「東南角部屋二階の女」のネタバレあらすじ結末

東南角部屋二階の女の紹介:期待の女監督・池田千尋による日本のヒューマン映画。古い木造アパートでの新生活を始める3人の若者の姿を描いている。2008年公開。

予告動画

東南角部屋二階の女の主な出演者

野上孝(西島秀俊)、三崎哲(加瀬亮)、豊島涼子(竹花梓)、野上友次郎(高橋昌也)、哲の恋人(大谷英子)、藤子(香川京子)、ロク(塩見三省)

東南角部屋二階の女のネタバレあらすじ

【起】- 東南角部屋二階の女のあらすじ1

会社員の野上は、父親が亡くなり莫大な借金を肩代わりすることになります。野上は祖父・友次郎と同居しており、祖父が所有する古アパートの土地を売却し、借金の返済を考えていました。ところが友次郎は首を縦に振らず、野上は会社を退職し、家付き娘とお見合いをします。
野上のお見合い相手は、アパートの更新料が払えなくなり結婚相談所に駆け込んだ、30歳間近のフリーのフードコーディネーター涼子でした。
同時期、先輩の野上が退職すると聞いた三崎は、なんとなく辞職して恋人に捨てられます。
こうして住処を失った涼子と三崎は、野上の迷惑をよそに古アパートに越してきて、不思議な共同生活が始まります。

【承】- 東南角部屋二階の女のあらすじ2

友次郎の土地に立つアパートの所有者は、近くで居酒屋を営む藤子でした。彼女は友次郎の弟の許嫁で、戦争で弟が亡くなった後、結婚をせず友次郎夫婦と家族同然の付き合いをしていました。
野上の借金話を耳にした藤子は、アパートの権利書を野上に手渡します。それから数日後、藤子は3人に店番を任せて友次郎と旅に出ます。3人が不器用に切り盛りする店に常連のロクが訪ね、酔っ払いながら失った夢やそこから得たものについて語ります。そんなロクの姿に3人は惹かれていきます。

【転】- 東南角部屋二階の女のあらすじ3

アパートには「開かずの間」になっている201号室がありました。
ある夜、台風がアパートを襲い、201号室の窓が飛ばされてしまいます。部屋に入った3人は、水浸しになった部屋で嫁入り箪笥や着物が大切に保管されているのを見つけます。
そこは昔藤子が住んでいた部屋で、箪笥は戦争で亡くなった友次郎の弟から贈られたものでした。大切にしまっていた着物には、ラブレターらしき手紙が添えてありました。

【結】- 東南角部屋二階の女のあらすじ4

台風が去ると、何かを決意したように藤子は201号室の鍵を開けます。そこには3人が干した着物が掛けられており、藤子は思わず声を上げます。
着物は友次郎の弟から贈られたものではなく、友次郎が買ったものだと藤子は告げます。暖かい日が差し込む東南角部屋の2階で、藤子は白い着物を羽織り、庭にいる友次郎に微笑みかけます。2階を見上げた友次郎は、驚いた様子で着物を見つめます。
それを見ていた3人が少しだけ成長する場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「東南角部屋二階の女」の商品はこちら