「清須会議」のネタバレあらすじ結末

清須会議の紹介:2013年公開の日本映画。1582年に実際にあった歴史上の出来事の清洲会議(清須会議)を元にして書いた、三谷幸喜の小説を三谷自身が映画化。豪華なキャスト陣にも注目。

予告動画

清須会議の主な出演者

柴田勝家(役所広司)、羽柴秀吉(大泉洋)、丹波長秀(小日向文世)、池田恒興(佐藤浩市)、織田信雄(妻夫木聡)、前田利家(浅野忠信)、黒田官兵衛(寺島進)、堀秀政(松山ケンイチ)、織田三十郎信包(伊勢谷友介)、お市様(鈴木京香)、寧(中谷美紀)、松姫(剛力彩芽)

清須会議のネタバレあらすじ

【起】- 清須会議のあらすじ1

天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が明智光秀に倒されました。明智光秀は直後、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)により討たれます。
織田家の跡目を継ぐのか皆考え、跡目を決める評定(ひょうじょう 会議)が開かれました。
主な勢力は2つ…信長の三男・信孝を推す宿老筆頭・柴田勝家と、信長の次男・信雄(のぶかつ)を推す羽柴秀吉です。
(ちなみに長男・信忠は本能寺の変で信長と共に自刃します)
次男・信雄は大うつけ者と噂される人物で人柄に問題があり、三男・信孝は身分の低い女から生まれたということで、家柄に難がありました。
ところで勝家と秀吉が共に思いを寄せる相手がいます。信長の妹・お市様です。

【承】- 清須会議のあらすじ2

お市様は夫・浅井長政と息子・万福丸を殺した相手・秀吉をひどく憎んでいました。勝家のことを田舎者扱いしますが秀吉憎さが勝り、勝家に肩入れします。
秀吉は妻・寧(ねね)の内助の功や軍師・黒田官兵衛の力もあり、信長の弟・三十郎信包(のぶかね)を味方につけました。
さて織田家の跡目を決める「清須会議」が開かれます。
会議に参加したのは宿老の勝家、秀吉、勝家の参謀・丹波(にわ)長秀、何事に対しても立場が曖昧な池田恒興(つねおき)の4人でした。前田玄以が書記として立ち会います。滝川左近は遅れて欠席です。
秀吉は会議の段になって、武田信玄の五女・松姫と信長の長男・信忠との息子・三法師を推しました。

【転】- 清須会議のあらすじ3

生前に信長は信忠に家督を継いでおり、その信忠の子である三法師は幼少ではあるものの、妥当な後継ぎです。織田家の跡継ぎは三法師に決まりました。三法師の後見人(棟梁)は信孝に決まります。
秀吉の案が通ったことで勝家は負け、怒ったお市様は勝家に秀吉暗殺を命じました。
勝家は忍びの者に命じますが、それを知った秀吉は当の勝家の部屋に赴き居座ることで暗殺を回避します。
寧は松姫と会った際に、三法師に秀吉の目を向けさせたのは松姫の計算(作戦)だったことを知りました。
一夜明けて、評定も終わり皆諸国へ帰ることになりました。
挨拶に来た秀吉に対し、お市様は勝家と祝言を挙げることを告げます。

【結】- 清須会議のあらすじ4

衝撃を受ける秀吉に対し、お市様は「勝家のことを好きではないが、お前が最も嫌う相手に嫁ぐことにした」と言いました。
秀吉は悔しがりながらも「そこまで憎まれれば本望」と告げます。
城を去る勝家に対し、秀吉は寧と共に土下座して頭を低く下げ、「これからもご指導ください」と言いました。
鼻に泥をつけながら辞儀をする秀吉と寧に対し、勝家も頬をゆるませて「大儀である(ご苦労だった)」と返します。
勝家の背を見送りながら、秀吉は「1年以内に勝家を滅ぼし、織田家を乗っ取ってやる」とつぶやきました。
(実際、この翌年に「賤ヶ岳の戦い」が起こり、羽柴秀吉は柴田勝家とお市様を自害へ追いやりました)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「清須会議」の商品はこちら