「武士の一分(いちぶん)」のネタバレあらすじ結末

武士の一分の紹介:2006年制作の日本映画。山田洋次監督による、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、藤沢周平・原作の時代劇三部作の最終作にあたる。SMAPの木村拓哉が初めて時代劇に挑戦した作品でもある。

武士の一分(いちぶん)の主な出演者

三村新之丞(木村拓哉)、三村加世(檀れい)、徳平(笹野高史)、樋口作之助(小林稔侍)、滝川勘十郎(綾田俊樹)、加賀山嘉右衛門(近藤公園)、波多野東吾(岡本信人)、滝川つね(左時枝)、玄斎(大地康雄)、木部孫八郎(緒形拳)、波多野以寧(桃井かおり)、島田藤弥(十代目坂東三津五郎)

武士の一分(いちぶん)のネタバレあらすじ

【起】- 武士の一分(いちぶん)のあらすじ1

三村新之丞は、東北にある小さな藩・海坂藩に仕える下級武士でした。新之丞は美しく気立てのよい女性・加世と所帯を持ち、つつましいながらも幸福な暮らしを送っています。
新之丞は、城下にある木部道場で剣術を修め、優秀な侍でした。しかし仰せつかった仕事は、藩主の毒見役(鬼役)でした。
剣の腕を振るう仕事に就きたかった新之丞にとっては、気の進む仕事ではありませんでしたが、新之丞は務めをまっとうしつづけます。
ある日、新之丞は藩主の昼食を食べ、倒れました。それを見た他の武士が「食事に毒が盛られた」と早合点し、藩主の元へ急ぎ走ります。 この映画を無料で観る

【承】- 武士の一分(いちぶん)のあらすじ2

食事に毒が盛られていたわけではなく、新之丞はつぶ貝の毒にあたったのでした。
新之丞は意識を失ったあと高熱を出し、激しい痛みに苦しみます。そして数日後、なんとか命は助かりましたが、新之丞は目が見えなくなっていました。
加世はお百度参りをして祈りますが、医師・玄斎は新之丞の目が再び見えるようになる見込みはないと告げます。
失明した新之丞は絶望で死を考えましたが、加代や中間(ちゅうげん 武家に奉公する使用人)・徳平の取りなしもあって、思いとどまりました。しかし困るのは今後の生活です。
新之丞の親族が会議を開き、家禄(給料)の半分でも据え置きでもらえるように頼めと、加代に言いました。

【転】- 武士の一分(いちぶん)のあらすじ3

偶然道で行き合った顔見知りの上級武士・島田が加世に、何かあれば力になると言います。
城の決断は寛大なものでした。三村家は存続、三十石の家禄もそのままというものです。しかし島田はその代償として、加世に肉体関係を強要しました。島田は加世をだましています。
新之丞は加世と島田の関係を耳にし、加世を離縁しました。自分のせいで加世が辱められたことによる申し訳なさと屈辱、怒りからです。
新之丞は木部道場で、剣術の稽古を再開しました。道場主・孫八郎が新之丞をきたえます。
剣術稽古の甲斐あって、盲目ながら少しずつ新之丞は剣の勘を取り戻します。 この映画を無料で観る

【結】- 武士の一分(いちぶん)のあらすじ4

島田が家禄の口添えをしていなかったことを知った新之丞は、「武士の一分(侍が命を賭して守らなければならない、名誉や面目という意)」から島田に果し合いを申し込みました。
河原での決闘で、新之丞は島田の左腕をみごと斬り落として去りました。
島田は藩に詮議(事情聴取)されますが、一切答えませんでした。島田自身も武士の一分をまっとうしたのです。
島田は残った右手で己の腹を切り、切腹して果てました。
徳平が新之丞に、新しい飯炊き女を雇いたいと言います。その飯を食べた新之丞は、加代が戻ったことを知って抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「武士の一分(いちぶん)」の商品はこちら