「王になった男」のネタバレあらすじ結末

王になった男の紹介:2012年制作の韓国映画。名優イ・ビョンホンが、実在の朝鮮王とその影武者となった男を一人二役で演じ、韓国のアカデミー賞に相当する「大鐘賞」で史上最多の15部門に輝いた歴史ドラマ。

予告動画

王になった男の主な出演者

光海君(イ・ビョンホン)、ハソン(イ・ビョンホン 一人二役)、ホ・ギュン(リュ・スンリョン)、王妃(ハン・ヒョジュ)、卜部将(キム・イングォン)、チョ内官(チャン・グァン)、サウォル(シム・ウンギョン)、パク・チュンソ(キム・ミョンゴン)、ユ・ジョンホ(キム・ハクチュン)

王になった男のネタバレあらすじ

【起】- 王になった男のあらすじ1

1616年。李氏朝鮮の第15代王である光海君は、暴君として民衆に恐れられていました。
光海君は先代国王の妾が生んだ庶子にして次男です。即位の時点から宮廷内には派閥争いが絶えず、常に暗殺の危険にさらされていました。
光海君は自分の影武者にできる男を探させます。道化師・ハソンが見つかり、拉致される形で王宮に連れられました。
その折、とうとう光海君は毒(阿片)を盛られ、病の床に倒れます。光海君は己の体力が回復するまで、ハソンに代役を命じました。 この映画を無料で観る

【承】- 王になった男のあらすじ2

王家の重臣・ホ・ギュンや世話役・チョ内官から特訓を受けたハソンは、大臣の顔を覚え、光海君の立ち居振る舞いや発声方法まで叩きこまれます。そしてハソンは影武者として宮中で生活を始めました。
床を共にすると露見する危険性があり、王妃との接近は許されません。もともと光海君は王妃と疎遠になっていました。しかしハソンは王妃にひとめぼれします。
最初はホ・ギュンやチョ内官のあやつり人形だったハソンですが、少しずつ自分の判断で政治を動かしました。以前の王ならば考えられないような情の厚い処遇をするうちに、反対派勢力から王は偽者ではないかと疑われ始めます。

【転】- 王になった男のあらすじ3

その頃、光海君は少しずつ快方に向かっていました。もう少しの間だけ影武者に役目を負わせ、その後は口封じのためにハソンを始末しようと考えます。
王妃の兄が反逆者として捕らえられ、処刑されるのをハソンは制止しました。またこれがきっかけで王妃自身も妃の座から降ろそうという動きがありますが、ハソンは食い下がります。
王の自分への愛が覚めたと思っていた王妃は、王のこの変化に戸惑いました。そして王妃は王が偽者であることを知りますが、黙っておきます。 この映画を無料で観る

【結】- 王になった男のあらすじ4

ホ・ギュンはハソンがひそかにつけていた日記を光海君に見せました。そこには理想の君主像が描かれており、光海君は心を動かされます。
王宮では王が偽者ではないかという声が高まりました。反対派の勢力が王に詰め寄ります。
本物の王ならば存在する胸の傷を見せろと詰め寄られた王は、胸を開いて見せました。
そこには傷がありました…。回復した光海君が間一髪でハソンと入れ替わったのです。
ハソンは光海君に温情をかけられ、こっそりと舟で逃がされました。その舟をホ・ギュンが一礼して見送りました。

みんなの感想

    とおりすがりさんの感想

    あらすじが、少々違うようです。
    >> 病の床に倒れます。光海君は己の体力が回復するまで、ハソンに代役を命じました。
    王はアヘンで意識不明です。ホ・ギュン都承旨が独断でハソンの24時間偽王を決めました。それまでは一晩ずつのパートタイム影武者
    >> ホ・ギュンはハソンがひそかにつけていた日記を光海君に見せました。
    あの日記は承政院の日誌、すなわち王の動静を官吏が記録した朝廷の公文書です。
    >> ハソンは光海君に温情をかけられ、こっそりと舟で逃がされました。
    王命で刺客達が差し向けられました。偽者と知りつつ敬愛したト部将がわが身を盾にしてハソンを逃がしたのです(←クライマックス!)
    以上、ご参考まで。加筆頂ければ幸いです。

映画の感想を投稿する

映画「王になった男」の商品はこちら