「死ぬまでにしたい10のこと」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

死ぬまでにしたい10のことの紹介:2003年公開。癌を宣告されて余命僅かの女性が、残りの人生を悔いなく生きる様を描いた作品。監督・脚本は「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ。主演は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のサラ・ポーリー。「アベンジャーズ」のハルク役のマーク・ラファロや「ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女」のマリア・デ・メディロスも出演。

この映画を無料で観る

予告動画

死ぬまでにしたい10のことの主な出演者

アン・マトランド(サラ・ポーリー)、ドン・マトランド(スコット・スピードマン)、リー(マーク・ラファロ)、ローリー(アマンダ・プラマー)、隣人のアン(レオノール・ワトリング)、美容師(マリア・デ・メディロス)、アンの母(デボラ・ハリー)、アンの父(アルフレッド・モリーナ)

死ぬまでにしたい10のことのネタバレあらすじ

【起】- 死ぬまでにしたい10のことのあらすじ1

主人公のアンは夫のドンが失業中で、幼い娘のペニーとパッツィーの4人で暮らしています。場所はアンの母の裏庭で、トレーラーハウスの中で生活しています。
アンは夜勤の清掃員をしていて、同僚でダイエット中毒のローリーと楽しみながら働いています。アンの母は、パンを作る仕事をしています。アンの父は刑務所にいます。
ドンが娘達を学校に送り届けに行きます。一人になったアンは、腹痛で倒れてしまいます。洗濯物を一緒に干してあげると、アンの母がやってきて気づきます。
アンは病院で長時間の検査をすることになります。母に娘の送り迎えを頼むように、看護師に言ってもらいます。
その後医師から、卵巣に腫瘍ができていて胃などに転移していると聞かされます。まだ23歳にも関わらず、余命が2~3カ月だと言われます。アンは貧血と言って、誰にも言わないことにします。
ドンにプールの工事の仕事が見つかります。運が向いてきたと喜んでいる様子です。 この映画を無料で観る

【承】- 死ぬまでにしたい10のことのあらすじ2

アンはコーヒーショップに立ち寄ります。そこで、死ぬまでにしておくことをノートに書きます。
娘達に毎日愛してると言う、娘達の気に入る新しいママを探す、娘達が18歳になるまで誕生日のメッセージを贈る、家族でビーチへ行く、好きなだけお酒とタバコを楽しむ、思ってる事を話す、夫以外の人と付き合ってみる、男性を夢中にさせる、刑務所の父に会う、爪とヘアスタイルを変えるの10項目です。
夜中に1人出掛けたアンは、バーで美容師と出会います。昼間に美容院を訪れていて、後日伺う予定なのです。
その後コインランドリーに行くと、一人の男性が話しかけてきます。彼はリーという名前で、コーヒーショップでアンを見てから気になっていました。
コインランドリーで眠ってしまったアンを見守り、本とジャケットを渡します。本の中には、リーの電話番号が書かれていました。
アンはちょっとした事で母と口論になります。ペニーとも喧嘩をしてしまいます。

【転】- 死ぬまでにしたい10のことのあらすじ3

アンは深夜、車の中で娘達の誕生日メッセージを録音機に収録します。涙を流しながら、外では強い雨が降っていました。
仕事に行ったアンは、強い吐き気に襲われます。医師の指示通りに診察に行ってなかったのです。
ローリーが吐き気の理由を尋ねてきますが、アンはトラウマなどを理由にしてはぐらかします。
本を返しに行きたいと、アンはリーに電話をします。彼の家に行くと家具は一切置かれてませんでした。前の恋人が持って行ってしまった様子です。
リーは姉からもらったカセットテープの音楽を聞こうと車へ誘います。二人は盛り上がってキスをします。
病院に行ったアンは、医師に録音したメッセージを届けて欲しいと頼みます。条件として、薬をもらいにくるようにと医師は言います。
ローリーを夕食に招くと、彼女は最近過食症で食べまくります。その様子にドンと娘達は批判してしまいます。ローリーは挙式の前日に捨てられてしまった過去があるのです。
アンは、隣に引っ越してきた同じ名前のアンに娘達を任せます。その間にリーに会いに行きます。娘達は隣人のアンと仲良くなります。

【結】- 死ぬまでにしたい10のことのあらすじ4

アンは、隣人のアンをコーヒーに招きます。彼女が看護師で、産まれてきたばかりのシャム双生児の話しを聞きます。
その赤ちゃんは、生き続けるのが困難な理由もあって保育器から出されることになります。隣人のアンは死ぬまで抱き続けたと語ります。その話しを聞いたアンは涙します。
アンは、母から父の刑務所の場所を聞きます。父を訪ねて、娘達の靴のサイズを今度教えることにします。父は刑務所で靴を作る仕事をしているのです。
美容院に行ったアンは、爪を綺麗にしてもらいます。また来てねと言われますが、もう来れないことを伝えます。
次第にアンは体調が悪くなって寝込みがちになります。ドンや母、リーへのメッセージを録音します。
リーを誘って、アンは食事に行きます。途中で帰ることにすると、リーはアンに夢中であることを話します。ドンが迎えに来て、リーはその様子を見て悲しみます。
隣人のアンを夕食に誘います。ドンと隣人のアン、娘達の楽しい様子をアンはベッドの上で見守ります。
自分のいない人生の一コマとして、隣人のアンを娘達とドンが愛することを願います。家族の幸せを祈って、アンは目を閉じます。
メッセージを渡された人々の様子が映し出されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、余命僅かと宣告されたアンの愛する家族への愛情の大きさです。自分が死ぬことを決して言わず、娘達や家族に準備していく姿には心打たれます。
愛する家族にメッセージを残す姿、刑務所にいる父に会いに行く姿など、淡々と描かれているようで深い悲しみと希望がにじみ出ている演出は素晴らしいとしか言えません。
劇中、出演者の顔がアップになる場面があります。その演出が出演者の表情を見やすくしていて、感情を受け取りやすくなっています。
印象的だった場面は、隣人のアンがコーヒーを飲みに来た時です。子供について聞かれた彼女が、小児科で働いていた時の話しをします。
あまりにも悲しい内容で、アンが涙してしまいます。同時に見ている自分の目にも涙が出てしまいました。
この作品を見終わって、自分も余命僅かと宣告されたら、どうするべきか考えさせられました。今の生き方で良いのか、これから何をすべきなのかなど考えさせてくれる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「死ぬまでにしたい10のこと」の商品はこちら