「田園に死す」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

田園に死すの紹介:寺山修司が自伝的要素を用いて監督、脚本を手がけた日本映画。母殺しや家出などの寺山の特色が生かされ、劇中には同名小説から引用した短歌が朗読される。1974年公開。

予告動画

田園に死すの主な出演者

私(菅貫太郎)、少年時代の私(高野浩幸)、私の母(高山千草)、人妻化鳥(八千草薫)、嵐(原田芳雄)、イタコ幻婆(原泉)、草衣(新高恵子)、批評家(木村功)

田園に死すのネタバレあらすじ

【起】- 田園に死すのあらすじ1

15歳の主人公・私は、恐山の麓の村で母と2人で暮らしています。些か過保護な母にうんざりしたときは、亡き父の魂をイタコに呼び出させて身の上話をしていました。
私の家の隣は地主の家で、嫁いだばかりの美しい人妻が暮らしています。私は人妻に想いを寄せていました。
あるとき、村に風変わりなサーカスがやって来ます。そこで私は村の外の世界の話を聞かされ、強い憧れを抱くようになります。

【承】- 田園に死すのあらすじ2

隣の家の人妻と急激に親しくなった私は、あるとき彼女に駆け落ちを持ちかけられます。母との生活に嫌気がさしていた私は、人妻と一緒に村を離れる決意をします。母が寝静まった夜、私は家を飛び出して、人妻と駅で待ち合わせをして線路を歩いていきます。
ここまでの筋書きは、実は数十年後の私が映画監督として制作した自伝映画の抜粋です。試写会に来ていた評論家と飲み屋に来た私は、「もし君がタイムマシーンに乗って数百年を遡り、君の3代前のおばあさんを殺したとしたら、現在の君はいなくなると思うか」と尋ねられます。飲み屋の帰りに、私はかつて母を捨てて家を出た少年の頃の自分自身と出会います。

【転】- 田園に死すのあらすじ3

映画で描かれた私の少年時代は脚色されたもので、真実の物語ではありませんでした。
私が住んでいた村の住人はみな狂気じみており、ことのほかサーカス団員は奇奇怪怪でした。
約束の夜、駅で隣の家の人妻を待ちわびいていた私は、愛人と一緒にいた彼女に駆け落ちを本気で考えていなかったことを告げられます。そして酒を買いに行っている間に、人妻は愛人の男と心中していました。
途方に暮れていた少年の私は、現在の私と出会います。現在の私は、少年の私が母を殺すと自分がどうなるのかを知るためにやって来ました。現在の私は家出のときについて来てしまった母と東京で2人暮らしをしており、少年は母を捨てて上京することを決意します。

【結】- 田園に死すのあらすじ4

家出の支度をしていた少年の私は、東京から出戻った女と出くわし童貞を奪われてしまいます。
その後少年は電車に乗り込み、一人故郷を離れていきます。私は少年の私を待ち続けますが、結局母殺しは起きませんでした。
現在の私は母を殺すことを決め、20年前の母と対峙します。ところが、2人は向かい合ってただ黙って食事をするだけでした。やがて家の壁が崩壊すると、そこは新宿駅前の一角でした。たくさんの人間が行き交う街中で2人が黙って食事をしている場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「田園に死す」の商品はこちら