「犬飼さんちの犬」のネタバレあらすじ結末

犬飼さんちの犬の紹介:2011年公開の日本映画。『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』の監督・亀井亨、脚本・永森裕二による動物映画シリーズ第5作。犬飼という苗字なのに犬嫌いな主人公が、家族が内緒で飼っていた犬をきっかけに犬嫌いを克服する話。

予告動画

犬飼さんちの犬の主な出演者

サモン(サモエド犬種)、犬飼保(小日向文世)、犬飼潤子(ちはる)、鳥飼カエデ(木南晴夏)、蓮田喜一郎(池田鉄洋)、菊田萌子(徳永えり)、鳥飼正(でんでん)、芝二郎(佐藤二朗)、蓮田重彦(清水章吾)、犬飼幸(小野花梨)、犬飼岳(矢部光祐)

犬飼さんちの犬のネタバレあらすじ

【起】- 犬飼さんちの犬のあらすじ1

48歳の会社員・犬飼保は、スーパー「バスコダガマ」の鳥ヶ崎支店に単身赴任をしていました。せっかく東京に新築の家を建てたのに、妻・潤子、娘・幸、息子・岳たちと離れて暮らしています。
ネットカメラの画面のあちらとこちらで毎日食事を一緒に摂ることで、家族としての繋がりを確かめていました。
ところで保は、「犬飼」という苗字でありながら犬が大嫌いです。子犬にすら怯えるほどです。
それを知っているので、潤子や幸、岳は、保に言えない秘密ごとがありましたが、保は当然知りません。
バスコダガマでは、鳥ヶ崎で獲れる「鳥待草」を使った石鹸を作り「島石鹸」として売り出しました。

【承】- 犬飼さんちの犬のあらすじ2

島石鹸は好評を博しましたが、管理を任された鳥ヶ崎店店長の蓮田が原材料を薄めて水増し生産をして、客からクレームが殺到します。
そのクレーム処理のため、保と保の部下・鳥飼カエデは東京本社に出張になりました。1年振りに家族に会えるので、保は喜びます。
上機嫌で我が家の扉を開いた保を出迎えたのは、真っ白な毛の大きめの犬でした。潤子たちは保に内緒で、犬を飼っていたのです。
その犬「サモン」はサモエド犬種で、全身真っ白の長い毛で覆われた大型犬でした。犬飼家のサモンはまだ子犬ですが、それでも中型犬ほどの大きさです。
潤子、幸、岳はサモンにすっかり夢中で、保は疎外感を味わいました。

【転】- 犬飼さんちの犬のあらすじ3

犬嫌いの保へのあてつけで飼ったわけではなく、むしろ逆です。
保が離れて暮らすにあたり、潤子たちは「新たなことを始める」目標を立てました。潤子は夜、バンド仲間たちと歌うことを始めます。
岳が始めた新たなことが「犬を飼う」だったのです。それを聞いた保は、自分も新たなこと…「犬に慣れる」ことを目標にします。
ペットショップ店員・芝二郎のアドバイスを得ながら、保は少しずつサモンとの距離を縮めていきました。
ところで島石鹸ですが、多少売りあげの回復はみられたものの、売れゆきは不調です。代わりの商品を目玉にする話が出ました。
保は「鳥待草を使ったサプリメントを作ってはどうか」とアイデアを出します。

【結】- 犬飼さんちの犬のあらすじ4

体を洗う時、サモンがしきりと島石鹸を齧りました。また鳥ヶ崎島の犬たちは毛艶がよいと保は気づいていました。
CMを作る際に保とサモンも出演します。このサプリ「島粒」が大ヒットし、保は鳥ヶ崎支店の店長に昇進しました。しかしまた単身赴任です。
赴任先へ行く前、保は自分の故郷に家族と旅行しました。そこで保は自分の古い日記を見つけます。
保は昔イヌキチという犬をこっそり飼って可愛がりましたが、イヌキチは死んでしまいます。その悲しみから「こんな気持ちになるのなら、もう犬は飼わない」と当時の保は日記に綴っていました。
今や大事な家族の一員となったサモンと潤子らに別れを告げ、保は鳥ヶ崎へ行きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「犬飼さんちの犬」の商品はこちら