「瀬戸内少年野球団」のネタバレあらすじ結末

瀬戸内少年野球団の紹介:1984年公開の日本映画。夏目雅子の遺作、渡辺謙のデビュー作。直木賞候補作品になった、阿久悠の自伝的小説を映画化。野球を通して子供たちに民主主義を学ばせようとする女教師と、スポーツに目覚めていく子供たちとの絆を描く。

瀬戸内少年野球団の主な出演者

中井駒子(夏目雅子)、足柄竜太(山内圭哉)、正木三郎〔バラケツ〕(大森嘉之)、波多野武女(佐倉しおり)、足柄忠勇(大滝秀治)、足柄はる(加藤治子)、中井鉄夫(渡辺謙)、正木二郎(島田紳助)、波多野提督(伊丹十三)、中井正夫(郷ひろみ)、穴吹トメ(岩下志麻)

瀬戸内少年野球団のネタバレあらすじ

【起】- 瀬戸内少年野球団のあらすじ1

昭和20年8月15日、日本は負けて戦争が終わりました。
翌9月、終戦直後の淡路島…。
江坂国民学校初等科5年では、担任教師・中井駒子の指示に従って、明治神宮の説明部分など、国語の教科書の不適切表現箇所を墨で黒く塗り潰していました。
両親を亡くした組長・足柄竜太、バラケツ(ヤクザ)志望の三郎は教科書が真っ黒になると駒子先生に言います。
アメリカ進駐軍が降り立ち、それまでの指導と一転する事態に、生徒たちはみな、何を信じればよいか戸惑いました。
駒子先生は、新婚早々出征した夫・正夫が戦死した知らせを受け、夫の家に留まるべきか迷います。正夫の両親は、次男・鉄夫と再婚してくれと駒子に頼みました。

【承】- 瀬戸内少年野球団のあらすじ2

波多野武女という転校生がやってきます。武女の父は海軍提督で、武女の親娘は淡路島の親戚宅に身を寄せました。
武女や提督を進駐軍の手から守ってやろうと、生徒たちは決意します。
ある日、淡路島にアンダーソン中尉率いる進駐軍(G.I.)の巡視船がやってきて、城山にある砲台を爆破していきました。
その夜、駒子に憧れていた鉄夫に、駒子は手ごめにされます。
翌日、村に松葉づえをついた白衣の軍人が帰ってきました。駒子の夫・正夫です。戦争で片足をなくした正夫は、生きていたのでした。
しかし駒子は前の夜に鉄夫に体を奪われた負い目があるため、正夫に顔見せできません。正夫は一旦、島を去りました。

【転】- 瀬戸内少年野球団のあらすじ3

翌年春、竜太やバラケツ、武女たちはそろって6年に進級します。担任は駒子先生です。
武女の父である提督は巣鴨(巣鴨プリズン 戦犯容疑者が収容された場所)に出頭しますが、武女は島に残りました。
バラケツの兄・二郎と恋人・葉子が島に戻ってきます。二郎は戦後のどさくさで成金になっていました。
軽薄な格好で生徒にキャンデーをばらまく2人を見て、駒子先生は生徒たちに野球を教えようと決めます。
手作りのバットやグローブ、ボールで練習を始めた生徒たちは、野球に夢中になりました。バラケツだけは、兄・二郎の仕事を手伝って練習に加わりませんでした。
バラケツの兄・二郎の事業が失敗し、自殺します。

【結】- 瀬戸内少年野球団のあらすじ4

金比羅に身を寄せる正夫の元を訪れた駒子は、再び一緒に生活しようと言いました。正夫は家に戻ります。
竜太たちは「江坂タイガース」という野球チームを結成し、戦前の中等野球で活躍した正夫がコーチになりました。バラケツもチームに入ります。
しかし隣町との初戦は惨憺たる結果に終わりました。
武女の父が絞首刑に処され、武女が東京に戻ることになります。
進駐軍のアンダーソン中尉が、江坂タイガースに試合を申し込みました。竜太たちは反対しますが、武女はやると主張します。
試合は武女の決勝打で江坂タイガースが勝ちました。
昭和22年3月、迎えに来た兄とともに武女が島を去り、バラケツが見送りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「瀬戸内少年野球団」の商品はこちら