「王様とボク」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

王様とボクの紹介:2012年公開の日本映画。12年の昏睡状態から目覚めた6歳のままの青年と、彼の友人たちの青春の切なさを描いた作品。やまだないとの漫画が原作。出演は菅田将暉、松坂桃李、二階堂ふみなど。

予告動画

王様とボクの主な出演者

モリオ(菅田将暉)、ミキヒコ(松坂桃李)、トモナリ(相葉裕樹)、キエ(二階堂ふみ)、ジュン(中河内雅貴)、トモナリの母(松田美由紀)

王様とボクのネタバレあらすじ

【起】- 王様とボクのあらすじ1

ミキヒコの18歳の誕生日パーティーが開かれ、友人のトモナリや彼の母、キエが祝ってくれます。夜も更けて静かになり、キエは王様とミキヒコを呼んでキスをします。
屋上に敷いた布団で、ミキヒコとキエは結ばれます。翌朝、キエはミキヒコのことをずっと覚えておくと、屋上から飛び降ります。焦ったミキヒコでしたが、プールにボールが入っていたので、キエは笑っています。
ミキヒコはトモナリに、あいつはどうなったか聞きます。そしてキエをバイクの後ろに乗せて、彼女の兄の店に帰ります。
キエはあいつがモリオだと思います。それはミキヒコが屋上で叫んでいたからです。
モリオは6歳の頃から眠ったままでした。当時、ミキヒコとトモナリと3人でブランコに遊びに行きました。モリオは勢い良くブランコから飛び、倒れて頭から血を流します。
その時のことを思い出したミキヒコは涙を流します。キエはミキヒコに謝ります。キエの兄のジュンが出てきて、借りていたバイクのキーを返すミキヒコでした。
トモナリは自宅でゲームばかりしています。母の景子がスマホを見ると、彼が目を覚ましたから緊急招集と書かれていました。

【承】- 王様とボクのあらすじ2

あの日、3人は小学校の運動場に行ってました。入学して友達をたくさん作ることを話しています。そして小学校にあったブランコにモリオは乗りました。
ミキヒコは予備校に通いだし、キエはトモナリの家に遊びに来ています。トモナリがゲームに夢中なので、ニュース番組に変えてやります。
ニュースでは12年の眠りから覚めた奇跡の少年のことが報道されていました。医師団は会話もできるようになり、極めて健常だと話します。
モリオの話しは、誰も暗黙でしないようにしていました。もしかするとミキヒコがそうなってかもしれないし、親同士だと気まずいのです。
ミキヒコは忘れたフリをしているだけでした。キエはニュースの少年がモリオかどうか確かめるため、病院に行こうと考えます。トモナリは今さら会いたくないと言います。
景子はモリオの母から預かっていた手紙を取り出します。そこにはモリオのことを忘れて欲しいと書いてありました。モリオの母も忘れて生きていくと書かれています。
キエ宛てにミキヒコからメールが来ます。彼もニュースを見ていて、メールにはモリオの名前がたくさん書かれていました。
ミキヒコとキエは病院に向かいます。受付の女性から、まずは家族と連絡をとってからにしてくださいと言われてしまいます。
せめてプレゼントだけでもと渡そうとしますが、それも駄目だと言われてしまいます。キエとミキヒコが病院で話してると、周りが騒がしくなります。
この隙に2人はモリオの病室を探しにいきます。看護師たちが誰かを探している様子で、2人は隠れながら進んでいきます。

【転】- 王様とボクのあらすじ3

非常階段から声が聞こえてきます。うずくまってる青年がいて、ミキヒコはモリオだと気づきます。名前を呼ぶと、モリオはミキちゃんと返します。
ミキヒコがモリオに話しかけていきます。モリオはひどく怯えている様子で、見ようとしてきませんでした。そして口から何かを吐き出してしまい、看護師たちが駆けつけます。
景子が迎えに来てくれて、ミキヒコとキエは帰ります。それからミキヒコは大学に進学し、両親は離婚しました。ミキヒコとキエ、トモナリは屋上から大人になんかなりたくないと叫びます。
モリオは施設に入ることになり、小学生3人が外から見て気味悪がります。施設を抜け出したモリオは、小学生3人を追いかけます。あんなやつと遊ぶかと、3人は別方向に逃げて撒くことにします。
ミキヒコは大学を辞めて、モリオと一緒に新しい場所で生活をしようと考えます。それはモリオが大人にならなくて良いようにするためでした。
ミキヒコは18歳までたっぷり時間があり、守られてきました。大人になるってことは、誰かを守ることだとミキヒコは考えたのです。
だから大事な友だちを守ることが大人になることだと説きます。キエは別れるのかと思っていましたが、そんな馬鹿なとこが好きだとキスをします。

【結】- 王様とボクのあらすじ4

小学生3人が塾で勉強をしていると、モリオが靴を投げてきます。気づいた3人は紙を丸めて対抗します。他の子供たちも参戦して、講師は怒ります。それからモリオは3人と友達になって遊ぶようになります。
公園で遊んでいると、モリオは将来何になりたいか聞かれます。王様になりたいと答え、3人に笑われてしまい、モリオも笑います。
そこへキエからモリオが施設にいることを聞いて、ミキヒコがやってきます。ミキヒコとモリオはカフェで食事をします。
バイクに乗っていることを話すと、モリオは乗りたいと言います。ミキヒコとモリオは2人でバイクに乗って遊びに行きます。
ゲームセンターに行ったり、出会った女の子とプリクラを撮ります。トモナリも元気だと伝えて、ミキヒコは今度連れてくるよと言います。
ついモリオは泣き出してしまいます。家に帰って母に会いたいのです。祖母から聞いた話しでは、母は九州にいるそうです。
飛行機だといくら費用がかかるのか、電車で行けるのかと、モリオはミキヒコに問いかけます。次に電車を見に行くことにして、モリオはとても喜びます。
しかし次第に元気がなくなり、施設に帰ることにします。それからモリオはしばらく出てこなくなります。
ミキヒコはバイクで転んで夢を見ます。モリオが19歳の誕生日パーティーで、お祝いされていました。
ミキヒコはどこにだって連れて行くと、モリオを迎えに行きます。バイクで進んでいると、トンネルの中でエンジンが動かなくなります。
そしてモリオは小学生3人と行ってしまいます。ブランコに乗ったモリオは、あの日のように高く飛んでしまいます。
必死に止めるミキヒコは目を覚まし、キエからどこにいるのと電話がかかってきます。夜遅く、モリオは再び施設を抜け出し、道を歩いていきます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はゆったりとした展開の中、淡く切ない雰囲気があって、幻想的な印象も見受けられます。また、出演者たちの自然な演技が好印象を与えてくれます。
松坂桃李と二階堂ふみのラブラブな場面は、どこか青春を思い出してくれるようで、忘れていた恋の素晴らしさを蘇らせてくれます。
菅田将暉演じるモリオ役は、6歳のままの18歳の青年です。この難しい役を見事に演じた彼の演技は見て損はありません。
劇中曲で流れる音楽も、ロマンチックなものから切ないもの、トロピカルな感じなものなど、斬新で場面に合っていて良かったです。
最後が気になる終わり方で、この先の展開を色々と想像する必要があります。青春要素と、どこかファンタジーのような幻想的な雰囲気がマッチしていて、お勧めしたい映画の一つです。

映画の感想を投稿する

映画「王様とボク」の商品はこちら