「社葬」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

社葬の紹介:1989年公開の日本映画。日本を代表する大手新聞社の社長が急死したことから起こる、次期社長を巡る壮絶な社内抗争の模様を、『首都消失』の舛田利雄・監督が描く。

予告動画

社葬の主な出演者

鷲尾平吉(緒形拳)、稲積吉乃(十朱幸代)、金谷美津枝(井森美幸)、荒井康裕(船越英一郎)、野々村典正(芦田伸介)、岡部憲介(高松英郎)、岡部静子(野際陽子)、谷政明(加藤武)、岡部恭介(佐藤浩市)、徳永昭雄(江守徹)、太田垣一男(若山富三郎)

社葬のネタバレあらすじ

【起】- 社葬のあらすじ1

日本有数の大新聞である「太陽新聞」は、その内部で会長・太田垣の派閥と社長・岡部の派閥の権力争いが起こっていました。会長派には専務取締役・添島、社長派には社長の息子の岡部恭介がいます。
鷲尾平吉は、取締役販売局長として活躍していました。鷲尾は恭介(社長息子 社長派)の部下に当たりますが、太田垣会長にも恩義があって、中立的な立場の一匹狼でいます。ある日の定例役員会で、社長派・谷が太田垣会長の代表権と名誉会長職の解任を提案します。会議は紛糾し、多数決を採る際に鷲尾は棄権しました。そのため、6対5の一票差で会長の解任が決まります。

【承】- 社葬のあらすじ2

太田垣会長は会議の後に心筋梗塞で倒れ、病院にかつぎ込まれました。得意満面の社長派でしたが、なんとその日の夜、岡部社長が芸者相手に腹上死してしまいます。このいわば不祥事に、自宅への遺体運びを鷲尾も手伝わされました。
通夜で開かれた臨時会議では、だれが葬儀委員長と次期社長になるかで揉めます。結局、一命を取り留め小康状態となった太田垣会長が会長に復帰する形で、社葬の葬儀委員長に就任しました。しかし会長は病気療養中のため、社葬の実行委員長は鷲尾が務めることになります。

【転】- 社葬のあらすじ3

翌日の太陽新聞朝刊には、三友銀行の不正融資というスクープがトップを飾ろうとしていましたが、編集局長・徳永がもみ消しました。社長を誰にするかは恭介(社長の息子)と添島(会長派)が同票で決まりません。中立派の鷲尾は、派閥を嫌う恭介のことを内心高く評価していました。
鷲尾は料亭「穂積」の女将・吉乃と深い付き合いをしています。岡部社長の死で社長派は劣勢になりました。太田垣会長は病室に徳永を呼び、密約を交わします。それは表向き添島を社長に据える風を装って添島は会長に、徳永が社長になるというもので、太田垣は名誉会長です。その代わり徳永の親友の鷲尾をクビにしろというものでした。

【結】- 社葬のあらすじ4

徳永は鷲尾に辞表を出せと言いますが鷲尾は拒否し、すでに辞表を提出してテレビ局へ行く(左遷の意)恭介と会います。徳永は、三友銀行のスキャンダルをもみ消したことで銀行からバックアップされていました。三友銀行の前頭取締役・野々村は吉乃を愛人にしていました。
同じく吉乃を愛する鷲尾は、断腸の思いで吉乃に、野々村を紹介してくれと頼みます。野々村の協力を得た鷲尾は、すべての情報をブラック・ジャーナリズム(新聞からの圧力に屈しない勢力)に流すと太田垣に詰め寄ります。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介(社長の息子)でした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「社葬」の商品はこちら