「王の男」のネタバレあらすじ結末

王の男の紹介:16世紀初頭の韓国に実在した、暴君と言われた時の王ヨンサングンに召し上げられた2人の大道芸人の悲劇を描いた、キム・テウンの舞台劇「爾(イ)」を原作とした、2005年の韓国映画。監督は「達磨よ、遊ぼう!」のイ・ジュニク。音楽は「グエムル -漢江の怪物-」のイ・ビョンウ、武術はオ・セヨン。観客動員数1230万人超、大鐘賞映画祭最優秀作品賞など数々の賞を受賞した大作史劇です。

この映画を無料で観る

予告動画

王の男の主な出演者

大道芸人チャンセン(カム・ウソン)、女形コンギル(イ・ジュンギ)、王ヨンサングン燕山君(チョン・ジニョン)、王の愛妾ノクス(カン・ソンヨン)、王の側近チョソン(チャン・ハンソン)、芸人仲間ユッカプ(ユ・ヘジン)、同チルトゥク(チョン・ソギョン)、同パルボク(イ・スンフン)など。

王の男のネタバレあらすじ

【起】- 王の男のあらすじ1

16世紀初頭、田舎周りの貧しい旅芸人一座の芸人、チャンセンと美貌の女形コンギルは幼なじみで、綱渡りなどの技が得意なチャンセンと仮面劇が得意なコンギルは最高の相方です。けれどコンギルを貴族の夜伽に差し出す座長に反発、漢陽(現ソウル)へと逃亡します。
漢陽で、無一文の2人はユッカプら陽気な3人組の旅芸人一座に出会い、路上で興行中の彼らに技比べを仕掛けて見事勝利、大喝采を受け5人で一座を組むことに。しかし稼いだ金は博打で消え、チャンセンの思いつきで悪政で噂の王ヨンサングン(燕山君)を風刺した仮面劇をやることに。ですが下手をすれば打ち首の危険な賭けでした。
狂王と言われる王役をチャンセン、その寵愛を受け贅沢三昧の元妓生ノクス役をコンギルが演じ、艶っぽく下世話な風刺劇は大評判となりますが、観衆の中に王の側近チョソンがいて、彼らは捕まり鞭打ちの刑となります。が、チャンセンが王を笑わせてみせる!と叫び、宮廷で風刺劇を演ずることに。 この映画を無料で観る

【承】- 王の男のあらすじ2

仲間が怯え声を震わせる中、チャンセンとコンギルの息の合った芝居で王は大爆笑、彼らは宮廷に召し上げられます。けれど、重臣たちは大反対で王に抗議しますが、王は聖君と呼ばれた前王の話が出た途端激昂、一方でチョソンはチャンセンに重臣をネタにしろと促します。チャンセンは役人の収賄を面白おかしく演じ王は大爆笑。ネタになった重臣たちに厳罰を下します。
一方、王はコンギルを伽に呼び、チャンセンが憮然と待つ夜が続くようになります。コンギルの身を案じたチャンセンが聞いても、人形劇で遊んだだけというばかり。
けれど、父王からの古参の重臣に激昂し罷免した夜、狂ったようにはしゃぎ、伽に呼んだコンギルに前王に母を奪われた苦悩を影絵で吐露し泣く王を見て、コンギルの心は揺れます。一方、チョソンにその確執を演じるよう言われたチャンセンは、宮廷の内情に踏み込む内容に不審を抱き、宮廷を去る決意をします。が、コンギルは演じたいと彼らを留めます。

【転】- 王の男のあらすじ3

大掛かりな舞台と衣装、皇太后と父王の側室が見つめる中で、父王が彼女たちの企みにより王の母に毒を飲ませ息子を思いながら息絶える悲劇を演じる一座。逆上した王は、側室を殺害、皇太后は発作で逝去します。
チャンセンはチョソンに去りたい訴えますが、王はコンギルに官職を与えノクスを拒絶。満悦で祝宴を催すと言う王に、重臣たちは狩り遊びを勧めます。それは芸人らを動物に見立て高官らが狩る趣向で、コンギル殺害を企てる高官に追われた彼はチャンセンに救われ、ユッカプが矢を受け死亡します。
一座は哀しみに暮れ、夜伽でその悲劇を演じさせられたコンギルは王を矢で狙い酔いつぶれ、王に口づけされます。一方ノクスは王を誹謗した怪文書をコンギルの筆跡で作らせます。

【結】- 王の男のあらすじ4

翌朝、去りゆく一座とコンギルが揉める中、王とノクスらが現れ偽の怪文書を示し、無実のコンギルが咎められますが、チャンセンが罪をかぶり打ち首と決まります。抗議したチョソンは罷免され、コンギルは一晩中王に懇願しますが叶いません。早朝チョソンがチャンセンを逃がしますが、チャンセンは宮廷の綱の上で王を風刺し舞っていました。激昂した王はチャンセンの両目を焼き拷問を命じます。深夜、牢獄のチャンセンは芝居ができなくなったと悔い、コンギルはそれを人形劇で王に見せ自殺を図り、王は気まずそうにノクスの寝所に向かいます。チョソンは縊死します。

翌朝、盲目で満身創痍のチャンセンは王とノクスが見物する綱の前に引き立てられます。彼は、よろよろとしかし揚々と綱に乗り、どれほどコンギルとの芝居が楽しかったかを劇にして語ります。芝居にコンギルが加わり、生まれ変わっても芸人になりたいと言うチャンセン。芸人になったから命を失うのにというコンギルも同じ答えです。
2人の体が”空の真ん中”に止まったその刹那、門が破られクーデターの群衆が押し寄せます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「王の男」の商品はこちら