「気球クラブ、その後」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

気球クラブ、その後の紹介:2006年公開の日本映画。久しぶりに再会したサークルのメンバーたちが、青春を振り返りながら自分を見つめ直す姿を描いた作品。監督・脚本は「愛のむきだし」の園子温。撮影は「ヒミズ」の谷川創平。編集は「冷たい熱帯魚」の伊藤潤一。出演は「HAZARD」の深水元基や「ひとりかくれんぼ 劇場版」の川村ゆきえ、「夫婦フーフー日記」の永作博美など。主題歌は畠山美由紀が歌う、荒井由実の名曲「翳りゆく部屋」。

この映画を無料で観る

気球クラブ、その後の主な出演者

二郎(深水元基)、みどり(川村ゆきえ)、村上(長谷川朝晴)、美津子(永作博美)、しゅう(いしだ壱成)

気球クラブ、その後のネタバレあらすじ

【起】- 気球クラブ、その後のあらすじ1

物語は、気球クラブのメンバーでもあった村上が事故にあった所から始まります。その連絡が二郎に入ります。
メンバーの皆は、村上に関してあまり知りませんでした。当時、村上と付き合っていた美津子に事故の連絡を取ろうとします。美津子の連絡先を聞きまわるメンバー達でした。
村上は、現在の彼女とバイクに乗っていたそうです。そして彼が病院で死亡した連絡がきます。メンバーの何人かは病院に駆け付けます。
二郎のカールフレンドのみどりは、仲の良い西村ひろしの家に行ってカレーを食べます。
5年前、気球サークルに参加した二郎は美津子と出会った時の事を思い出します。彼女は、気球に乗ったことが無くて、いつも待っている様子です。
それから初めての飲み会の時の事も思い出します。二郎と西村は自己紹介して、村上は気球クラブの代表として演説して大いにはしゃぎます。 この映画を無料で観る

【承】- 気球クラブ、その後のあらすじ2

美津子が一人別室へと行くのを見て、二郎は追いかけます。彼女にキスをされる二郎でした。
その後、気球クラブならではの気球バーが開かれます。翌日、二郎はやましい気持ちで、美津子と村上のいる気球クラブの部屋を訪れます。
そこで村上から様々な気球を紹介してもらいます。気球はほどほどにして、二郎は美津子にキスをされます。美津子は気球よりもキスのほうがロマンチックで好きな様子です。
現在に戻って、美津子の連絡先を知っていたみどりが、村上の事故の事を言っておいてくれます。みどりは、その時西村とイチャついていました。
その後、二郎は村上が死んだことを聞きます。メンバー達は、久しぶりに集まろうと言うことになります。
5年ぶりに気球クラブの部屋に集まります。久しぶりに顔を合わせた皆は、飲んではしゃぎます。

【転】- 気球クラブ、その後のあらすじ3

皆は、気球バーとして使っていた黄色い気球を見つけます。これは村上が考えていた巨人の気球の目玉になる予定でした。
この場を借りて、正式に気球クラブが解散することが決定します。気球バーの気球を葬り去りに行きます。
二郎は、村上が言っていた台詞を思い出します。夢を見続けることが大切だと言っていました。
最後に気球バーで遊んでいると、しゅうがある話しをします。それは一度だけ、村上が美津子と一緒に気球に乗った話しです。
その時に村上は、美津子にプロポーズをします。美津子の返答は、地上で渡して欲しいとのことでした。
それを聞いた二郎が話題を変えます。皆は次の人生を歩むために、携帯に登録されているメンバーのアドレスなどを消去することにします。そして皆は気球バーを野ざらしにして、別れを告げます。
二郎と西村が気球バーに残って眠ってると、美津子が気球バーに穴をあけてタバコをセットします。二人は飛び起きます。
それから1年が経って、二郎は社会人のふりをして生きるのが得意になりました。青春は終わりを告げます。

【結】- 気球クラブ、その後のあらすじ4

ここから気球クラブができた話しが始まります。先輩が無償で貸してくれた家に、村上と美津子がやってきます。
村上は、自分の気持ちを書いた手紙をバルーンに取り付けます。いつか落ちてきた時に読んで欲しいと美津子に頼みます。
その時に気球クラブの名前が「うわの空」に決まります。全国にいるうわの空の人達を集めて、でっかいバルーンを打ち上げようと村上は計画します。
一週間が経って、美津子は手紙を読もうとします。しかし、バルーンは落ちて来てませんでした。
それからしばらくすると、今度は違うバルーンが大量に浮かびます。やりきれない美津子は、気球クラブの看板に八つ当たりします。
その頃には皆が集まっていました。それから半年ぐらいでクラブは解散になりました。
半年の間に、みどりが一度だけ訪ねた事がありました。みどりは、美津子からバルーンが気づかないうちに降りて来たら、教えて欲しいことを頼まれます。
そのバルーンは現在、二郎が持ち帰っていました。手紙を読んだ二郎が、内容は誰にも言わないと言ってエンディングです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、終盤の美津子演じる永作博美の演技だと思います。彼女が、みどりにバルーンのことを頼む涙ながらの場面には感動してしまいます。
今作のストーリーは若者達の青春や、美津子と村上の愛を中心に描いていて、最後には心にグッと響きます。
また、雰囲気を大切にしている映画で、荒井由実の名曲が更に魅力を引き立ててると思います。畠山美由紀が歌う「翳りゆく部屋」はずっと聞いていたくなります。
そして、気球が飛んでいる場面が描かれていて迫力を感じることができます。また、気球バーがタバコを吸って、ぺちゃんこになっていくシーンには驚きました。
最後まで見終わって、村上が美津子に書いた手紙の内容が何て書いてあったのか気になりました。しかし、それを語らないのも、また良いのかなとも思います。見終わった後の余韻が強くて、ずっと記憶に残るのではと思うほどの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「気球クラブ、その後」の商品はこちら