「火の山のマリア」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

火の山のマリアの紹介:第65回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した2015年の製作のグアテマラ・フランス合作映画。グアテマラの火山のふもとで暮らすマヤ族の少女の劇的な人生を描くと同時に、同国が抱える社会問題にも迫ったヒューマンドラマ。

予告動画

火の山のマリアの主な出演者

マリア(マリア・メルセデス・コロイ)、フアナ(マリア・テロン)、マヌエル(マヌエル・アントゥン)、ペペ(マーヴィン・コロイ)、イグナシオ(フスト・ロレンツォ)

火の山のマリアのネタバレあらすじ

【起】- 火の山のマリアのあらすじ1

舞台は中米グアテマラ、火山のふもとにあるマヤ族の貧しい村です。そこで17歳の少女マリアは父マヌエル、母フアナとともに暮らしていました。両親はマリアにコーヒー農園主任で地主であるイグナシオと結婚するよう望んでおり、妻に先立たれ子どもの世話に追われるイグナシオもマリアとの結婚に乗り気になっていました。しかし、マリアは同じコーヒー農園で働くペペと恋に落ちていました。ペペは故郷の村に未来を見出せず、アメリカに渡りアメリカンドリームを手にしようと考えていました。マリアもペペとともにアメリカに渡りたいと考えていましたが、ペペからは一緒に連れて行く見返りとして処女を差し出すよう求められていました。そして、マリアはついに覚悟を決め、ある夜ペペとの初体験に臨むのでした。

【承】- 火の山のマリアのあらすじ2

情事を終えたマリアとペペは目の前にそびえ立つ火山を眺めていました。火山の向こうにあるアメリカに思いを馳せるペペの横顔を見ながら、マリアもともに旅立つ思いを募らせていきます。

それから間もなく、マリアは吐き気に襲われるようになり、月経も来なくなってしまいます。気のせいだと自分に思い込ませ、マリアはペペとアメリカ出発の計画を話し合っていました。次に賃金が支払われる日に出発することをマリアは提案しますが、ペペはマリアに何も告げず賃金の支払い日前日に姿を消してしまいました。マリアは街を出る道路を走り必死にペペを追いかけますが、その途中でイグナシオの車に出くわしてしまいます。道に迷ったと嘘をつくマリアでしたが、イグナシオはその言葉に疑いを感じていました。

【転】- 火の山のマリアのあらすじ3

それから間もなく、マリアは自分が妊娠していることを知り、やがてその事実は母フアナにも知られてしまいます。イグナシオにもしこのことが知れ渡れば、父マヌエルは農園を追い出されることは必至でした。フアナは父に知られる前に原始的な方法でなんとか堕胎させようとしますが、占いでおなかの子が産まれるべき運命にあることがわかると一転、マヌエルに妊娠の事実を告げることを決めます。マヌエルはその事実を受け入れ次の就職先を探し始めますが、マリアに冷たく接するようになってしまいます。

その一方で、マリアとフアナは一家が農園に残る方法を模索し始めていました。農園に大量に出没するヘビを追っ払って種まきをし、農作物を得て毎日の糧を得ようと二人は考えますが、二人が考えたヘビよけの方法はなかなか実を結びません。

時は流れ、マリアのお腹はかなり大きくなり、イグナシオにも婚約を破棄され農園を出る準備が進んでいました。そんなある日、マリアはフアナから妊婦が発するにおいはヘビを追い払うという伝承を聞きます。妊娠で変わりゆく自分の体に火山のような強さを感じつつあったマリアは、この伝承に最後の望みをかけることを決めるのでした。

【結】- 火の山のマリアのあらすじ4

マリアは霊導師を農園に呼び寄せ、ヘビよけの祈祷を依頼しました。その祈祷の中、マリアはヘビを追い払うため農園に足を踏み入れますが、ヘビに足を噛まれ重態に陥ってしまいます。マリアは両親とイグナシオに連れられ、街の病院に運び込まれました。イグナシオのスペイン語通訳で、両親はマリアの無事と、お腹の子は助からなかったことを知らされます。イグナシオは葬式の補助を申請する書類だと言って、マリアのサインを求めてきました。スペイン語を読めない両親はイグナシオの言葉を信じ、眠ったマリアの指にインクをつけ、その書類に押印するのでした。

村に戻ったマリアたちは赤ちゃんの葬式を執り行いますが、その後もマリアは悲しみに暮れていました。ある日、マリアは我が子の姿を見ようと赤ちゃんの棺を掘り起こしますが、そこにはレンガが入っているだけでした。これを受けて、両親は赤ちゃんの捜索をイグナシオの通訳を介して街の警察に依頼します。しかし、マリアの子どもはすでに売買が成立していました。イグナシオが両親にサインさせたのはその契約書だったのです。必死の訴えも届かず、また売買の事実も知りえぬまま、マリアと両親は村へと戻って行きました。そして、一家は子どもがアメリカで健康に育つことを願うのでした。

それから時が経ち、イグナシオとマヌエルは今後のことを語り合っていました。イグナシオはマリアの服を買うお金をマヌエルに渡し、酒を取り出しました。その酒をマリアに捧げ、二人は乾杯するのでした。それから間もなく、マリアはフアナに民族衣装の着つけをされていました。マリアは最後に白いヴェールをかぶせられますが、その表情は固くただ目の前を見つめるだけでした。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

少女の過酷な運命がテーマの作品ですが、他の登場人物の感情が極力排除されており、主人公のマリアの生き様に焦点を絞ったドキュメンタリーのような作品でした。物語の展開は淡々と進んでいきますが、その中でも生を象徴させる事柄やアイテムが随所で登場し、主人公が火山のように強い女性になることが予見されるような力強い物語でした。

映画の感想を投稿する