「海街diary」のネタバレあらすじ結末

海街diaryの紹介:2015年6月13日公開の日本映画。海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流を描いた吉田秋生の同名コミックを、『そして父になる』の是枝裕和監督が映画化した人間ドラマ。

予告動画

海街diaryの主な出演者

香田幸(綾瀬はるか)、香田佳乃(長澤まさみ)、香田千佳(夏帆)、浅野すず(広瀬すず)、佐々木都(大竹しのぶ)、椎名和也(堤真一)、坂下美海(加瀬亮)、二ノ宮さち子(風吹ジュン)、福田仙一(リリー・フランキー)、尾崎風太(前田旺志郎)、菊池史代(樹木希林)、浅野陽子(中村優子)

海街diaryのネタバレあらすじ

【起】- 海街diaryのあらすじ1

幸田家の三姉妹は、鎌倉の古くて広い家に住んでいました。教師をしていた祖父母の家です。
長女・幸は市民病院の内科に勤務するしっかり者の看護師です。
次女・佳乃は信用金庫の受付業務をする女性で、男運がなく酒癖が悪い女性で幸とよく衝突しますが、本当は仲の良い姉妹です。
三女・千佳はお団子頭の釣りが趣味の女の子で、スポーツ用品店に勤務しています。
彼女らの元にある日、15年前に家を出た父の訃報が届きました。父は妻・都を捨て、別の女性と結婚したのです。さらに父はその女性と死別し、3人目の女性・陽子と子連れ同士で再々婚していました。
山形・河鹿沢温泉での葬儀に三人は行き、腹違いの妹・すずと会いました。

【承】- 海街diaryのあらすじ2

父の再々婚相手・陽子は頼りなく、すずに好印象を持った幸たちは、別れ際に鎌倉に来ないかと誘います。すずは「行く」と即答しました。
すずを引き取ることを大叔母(母方の祖母の妹)・菊池史代に報告した幸は「またあんたの婚期が遠のく」と嘆かれます。
鎌倉に来たすずは、2階の南向きの部屋で生活を始めました。三姉妹はすずを歓待し、梅酒作り、障子の張り替え、1つのこたつを共有する女4人の暮らしは女子寮のようです。
江ノ電・極楽寺駅周辺の人々も温かく迎えました。すずは学校に溶け込み、地元のサッカーチーム『湘南オクトパス』に入団します。サッカーチーム行きつけの店『海猫食堂』の店主・二ノ宮さち子にも気に入られます。

【転】- 海街diaryのあらすじ3

次女・佳乃がヒモ同然の恋人と破局し荒れました。三女・千佳はアフロ頭のスポーツ用品店の店主・浜田と、ほのぼのしています。すずも、同級生で湘南オクトパスのチームメイト・尾崎風太と意識し合う仲でした。
市民病院に新設される、終末期医療のターミナルケア病棟への配属を幸は打診され、恋人の小児科医・椎名に相談します。
祖母の七回忌法要で、現在は札幌に住む三姉妹の母・都が来ました。都は長女・幸が高校時代に三姉妹を祖父母に託して家を出たので、都と幸はそりが合いません。
三姉妹の実母を見たすずは、幸に「奥さんがいる人を好きになるなんて、よくないよね」と自分の母のことを詫び、幸は言葉に詰まりました。というのも…。

【結】- 海街diaryのあらすじ4

幸の恋人・椎名は別居中の妻がいる既婚者で、精神を病み入院する妻との離婚に抵抗を感じる椎名と幸は、不倫関係でした。
次女・佳乃が融資課へ異動になり、坂下課長と外回りを始めました。遺産を寄こせという弟が現れた相談を、『海猫食堂』店主・さち子から受けます。
さち子は末期がんと判明し、店を畳んでターミナルケアに入りました。病棟勤務を受けた幸がケアします。
椎名がアメリカのボストンに行くことになり、一緒に行こうと幸を誘いました(プロポーズ)。幸は断り、不倫関係に終止符を打ちます。
さち子が他界し「綺麗なものを綺麗って思えるのが嬉しい」と葬式でのBF・福田の言葉を噛みしめつつ「四」姉妹は海辺で戯れました。

みんなの感想

ライターの感想

共演が初めてだったという姉妹役の4人は、本当の四姉妹に見えるために劇中で香田家として使われた一軒家で、映画のクランクイン前に1週間ほど一緒に暮らしてみたそうです。その間は料理を作ったり、普通の生活をして交流を深めたそうな。そしてまた、妙に生活感のあふれる家だったのですが、今でも実際に人が住んでいる家をお借りしたらしく、本当の住民の方にはなんとなんと映画の撮影中は、別の場所に引っ越してもらったそうです。きっと監督がこの家しかない!と感じたんでしょうね。
映画を観る前までは「あり得ないだろう!」と言いたくなるような美人姉妹だったのですが(笑)、劇中では意外と“普通の”姉妹に感じられました。(私の意見ですが…。)ひとつの作品を創るのに、見えない努力がたくさんあるんだぁと、ちょっと感動した情報です。ほろり。
  • クミさんの感想

    なぜか、私の幼き時代、昭和で生きた思い出を思い出したくなるようなイメージがあり、心が休まりました。

  • 匿名さんの感想

    色んな人の人生を詰め込みすぎ。どれも中途半端な感じがして、映像として見ていて見ていて眠くなる。
    長澤まさみの色っぽさに女として憧れた。

  • さぶさんの感想

    腹違いの妹が父の死を境にしてこの先は決して幸せを望めないだろううことを察知し、鎌倉で一緒に暮らそうと誘い、父の葬儀というわずかな出会いの間に築かれた関係が15歳の妹の決断でその人生が幸せに満ちたもの変わっていくことが描かれており、何度見ても「本当によかった」とほのぼのとした気持ちににしてくれる作品でした。四人姉妹全員があまりにもいいひとばかりなのにあこがれました。

  • 匿名さんの感想

    見ましたからねなんだけど?を振れないねんけどね〜〜って感じだという

映画の感想を投稿する

映画「海街diary」の商品はこちら