。
可音が嫁ぐ日がやってきました。可音は孫左衛門のために着物を仕立てて贈り、輿入れします。
その道中、吉右衛門はじめ真実を聞きつけた元赤穂の家臣たちが次々に姿を現し、可音の輿入れは長い行列になりました。
盛大に婚儀がおこなわれましたが、そこに孫左衛門の姿はありません。孫左衛門にはまだ、なすべきことが残っていました。
もしやと思い吉右衛門が慌てて隠れ家に戻ると、そこには切腹して果てた孫左衛門の姿がありました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「最後の忠臣蔵」の商品はこちら