「神童」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

神童の紹介:2007年公開の日本映画。孤高の天才ピアノ少女が、人とのつながりを通して、音楽の喜びや温かさに目覚めていく姿を描いた作品。さそうあきらの漫画が原作。監督は「帰郷」の萩生田宏治。脚本は「色即ぜねれいしょん」の向井康介。音楽はチボ・マットのハトリ・ミホ。撮影は「トイレのピエタ」の池内義浩。主題歌は原田郁子で「リプルソング」。主演は「武士道シックスティーン」の成海璃子と「うさぎドロップ」の松山ケンイチ。

神童の主な出演者

成瀬うた(成海璃子)、菊名和音(松山ケンイチ)、相原こずえ(三浦友理枝)、成瀬美香(手塚理美)、長崎和夫(甲本雅裕)、御木柴薫(串田和美)、成瀬光一郎(西島秀俊)

神童のネタバレあらすじ

【起】- 神童のあらすじ1

和音はボートの上で、鳥などの音を聞いていました。そこにぬいぐるみを取りにきた中学生の成瀬うたと出会います。
うたは何かしらと苛められていました。商店街を通っていると、ピアノの音が聞こえてきます。
八百屋の上で、和音が弾いていたのです。和音は、音楽大学の受験で練習していました。
騒音に関して隣の店主が文句を言ってきます。言い合いになっている間に、うたはこっそり上がってピアノを弾きます。
うたは、幼い頃からピアノを弾く事に関して天才でした。父はピアニストでしたが、難聴を患って自殺したと思われます。
父の遺したピアノと共に屋敷は差し押さえられています。母は、お金の催促状が来ていて働きづめです。
しかし、うたをピアニストにしようとレッスンの参加を強制していきます。うたはピアノを弾くのを拒絶していました。
ある晩、うたは和音を誘って屋敷に侵入します。そこで父の遺したピアノを弾くことにします。その曲に、和音はどこか聞き覚えがあることに気づきます。

【承】- 神童のあらすじ2

和音は、思いを寄せる相原の演奏を聞きに行きます。しかし、彼女は和音に気がない様子です。
うたが来ていて、相原の演奏がよくないことを指摘します。それに怒った少年と喧嘩になります。
和音は、相原に謝るようにうたに言います。それから和音とうたは会わなくなります。
和音は、うたの事を考えながらも必死に練習に励みます。そして、大学受験の日になって緊張している状態です。
そこにうたが来てくれて、和音は演奏をしに行きます。その演奏は大絶賛され、ピアノ科の主席として入学が決まります。
和音の担当になったのは、とても有名な小宮山教授です。しかし、受験の時のような演奏のできない和音の担当を辞めることにします。
それから和音の担当は、御木柴教授になります。彼は、うたの父と共演したこともある人です。
教授は、和音の演奏を聞いて呼吸ができてないと指摘します。そして桂教授の所に連れて行って、声楽科の生徒の香音の伴奏役に抜擢します。

【転】- 神童のあらすじ3

ついに、うたの父が遺したピアノが持っていかれてしまいます。うたは父との思い出を思い出します。
それから和音に会いに行くと、香音と恋仲になっているのを見てしまいます。
帰っていると、捨てられる予定のピアノを見つけます。うたが弾いていると、御木柴教授や多くの生徒が聞きに集まってきます。
教授は、うたの父と共演した時の話しをします。うたは父の話しを教授から色々と聞きます。
うたは、しばしばセミの声が聞こえていました。耳の病気であることを図書館で調べます。
日本に、有名なピアニストのリヒテンシュタインが来日します。彼の演奏するピアノの調律を、うたは手伝うことにします。
リヒテンシュタインがやってくると、うたが演奏しているのを聞き入ります。うたに、どのピアノが一番良いか聞きます。リヒテンシュタインはそのピアノにすることにします。

【結】- 神童のあらすじ4

リヒテンシュタインの講演に、うたは和音を誘っていました。御木柴教授や桂教授、香音もやってきます。
リヒテンシュタインは体調不良と言います。代演者によって演奏されることになり、うたが指名されます。
うたでないと駄目だとリヒテンシュタインは言います。母に止められるうたでしたが、演奏することにします。
和音が駆け付けて、うたに話しかけると大丈夫と言います。舞台に立ったうたは、椅子が低いことから楽譜を下にひきます。
彼女は初めて演奏する曲でした。また、リヒテンシュタインは、これからは彼女のような人達の時代だと言って譲っていたのです。
演奏は大成功に終わり、大きな拍手が送られてきます。しかし、うたは突然倒れてしまいます。
それから彼女は耳が聞こえなくなり、父の遺したピアノのある倉庫に向かいます。皆が探し回る中、和音は倉庫に行きます。
うたと和音の二人が、うたの父が遺したピアノで演奏してエンディングです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、リヒテンシュタインの代演者としてピアノを演奏するうたの場面です。オーケストラと共に演奏するうたの姿が壮大で、素晴らしい演奏を味わうことができます。
もう一つは、捨てられる予定のピアノでうたが演奏するシーンです。教授が立ち止まり、生徒達が集まる理由の分かる演奏と演出に目と耳が釘付けになります。
うたの演奏を行ったのは、当時12歳だった和久井冬麦です。彼女の演奏の素晴らしさに酔ってしまいます。
また、三浦友理枝の演奏も見ることができる今作です。相原役で出演していて、本人が演奏している姿を見ることができます。
あと、リヒテンシュタイン役に「モット・ザ・フープル」や「ヒートウェイヴ」のモーガン・フィッシャーが出演しています。彼を見ることができるのも今作の魅力です。
全体を通して、音楽をテーマに色々な魅力が詰まっている印象です。盛り上げるための伏線も色々と加えられていて、ゆっくりとした展開が見やすい映画です。

映画の感想を投稿する

映画「神童」の商品はこちら