「最高の人生の見つけ方」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

最高の人生の見つけ方の紹介:これまで接点のなかった男性二人が病気を機に出会う。余命僅かという共通点を抱え、二人がやり残していたことを叶えるための冒険に出るアドベンティックなハートフルストーリー。監督は『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー。原題は劇中にも登場する『The Bucket List』(“棺おけリスト”)。アメリカでは2007年のクリスマスに公開された。

この映画を無料で観る

予告動画

最高の人生の見つけ方の主な出演者

エドワード・コール(ジャック・ニコルソン)、カーター・チェンバーズ(モーガン・フリーマン)、トーマス(ショーン・ヘイズ)、ホリンズ医師(ロブ・モロー)、バージニア(ビバリー・トッド)

最高の人生の見つけ方のネタバレあらすじ

【起】- 最高の人生の見つけ方のあらすじ1

自動車修理工のカーターは結婚して45年、家族のために働いてきました。ある日の仕事中、病院の検査結果の報せが届き肩を落とします。
カーターは入院しがん治療のため様々な新薬を試していました。しばらくすると、同じ病室に喚き散らすエドワードがやってきます。彼は一代で財を築いた富豪で、この病院の経営者でもありました。エドワードは個室がいいとごねますが、一部屋2床と己が定めた規則に従いカーターとの同室を余儀なくされます。エドワードもまたがんが全身に転移していました。
エドワードの化学療法が始まりますが見舞いに来る者はおらず、秘書のトーマスが身の回りの世話をしていました。一方のカーターには引っ切り無しに家族が訪れ、孫からはカーター憧れの車マスタングGTのキーホルダーを渡されました。この頃になるとエドワードとカーターは身の上話もするようになり、エドワードは4回結婚歴があるものの子供はいないと話しました。
病院の対応は悪く、カーターは検査結果を教えて貰えずにいました。カーターは何かをメモしていて、エドワードはその内容を気にかけていました。

【承】- 最高の人生の見つけ方のあらすじ2

エドワードは担当医師から、余命が6ヶ月長くて1年と告げられます。落胆しながらも、エドワードはカーターの状況も確認するよう医師に指示しました。その夜、落込むエドワードを案じるカーターにも結果が届き、彼も余命6ヶ月と聞かされました。
翌朝エドワードは、カーターが丸めて投げ捨てたメモを読みます。そこには“棺おけリスト”と書かれていました。エドワードがしつこく聞くと、カーターは大学の哲学の授業で習ったもので、やりたいことを書きだすものだと渋々答えました。若い時分とは内容が違い、“見ず知らずの人に親切にする、死ぬほど笑う”などの項目が書かれていたのです。エドワードはリストに“スカイダイビング、世界一の美女のキスをする”などを書き足し、二人で実現しようと乗り出します。リストは単なる例えだというカーターに、エドワードは必死で説得を続けました。
妻バージニアが病室に来たので、カーターは自分の余命を告げました。看護師だった彼女は早速別の病院を当たろうとしますが、カーターはエドワードと旅に出ることを告げます。止める妻にカーターは「自由をくれ」と言い、病院を出る決意を固めました。

【転】- 最高の人生の見つけ方のあらすじ3

トーマスも連れて旅に出た二人は、まずスカイダイビングに挑戦します。その後サーキットを貸切り、マスタングGTで二人きりのレースをしました。移動はプライベートジェットを使い、カーターは相棒の富豪さに驚くばかりでした。
二人はエドワードが30年通っているフランスのレストランで食事をします。昔を思い出したエドワードは、エミリーという娘がいるが今は音信不通だという事実を話し始めました。カーターはリストに“娘と再会を果たす”を追加しますが、エドワードは激しく拒みます。
カーターのカテーテルが外れ出血しホテルに着くと、バージニアからエドワードに電話があり、夫を返してほしいと懇願されます。帰宅を促すエドワードにカーターは、何かを失ったせいで妻に対し若い時の気持ちが思い出せないから、旅を続けると譲りませんでした。
二人はアフリカを巡った後インドで火葬の話題になり、カーターは遺灰を安いコーヒー缶に入れ好きな場所へ埋めたいと語りました。エドワード御用達の世界一高価なコーヒーのコピ・ルアクは遠慮するとカーターは謙遜も…。二人は続いてエベレストに向かいますが、吹雪だったため登頂は諦めました。 この映画を無料で観る

【結】- 最高の人生の見つけ方のあらすじ4

香港のバーでカーターは女性に誘われますが、エドワードの仕業だと気付きもちろん断り、呆れて家に帰ると言い出しました。帰国後、カーターの家に向かうはずの車は、エミリーの家に到着します。今度はカーターの案でした。これに激怒したエドワードは独り家に帰ってしまいます。
カーターも家族が待つ賑やかな家へ帰りました。妻と久しぶりの夜を迎え、10代の頃の緊張感を思い出しますが、カーターは寝室で痙攣し倒れます。翌日エドワードはバージニアから報せを受け、慌てて病院へ向かいました。カーターのがんは脳に転移していたのです。
再会したエドワードにカーターは、コピ・ルアクはジャコウ猫の糞の中から加工した豆という事実を伝え、二人は大笑いします。カーターはリストの“泣くほど笑う”にチェックし、残りをエドワードに託しました。そしてカーターは手術室にて命尽きたのでした。
エドワードはカーターから貰った手紙で彼の意思を知り、エミリーに会いに行きました。孫娘と対面し“世界一の美女とキスをする”も遂行します。カーターの葬儀では、3か月前まで他人だったのに…と弔辞を読み、“見ず知らずの人に親切にする”をチェックしました。
やがてエドワードも亡くなり、トーマスは安いコーヒー缶に入れた彼の遺灰を、既にあるカーターの缶の隣に置きました。そこはエベレストの頂上です。トーマスは“荘厳な景色を見る”で完了したリストを缶の横に並べました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

    トマトだというイモさんの感想

    引退してしまったジャックニコルソンさん、カッコーからの大ファン。モーガンさんも最高の役者。観ます。

映画の感想を投稿する

映画「最高の人生の見つけ方」の商品はこちら