「毎日かあさん」のネタバレあらすじ結末

毎日かあさんの紹介:2011年公開の日本映画。人気漫画家・西原理恵子の自伝的ベストセラー・コミックの映画化で、小泉今日子と永瀬正敏との元夫婦での共演も話題を呼んだ。

この映画を無料で観る

予告動画

毎日かあさんの主な出演者

サイバラリエコ(小泉今日子)、カモシダユタカ(永瀬正敏)、ブンジ(矢部光祐)、フミ(小西舞優)、トシエ(正司照枝)、愛ちゃん(田畑智子)、麦田(鈴木砂羽)、粟田(柴田理恵)、稗田(北斗晶)、米田(安藤玉恵)、シマダ(大森南朋)、ゴンゾ(古田新太)、サイバラの兄(光石研)

毎日かあさんのネタバレあらすじ

【起】- 毎日かあさんのあらすじ1

サイバラリエコは漫画家をしながら家を切り盛りしています。
リエコの母・トシエは夫の死後も高知にいましたが、リエコに「家事と育児を手伝って」と言われて5年前に上京し、いっしょに暮らしていました。
リエコには6歳になってもオネショをしてしまう長男・ブンジと、保育園に通う4歳の長女・フミがいます。夫・カモシダはアルコール依存症で入院中です。
リエコは朝トシエに起こしてもらってから、一家の子どもたちが出ていくまで、ちょっとした戦場を味わいます。ママ友たちとの情報交換も怠りません。 この映画を無料で観る

【承】- 毎日かあさんのあらすじ2

戻ってきてからは、休む間もなく漫画の仕事開始です。アシスタント・愛ちゃんと共に、夜遅くまで机に向かって仕事をします。
仕事が終わると、子どもたちを絵本で寝かしつけ、リエコ自身も少しだけ寝酒を飲むのが楽しみでした。
ある日、アルコール依存症で入院中のカモシダが、勝手に退院してきます。
カモシダは元戦場カメラマンでした。人の死を見すぎてしまったカモシダは、帰国後にアルコール依存症になってしまっていました。
「寿司を買ってくる」と言って出かけて、戻ってきたら犬を買っていたなどということもあります。

【転】- 毎日かあさんのあらすじ3

作家になると豪語しつつ酒に手が伸び、すっかり居候と化したカモシダに、リエコは離婚届を突きつけます。
カモシダ自身も酒の飲み過ぎで吐血を繰り返したり、家族に迷惑をかけたりしている自覚はあり、完全隔離された病院に入って本格的にアルコールを断とうと決めました。
海辺の近くの病院に入るカモシダを、一家は病院まで付き添って、見送ります。
父親のことが大好きなブンジとフミは、カモシダの不在を淋しがりますが、我慢しました。
それから月日は流れ、カモシダが帰ってきました。アルコール依存症を克服したのです。

【結】- 毎日かあさんのあらすじ4

しかしカモシダの体にはガンが巣食っていました。
抗がん剤治療のため頭髪の抜け落ちたカモシダを、リエコたちは家に迎えます。
カモシダを迎えた一家は、つかの間、穏やかな家族としての暮らしを送りました。
再びカモシダが入院し、帰らぬ人となるまでは早いものでした。
夫・カモシダの遺体を前に泣き濡れるリエコを励ましたのは、子どもたちです。
カモシダは亡くなる前に、家族の写真をたくさん撮っていました。なんてことない靴の写真から、居間に置かれたかえるのぬいぐるみなど、それはそれはたくさんの写真がありました。
中でも家族の集合写真、それはカモシダが家族に残した宝物でした。

みんなの感想

ライターの感想

役になりきるために、ストイックなほどまでに努力をするという永瀬正敏さん。この作品では、病気でどんどんやせ細っていくカモシダを演じるために、12キロもの減量を行ったそうです。病床での演技が見事すぎます…。その辺りはよくある話ですが、カモシダを知るための調査も熱心に行い、ご本人のお墓参りにも行ったほどだそう。夫婦役を演じた、小泉さんと永瀬さんも現実でも元夫婦でしたし、戦場カメラマン役だった永瀬さんは、写真家としても活動をしており個展を開く腕前です。
原作と演者に共通点のある映画だから、ものすごく自然に演じられたと小泉さんは語っています。元パートナーとタッグを組めるだなんて、やはり俳優さんって尋常じゃない魂の持ち主ですね。

映画の感想を投稿する

映画「毎日かあさん」の商品はこちら