「東京難民」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

東京難民の紹介:2014年公開の日本映画。ネットカフェ難民や危ないバイトなど、現代社会が抱える“闇”に迫った福澤徹三の同名小説を、『半落ち』『ツレがうつになりまして。』の佐々部清監督が映画化した社会派ドラマ。

この映画を無料で観る

予告動画

東京難民の主な出演者

時枝修(中村蒼)、北条茜(大塚千弘)、順矢(青柳翔)、川辺瑠衣(山本美月)、小次郎(中尾明慶)、児玉篤志(金子ノブアキ)、鈴本(井上順)、軽部(金井勇太)、俊(落合モトキ)、芹沢(田村三郎)、荒木(吹越満)、警官(福士誠治)、警官(津田寛治)、小早川(小市慢太郎)

東京難民のネタバレあらすじ

【起】- 東京難民のあらすじ1

時枝修はごく平凡な大学生活を送っていましたが、ある日突然学費未納が理由で大学を除籍されました。北九州の実家に行った修は、父が借金を抱えたまま夜逃げしたことを知ります。
家賃不払いのため、東京・八王子の賃貸マンションからも追い出された修は、ネットカフェで夜を明かし即日のバイトを探す、いわばネットカフェ難民となりました。
ティッシュ配りのバイトをしつつ治験バイトの登録をしていた修に治験の知らせが来ます。三食昼寝つきで日当2万の高額バイトですが、ネカフェで暮らしていた修には、何よりもベッドで寝られるのが魅力でした。
短期間で20万近くの金を得た修は、ほくほくしながら街を歩いていて職務質問に遭います。

【承】- 東京難民のあらすじ2

ゲームセンターで得たキーホルダー型ライトにナイフとレンチがついていて軽犯罪法に抵触し、修は署に連行され質問攻めを受け、謝罪して不起訴になりました。
むしゃくしゃした気分の修は、声をかけてきた瑠衣についてホストクラブで豪遊します。酔い潰れた修は瑠衣に置き去りにされ、クラブの支払いに困りました。
クラブのオーナー・篤志に気に入られた修は、その店「Lalah Club」で雇ってもらいます。先輩・順矢や小次郎と同じ寮の部屋に住み、慣れない仕事に悪戦苦闘しました。
それでもなんとか指名客・茜がつき、修と看護師の茜は外でデートを重ねます。
店にツケを溜めたままトンだ(逃げた)瑠衣が篤志に捕まりました。

【転】- 東京難民のあらすじ3

篤志の店のケツモチ(バック)は暴力団で、篤志自身も企業舎弟です。順矢と修は「瑠衣をフロに沈めて来い(ソープランドで働かせろ)」と言われました。
順矢は瑠衣のことが好きだと知る修は、逃亡を企てます。瑠衣を秋田の実家に帰し、順矢と修は先輩のつてで千葉の新栄建設で土工の仕事に就きました。
順矢と修は、仕事はきついながらも労働に充実感を得ます。その頃修は、連絡せず放っていた茜が気になり会いに行き、修たちがトンだことで茜にも迷惑をかけたことを知りました。
順矢は瑠衣の実家で百姓をすると決めた矢先、篤志に見つかって新宿に連れて行かれます。修も追って店に戻りました。
篤志は中国で運び屋をすることになります。 この映画を無料で観る

【結】- 東京難民のあらすじ4

修も名乗り出ましたが、篤志に「中国でシャブ売って捕まったら死刑、あいつの覚悟も知らないガキが」と半殺しにされ、多摩川の橋の下に捨てられました。
自分は終わっている…そう思った修は、ホームレスの人たちに助けられますが記憶喪失を装います。特に優しく修に接したのは鈴本という男性で、修に「茂」という名をつけました。
駅前で拾った雑誌を売る修は、茜がソープランドで働いていることを知ります。その夜、修は鈴本に自分が遭遇したことを話しました。
鈴本は修を慰めます。鈴本の別れた妻との息子・茂は東日本大震災で亡くなり、鈴本は悲しみを抱えていました。
茜に会って謝罪して和解した修は、父親を探す旅に出ました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「東京難民」の商品はこちら