「火天の城」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

火天の城の紹介:2009年公開の日本映画。松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を映画化。織田信長から安土城の築城を命ぜられた名工が、試行錯誤しながら城建築をなしとげるストーリー。

この映画を無料で観る

予告動画

火天の城の主な出演者

岡部又右衛門(西田敏行)、織田信長(椎名桔平)、岡部田鶴(大竹しのぶ)、岡部凛(福田沙紀)、池上五郎右衛門(石橋蓮司)、中井孫太夫(内田朝陽)、戸波清兵衛(夏八木勲)、丹羽長秀(西岡徳馬)、羽柴秀吉(河本準一)、木曾義昌(笹野高史)、大庄屋甚兵衛(緒形直人)

火天の城のネタバレあらすじ

【起】- 火天の城のあらすじ1

今から約500年前…。
尾張の織田信長は、1575年の長篠の戦いで勝利をおさめ、天下統一への思いに燃えていました。
翌1576年、信長は琵琶湖を臨む安土の地に、城を建設しようと考えます。安土の山ひとつを丸ごと、城にする考えです。
信長は直々に各棟梁の元に行き、五重の城の構想を練って設計図を描けと言いました。
言い渡されたひとり…宮番匠(宮大工)の棟梁・岡部は、その日から必死で構想を練ります。信長は更に「内部は吹き抜けにせよ」という追加注文を出しました。
約束の日、信長は三人の番匠たちを呼んで競わせます。今でいうコンペ(競争)です。
池上や中井らは金箔を使った豪奢な城を作る計画を披露しました。

【承】- 火天の城のあらすじ2

注文通り吹き抜けを作った2人に対し、岡部の城には吹き抜けがありませんでした。
怒って手討ちにしようとする信長に対し、岡部はミニチュアの3つの城に火を放って見せました。内部が吹き抜けだとそこが炎の道となり、城が大炎上するのです。
信長の命を優先した設計を考えた岡部を、信長は起用しました。岡部が総棟梁となって城の建築が始まります。
岡部の考えた城は五重の塔に加え地下二階の、七階建ての城でした。
岡部は総棟梁として、城の建築に着手します。5年かかるところを3年で建てよとの命令でした。
妻・田鶴や娘・凛の協力を得て、また弟子の番匠らにも支えられながら、城づくりは進みます。

【転】- 火天の城のあらすじ3

ところが思わぬ難題が潜んでいました。巨大な城を支える支柱として、丈夫な樹が必要でした。
木曽の檜を使いたいと思った岡部は木曽へ旅に出て、木曽義昌に檜を譲ってくれと頼みます。
義昌は快諾しますが、裏で杣人(そまびと きこりのこと)の甚兵衛に「てぶらで帰せ」と命じました。
甚兵衛は本気で山を案内しませんが、岡部は「築二千年に耐える城を作るには、樹齢二千年の太さ五尺の檜が必要だ」と言い、必死で探します。そしてとうとう、理想的な大木を見つけました。
岡部の心意気に感じ入った甚兵衛は「大雨を待て、なんとかする」と言います。岡部はその言葉を信頼し、尾張に戻りました。 この映画を無料で観る

【結】- 火天の城のあらすじ4

その頃、国元では新たな戦のために岡部一門の若者も駆り出されました。
1年後、戦も終わり城の建築も進みますが、肝心の支柱が届きません。番匠の中には「だまされたのだ」と言い始める人もいました。
大雨が降ります。甚兵衛は雨に乗じて檜を切り、筏に乗せて尾張に送ります。義昌の命に背いた罪で、甚兵衛は打ち首になりました。
尾張に檜が届き、皆は大喜びです。
しかしその後も大岩運びの際に事故で死傷者が出たり、岡部の妻・田鶴が病に倒れ亡き人になったりしました。幾多の艱難辛苦を経て、城は作られました。
天正九年(1581年)七月、安土城ができました。信長は民への労をねぎらい、安土城を光の中に浮かび上がらせました。

みんなの感想

ライターの感想

職人の頑固な生きざまが印象深い作品です。
「見せ場」は岡部又右衛門(西田俊行)の人柄にせまる部分。城の建築に用いる大木を、岡部みずからが木曽に出向きその目で探すくだりで、中でも大庄屋陣兵衛(緒方直人)と一匹の魚を二人で分け合う場面は、見る者を温かい気持ちにさせます。
尚、この映画の難解な部分は、腕のある建築家である岡部が、なにゆえ完成間近に崩れるような建造物を建てたのか?この話の伏線である石工頭の戸波清兵衛(夏八木勲)が守ろうとする大岩を撤去した関係上、周辺の地盤は崩壊。完成間近の城に基礎工事の不具合が生まれ、結果、大きな問題を誘発したと考えればシックリきます。豆知識は、かつて安土城は吹き抜け構造説が一般的でしたが、近年では、この映画にあるよう、大黒柱が存在したとの意見もあります。

映画の感想を投稿する

映画「火天の城」の商品はこちら